新型コロナウイルス

徒然日記(相場以外の話題も)

永遠の冷戦状態

私は新型コロナウイルスに関していわゆる西洋的な考え方となるウイルスは敵でありそれと戦って勝利しなければならないという発想が好きではないのですが、世界の主流は暴利を貪っている製薬業界を見れば分かる通り、ウイルスとの戦いに勝利するためのワクチ...
相場日記(日々の全体相場観)

調整局面続くNYDOW、ナスダックプチバブル、人災としての新型コロナウイルスの幻想と実態

自分の考えを排し市場の考えに従い続ける投資家としては圧倒的なボラティリティの現在の状況は素晴らしいものが継続しているということになります。 半値戻しは全値戻しかのごとき動きをNYDOWはしていてNASDAQの方は史上最高値更新してし...
相場日記(日々の全体相場観)

良き経済指標続く米国、新型コロナウイルス数字に意味はなし、米国市場の行方、二次補正予算成立、相場の行方の強弱感

6月の米消費者態度指数が6.6ポイント上昇し米国内経済の回復傾向を示す数字が出てきています。 一方で経済再活動が始まっている州の新型コロナウイルスの感染者数拡大が始まりつつあるといったジレンマが生じており、いわゆる第二波によってふた...
相場日記(日々の全体相場観)

元の鞘に戻った米国市場、コロナ逆回転相場後、新型コロナウイルスの医学的持続と社会的終焉

圧倒的に強い米国市場ですね。 新型コロナウイルスはインフルエンザウイルス同様なウイルスであることが確定し、人類存亡上のリスクは全くないことが分かり、経済再活動が世界中で始まってきて要するにリーマンショックとは全く異なる一時的な現象で...
相場日記(日々の全体相場観)

コロナ逆回転相場

新型コロナウイルスパニックによって圧倒的大暴落が起きてしまいましたがリバウンドは起こり、そこからそのまま半値戻しは全値戻しの展開となっています。 コロナによってもたらされた不安や恐怖によって業態転換が進むといった考えもありますが、私...
相場日記(日々の全体相場観)

半値戻しは全値戻し

米国市場が非常に強い展開となってきました。 新型コロナウイルスがマスメディアが大騒ぎするほど人類存亡上のリスクは全くないということが世界中で感染者の症例数、致死率などから明らかとなっており、株式市場は半値戻しは全値戻しの相場格言その...
相場日記(日々の全体相場観)

新型コロナウイルスの世界的社会的受容への覚悟、あらゆる市場におけるコロナパニックリバウンド、相場師はどんなときも淡々と買い、空売りをするのみ

新型コロナウイルスに関してはもう世界的社会的に受容する覚悟を決める段階にすでに入っており、それを分かっている政府は次々とその方向性へと動き出しているということになります。 結果論的にスウェーデン方式が正しかったとなる確率が高いと私は...
相場日記(日々の全体相場観)

200週移動平均線から乖離していく強い米国市場

米国市場は強い状況となっています。 200週移動平均線の攻防が続いていましたが、いよいよそこから離れて上を試す展開となりつつありますね。 結局コロナパニックというものはあまりに行き過ぎた反応であったということが株式市場において...
徒然日記(相場以外の話題も)

緊急事態宣言全面解除、支持率急落させる安倍政権、新型コロナウイルスの社会的受容急務、厳しい日本国内経済継続

さて緊急事態宣言は全面解除となりそうです。 そもそもやる必要性があったのか?といった疑問は尽きないわけですが、この辺は結果論であり批判すべきことではありません。私自身はある程度世界的感染拡大は間違いないが人類存亡上のリス...
徒然日記(相場以外の話題も)

煽り屋

恐怖をあおることで、政治家は有権者に自分を売り込み、テレビやニュース、雑誌は視聴者や読者に自分を売り込み、権利擁護団体は入会を勧誘し、やぶ医者は治療を、弁護士は集団訴訟を、企業は商品を売り込む バリー・グラスナー ま...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました