独活日記

投資家として独り活きるために必要なことを繰り返し繰り返し述べていきます。
ぜひ何度も反復して読み続け、自分の潜在意識の中に刻み込んで実践に役立ててください。

独活日記(相場を生き抜くために)

反復

この世は基本的には反復作業です。 どんな仕事を選択していても結局基本同じことの繰り返しとなります。 それを虚しいと感じてしまうかそこから新たに学ぶことがあると考えるかは人それぞれの心次第です。 相場を張るということもやは...
独活日記(相場を生き抜くために)

優勢というもの

買い優勢、売り優勢とよくこの言葉が使われて相場状況の説明がされていますね。 しかし大事なことはその優勢とやらがいつまで続くのかということです。 今は確かに買い優勢だから買われているのでしょう。 ただそんなことは誰でも目の...
独活日記(相場を生き抜くために)

淡々と売買する

淡々と売買することは難しいことです。 何故なら日々値動きが生じるからです。 自分の思った方向へ行くこともあれば自分が思った方向とは逆方向へと動いてしまうこともあります。 それを見ることによって投資家は感情を揺さぶ...
独活日記(相場を生き抜くために)

銘柄のストーカーにならないで

多くの人たちにとってしつこく付きまとってくる異性はイライラしますし恐怖も感じますよね。 そこにあるのは常に自己中心的な考えであり、相手を好きであるというのに相手が嫌がることをしないように配慮できない自己満足を満たすための言動になって...
独活日記(相場を生き抜くために)

煽る

相場は煽り煽られる世界です。 それは昔から何も変わっていませんね。 専門家と称する相場を張ったこともない人たちが今日の相場がどうなるこうなるあの銘柄が買いだ売りだとやっています。 彼ら彼女らはもちろん自分自身の生活のため...
独活日記(相場を生き抜くために)

好悪

好き嫌いは人の常ですね。 この人は好きあの人は嫌い。 この人のこういう面が好きだけどああいう面が嫌い。 自分のことは棚に上げて好き勝手に他人を評価して好悪で区別してしまいます。 確かに友人関係を紡ぐという意味では一...
独活日記(相場を生き抜くために)

恐怖を感じる

相場を張っていて恐怖を感じたことはありますか? 自分のポジションがぐんぐんただいま絶賛含み損拡大中だったとしたら恐怖するでしょうか? 古くは不動産バブル崩壊が象徴的ですね。当時は上がるから買う買うから上がる状態でした。いわゆる...
独活日記(相場を生き抜くために)

こだわり

人は皆こだわりを持って生きています。 私はこういうファッションセンスで生きているのよということを大いに示している奇抜なファッションを身にまとって道を闊歩している人がいますね。 僕はこういう考え方にこだわりがあってそれを追求する...
独活日記(相場を生き抜くために)

及第点を目指せ

いつも満点を取る秀才はいましたね。 自分にはできないという意味でそれも一つの才能と言えるでしょう。凄いことです。 ただ相場で満点を取ることは絶対に出来ません。 何故なら相場には答えがないからです。 従って満点を取ろ...
独活日記(相場を生き抜くために)

投資家の錯覚

手痛い損失を被った銘柄というものはもう見たくもないというようになるのが多くの投資家たちの共通点のようですね。 実際銘柄選択から最初から除外して見向きもしなくなる投資家も多いです。 しかしそれは大いなる錯覚をしているようです。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました