相場日記

日々の全体相場について語ります。
世界各国分け隔てなくその最新の相場観を正直に吐露しております。

相場日記(日々の全体相場観)

コロナ感染犯罪者時代

欧州で再び新型コロナウイルス感染拡大が起こってきてロックダウン再びといった様相となっています。 トランプ大統領も感染し、感染することが犯罪であるかのようにマスクをしないのが悪いとか各種メディアなどは言い出しています。 このコロ...
相場日記(日々の全体相場観)

適切なFRB議長、コロナパニック相場継続、底堅い米国市場

FRB議長講演によれば相変わらずコロナ禍が続き景気回復も弱いため金融政策を引き続き維持するということになります。 そして金融緩和の限界と財政出動の重要性を指摘しており、まさに正しい主張だと私も考えますね。 日本は財政出動が持続...
相場日記(日々の全体相場観)

母なる相場

相場は一言で述べれば母なる相場ということになります。 基本的に菅総理大臣によるデジタル庁設立といったところが国策として大きいものであり、国策に売りなしということでその期待感が膨らんでいる現状ですね。 結果はもちろん分かりません...
相場日記(日々の全体相場観)

何事も起こり得る

今週は様々な予期せぬことが起こっていますね。 今回の東証のハード故障とやらもバックアップ体制がきちんと整っていないのかといった辺りで前代未聞の不祥事ということになります。 黙ってても儲かる独占企業であるJPXは楽してボロ儲けし...
相場日記(日々の全体相場観)

コロナバブル崩壊、デジタル庁相場、不穏な大統領選挙

新型コロナウイルスの社会的受容、もう私が何か月も前から言い続けていることですがようやく大衆も煽り屋であるマスメディアの洗脳から解かれつつあり、家族連れで旅行に出かける人も増えてきました。 もちろん積極的に感染リスクを冒すことはないで...
相場日記(日々の全体相場観)

デジタル庁とコロナパニック

菅総理大臣が誕生し色々と動き始めましたね。 基本的に安倍政権の踏襲ということで良さげですが、その中でもデジタル庁設立といったことは面白い試みということになるでしょうね。 コロナ対策としての指定感染症指定から外すといった英断は依...
相場日記(日々の全体相場観)

乖離調整局面

先週はナスダック市場にようやく急調整が入って行き過ぎの修正が入ったといったところですね。 今週も引き続きさらに深押ししてくるのかどうか予断を許さない状況が続きます。 少しずつ新型コロナウイルスの社会的受容が広まりつつありますが...
相場日記(日々の全体相場観)

今週の相場

先日私が述べた通り、テスラの長期株主による売りが影響を与えたようで幅広く一本調子で上がり続けていた銘柄たちに利益確定が大きく入りました。 米国は祝日を迎える前といったこともあったかと思いますが、いずれにせよ利食い千人力でもありますの...
相場日記(日々の全体相場観)

バフェットの見切りと仕掛け

バフェットは航空会社と銀行を売り、食品スーパーなどを買っており、今回日本の商社大手を購入していたことが分かったことで日本でも大きく話題になって株価も短期的に急騰してバフェットの影響力を誇示したわけですが、彼の話をきちんとニュアンスを理解し...
相場日記(日々の全体相場観)

巣ごもり消費の指数関数的成長、安倍総理である必要性、自分の考えを排す

9月になりました。 9月は何よりもまず総裁選の結果がどうなるのかということでしょうね。 石破氏と岸田氏が出馬をするということで面白くなってきましたね。 コロナパニックも相変わらず愚かにも続いていますが、少しずつですが社会...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました