新型コロナウイルス

徒然日記(相場以外の話題も)

煽り屋

恐怖をあおることで、政治家は有権者に自分を売り込み、テレビやニュース、雑誌は視聴者や読者に自分を売り込み、権利擁護団体は入会を勧誘し、やぶ医者は治療を、弁護士は集団訴訟を、企業は商品を売り込む バリー・グラスナー ま...
相場日記(日々の全体相場観)

逆回転する株式市場

日経平均株価は20000円の大台の攻防となっています。株式市場においてはすでに新型コロナウイルスへの過剰なまでの不安や恐怖は世間一般に先んじて収まろうとしています。 相変わらず株式市場は先行指標としての役割を果たしているということで...
相場日記(日々の全体相場観)

200週移動平均線の攻防をする米国市場

トランプ大統領は5000億ドルもの追加経済対策に署名し圧倒的財政出動を連続的に行い続けています。 各種経済指標の悪化が実際に出ていますのである意味では当然の方策ということになりますが、言うは易く行うは難しで実際に実践しているというこ...
相場日記(日々の全体相場観)

マスク生産に動く日本の大中小企業、原油大暴落が意味するもの、覚悟を決めて経済活動再開すべき時

シャープやパナソニック等々日本の企業、厳密にはシャープはすでに台湾企業の子会社ですが、マスクの国内生産に踏み出しています。ソフトバンクの孫氏は相変わらずの行動力で中国のBYDと交渉してマスクの生産ラインの一角を獲得することに成功しています...
相場日記(日々の全体相場観)

経済活動再開へ向けて迅速に動き出す米国、先導する中国、新型コロナウイルス感染死リスクを取るのか経済苦死リスクを取るのか?

さてトランプ大統領は英断し、経済活動再開へのガイドラインを発表し、感染者の少ない州、減っている州から段階的に経済活動再開へ向けた方向性を示しました。これを受けて各州知事が判断していくわけですが、いずれにせよ、米国もまた新型コロ...
相場日記(日々の全体相場観)

有事の金、有事として対策する世界各国政府、有事と思っていない脳天気な日本政府、国家から自立している相場師というもの

金週足 GOLDについてはすでに以前に述べているとおりの見解で現在も変わっておりません。 このときに保ち合いから一気に離れていく可能性を提示しましたが、実際にそうなって上昇トレンド継続中となっています。 2011年の金バ...
相場日記(日々の全体相場観)

200週移動平均線に達する米国市場、その背景となるもの、悲観的楽観、待てば海路の日和あり

米国市場が非常に底堅い推移を示してきました。 いわゆるセリングクライマックス後しばらくは200週移動平均線下で横ばいとなるような展開が待っているのかなと考えておりましたが、一気に200週移動平均線に達してきました。 新型コロナ...
相場日記(日々の全体相場観)

日本人ラースト政策が主軸の安倍政権による非常事態宣言、死亡者数伸び鈍化で200週移動平均線へ迫る米国市場

さて非常事態宣言が出されましたね。 7都府県にGW明けまでの約1ヶ月間とのことです。 市民には外出自粛を求めながら事業者には可能な限りの事業継続を求めるといった矛盾を求めています。 消費者には買い物行くなとい...
相場日記(日々の全体相場観)

一番最後の中途半端な非常事態宣言

さていよいよ非常事態宣言が出されるそうですね。 しかし多くの日本国民はもうとっくの昔に自主的に自分自身に非常事態宣言を出しており、今更ですか?といったところですね。 しかも都会の一部のみであり、何か政治的思惑でもあるかのような...
相場日記(日々の全体相場観)

予想以上の雇用統計悪化で二番底へ向かう株式市場、新型コロナウイルスと連動する相場、COVID-19を取るか経済活動を取るか、いよいよ決断の瞬間

米国雇用統計の予想以上の悪化が明らかとなり、あらかじめ予想していた以上に経済悪化が進んでいることがわかりました。 各州で検査体制が整うことで新型コロナウイルスの死亡者拡大中であるためマスメディアのセンセーショナルな煽り報道も加味して...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました