自己紹介

執筆者について

数十年日々相場を張り続けている翁と称している一介の相場師

思想はやや右寄り、政治談義その他も時折しますがその辺は素人ですので優しく聞き流していただけたら幸いです。

日本市場を主として実践していますが他多くの国、市場にも常に関心を持って観察しています。

どうぞよろしくご愛顧いただけたら幸いです。

このブログの目指すところ

基本的には私、翁が語る相場の真理を理解し、実践継続できるようになる人たちが一人でも多く増えてほしいという想いで日々綴っています。

巷では相変わらず銘柄推奨情報や売買手法情報等々を毎日無責任にも垂れ流して多くの投資家たちを翻弄させています。

値動きを汚す行為も後を絶たず、相場を愛する私としては義憤に駆られているという側面もありますが、このブログによってそういった一般的な相場で役立つもの、参考にすべきものとされているものをすべて排除した相場の真理を理解した独立自尊の投資家が育成されていくことが目指すべき終着点ということになります。

一応の証明

2009年3月28日現在の株式資産状況を画像にて上げています。

別に証明する必要性は全くないのですが、私が語る相場の本質を理解し、実践し続けていってもらえるためには、私自身がその本質だけでやってきた結果をきちんと見せることも重要と考えて恥ずかしながら一度だけ公開しておりそれを長年踏襲し続けています。

基本三原則だけを忠実に守り続けていけば、生涯収益ではこの程度のものは誰でも出るということを認識し、素直に反復詠唱、そして実践し続けて欲しいと考えています。

あなたも最低でも私程度の生涯収益は出ます。

そして私程度でも生涯における経済的幸せを十分に掴めるはずなのです。

終わりに

最後までお読み下さりありがとうございました。

そしてもしよろしかったら引き続きお読みいただけたら幸いです。

いわゆる年功序列社会が終わり、優勝劣敗が著しい格差拡大社会となる自己責任時代が到来しており、資産増殖も自分自身で行わなければ取り残されていってしまう時代となりました。

幸いなことに相場は昔と比べて参入障壁は非常に低くなり、手数料にしても最低単位額にしてもほぼ誰でも可能な時代です。

故にそこに群がる情報サービス産業の方々が横行してくるのですが、そういったものとは一切付き合うことなく真っ直ぐに相場に向き合ってほしいと思います。

このブログがその一助となれたら私はとても嬉しいです。

21+
タイトルとURLをコピーしました