独活日記

投資家として独り活きるために必要なことを繰り返し繰り返し述べていきます。
ぜひ何度も反復して読み続け、自分の潜在意識の中に刻み込んで実践に役立ててください。

独活日記(相場を生き抜くために)

待ちは投資家の至宝

動かざること山のごとし。 原典は孫子で、武田信玄の旗印風林火山の一節としてある言葉ですが、実は待つことというのは難しいものです。 デートの待ち合わせのとき先に来た人は恋人がいつ来るのか気が気ではありませんね。 時間に遅れ...
独活日記(相場を生き抜くために)

覚悟

覚悟はあるのか? いい加減な人間に対して良く言われる言葉ですね。 しかし覚悟とは文字通り悟り覚めるということであり、粛々と我が道を迷いなく進むという意味もあります。 相場師として生きる覚悟がありやなしや? 私はそう...
独活日記(相場を生き抜くために)

不確実性

この世はすべて不確実性の中に存在しています。 我々一人一人の人生も確実なことは何もありません。 自分では確実に明日も生きているだろうと確信しているかもしれませんが、明日死ぬことになっている可能性もあるのです。 今圧倒的話...
独活日記(相場を生き抜くために)

どうしても気になる他人の評価から解放される

人は得てして他人の評価というものを気にします。 何かを買うならその商品の他人の評価が気になります。 レビューや比較記事がネット上に氾濫しているところからもそれは容易に理解できることでしょう。 自分に対しての他人の評価とい...
独活日記(相場を生き抜くために)

自分を信じて自分を信じず

人間は傾向として二つのタイプに分けられます。 自分を自信過剰にも信じて自分は何でもできると思い決して自分の考えを曲げない人と自分をあまりにも卑下して信じず自分は何もできないと思い決して自分の考えを肯定しない人です。 評論家など...
独活日記(相場を生き抜くために)

自己正当化

投資の蘊蓄をあれこれ語りたがる投資家は非常に多いですね。 それはまあ良いとしても、自分自身の考えが絶対正義、絶対正解のように徹底的にこだわる人がいます。 こういう人は非常にハイリスクな相場を張っています。 どういう投資法...
独活日記(相場を生き抜くために)

多数派の思考

この世は多数派の思考が通説となっている世界です。 例えば多数派である健常者が問題なく通れる道となっているが少数派である障害者にとっては通ることができないような道があったりします。 サラリーマンとしての当たり前の人間関係性を構築...
独活日記(相場を生き抜くために)

逃げの一手

逃げるのは男らしくない。 そんなことをよく私は親から教育されました。 そのトラウマがなかなか抜けきれずに様々な局面で私自身苦労しました。 その都度時には逃げることも大事であるということを勉強していきました。 そして...
独活日記(相場を生き抜くために)

値頃感

多くの投資家たちが今日もこの自分の値頃感というものを使って株価がどうなるこうなるということを述べていますね。 しかしこの値頃感という奴が曲者です。 今日はこのことについて簡潔に考えてみたいと思います。 果たしてそ...
独活日記(相場を生き抜くために)

下げたら買い上げたら売るの危険性

下げたら買い上げたら売ると確かに理論上は儲かります。 これは商売の鉄則です。 いかに安く商品を仕入れ、いかに高く商品を捌くかが利益を極大化するための基本策だからですね。 この当たり前の商売の大原則が相場では圧倒的危険性を...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました