大トロ大好き

独活日記(相場を生き抜くために)

強者はますます強者となる

市場原理主義というものを推進していくと最終的にはこの表題のような時代になっていきます。 富める者がますます富み貧するものがますます貧する時代、それはグローバリズムに蔓延してしまった米国を代表とした多くの国々で、日本でも毒されつつある主義です...
独活日記(相場を生き抜くために)

煽り屋ビジネス

Xなどを見ていてもYouTubeでも同じですが煽り屋ビジネスが横行しているのが実態です。 これから世の中良くなっていくことを煽っているなら仮にそれが間違いでも大いに煽ってと思うのですが、大体は不安や恐怖をセンセーショナルに煽るものがほとんど...
独活日記(相場を生き抜くために)

いかに単純化するか?

相場を張る上でどう売買するかを考えるときに多くの投資家たちはどんな銘柄選択をするかを第一に考えます。 私翁はどうかと言うとどんな銘柄を選択するかということは最重要どころかたいして考えることはない最底辺の問題となっています。ですから巷であの銘...
徒然日記(相場以外の話題も)

バフェットの思考、翁の思考

寄る年波には勝てないというのはまさにその通りだなあと実感する今日この頃ですが、老いてなお盛んなウォーレンバフェット氏を見ているとまだまだ私も頑張らなければならないと元気づけられます。 もう生活費を稼がなければならないという問題ではなく、資産...
独活日記(相場を生き抜くために)

投資法自体は何も難しくはない

今日も相変わらず巷では投資法なるものがああだこうだと述べられており、そういったくだらない書物も乱発しています。 まあ細かい技術的なものは確かに違いは生じることは否定しませんが、しかしそれは微差の範囲です。 投資法などというものはもう昔からす...
相場日記(日々の全体相場観)

売国奴財務省が散る時代

覆面介入かなといった推測の段階にすぎませんが、ゴールデンウィーク中の流動性の低いところでの円売り仕掛け短期的急変動が為されることによって円買い介入が来たかなといったところですね。 結果は確定したわけではありませんが、ほぼ間違いないといったと...
独活日記(相場を生き抜くために)

失敗の効用

この世に完璧超人はいません。 いや大谷選手は圧倒的メンタリティで世界最高額の給料に見合う結果を親友のように慕っていた人間に裏切られてもなお残しているという意味で超人ではあるかもしれませんね。しかしやはりそんな純朴なひたむきな野球少年だけにギ...
相場日記(日々の全体相場観)

イスラエルによるイラン攻撃

中東が緊迫してきましたね。 マスメディアでは盛んにイスラエルとイランに関して述べるだけでその背景を全く報じないわけですが、私がもう何度も繰り返し述べている通り、米国バイデン大統領が煽っている戦争であり、世界各所で対立構図を作りロシアにウクラ...
相場日記(日々の全体相場観)

円安株高

日本においては円安株高の相関関係が著しい現況となっています。 これを阻もうとする人間が財務省に支配された現日本政府で盛んに口先介入を繰り返して脅しています。そしてそれに追随するべく円買いポジションを持っている結果的無意識的売国個人投資家たち...
独活日記(相場を生き抜くために)

鈍感になるということ

年を取っていくと色々が鈍くなっていきます。 肉体的には見た目だけでなく身体の機能が段々と鈍くなっていくことを感じるわけです。 これはどんなに優れた身体の持ち主でも決して避けられない現実です。 前簡単に出来ていたことが出来にくくなっていきます...
スポンサーリンク