新型コロナウイルス

相場日記(日々の全体相場観)

来年の展望

本日は大納会、今年も終了ですね。 昨日述べた通り今年は易しすぎる相場となりました。 要するにほぼ高値引けの大納会となりそうですね。 この時期は常に来年の相場はあの銘柄がこの銘柄が期待だなんだと机上の空論家の先生方が述べる...
相場日記(日々の全体相場観)

今年の反省

今年の12月はめちゃくちゃ忙しい日々となっています。 今年は易しすぎる相場が最後まで継続しており、大利を出せた投資家の方々もかなり多かったのではないでしょうか? プロの相場師として私も当然大利を出していますが、それを持って自分...
相場日記(日々の全体相場観)

愚かな日本医師会、日本政府、賢き株式市場

日本医師会長はパニック症状にあるのでしょうね。 医療崩壊阻止のためには感染拡大阻止しなければならない 一見正論に見えるこの主張ですが、実際は本末転倒な話です。 私が何度も繰り返し述べている通り、多くの使命感のある医師たち...
相場日記(日々の全体相場観)

コロナバブル崩壊、強き米国市場、菅政権への失望

コロナパニック症状に陥ってる人たちは相変わらず多いですね。 専門家であるはずの日本医師会長を筆頭に医者の多数派がこの症状にかかっていて自分で気づいていない状況ですから非常に残念な状況です。少数派の医師の方々のコロナウイルスというもの...
相場日記(日々の全体相場観)

コロナショック第二弾、一人勝ち中国、大統領選後

欧州などでは再び都市封鎖、ロックダウンが新型コロナウイルス感染拡大によって実践されてきています。 愚かなことですね。 新型コロナウイルスはもう新種の風邪であることが明らかになったわけですから感染拡大阻止は絶対に不可能なのです。...
相場日記(日々の全体相場観)

コロナ感染犯罪者時代

欧州で再び新型コロナウイルス感染拡大が起こってきてロックダウン再びといった様相となっています。 トランプ大統領も感染し、感染することが犯罪であるかのようにマスクをしないのが悪いとか各種メディアなどは言い出しています。 このコロ...
相場日記(日々の全体相場観)

何事も起こり得る

今週は様々な予期せぬことが起こっていますね。 今回の東証のハード故障とやらもバックアップ体制がきちんと整っていないのかといった辺りで前代未聞の不祥事ということになります。 黙ってても儲かる独占企業であるJPXは楽してボロ儲けし...
相場日記(日々の全体相場観)

指定感染症指定を外すことは出来るか?

私が何か月も前から主張し続けてきたことがようやくここにきて政府が検討を始めたということになりましたね。 やはり迅速をもって良しとする相場師である私翁は迅速すぎるということなのでしょう。 いずれにせよいち早く指定感染症指定から外...
相場日記(日々の全体相場観)

ソフトバンク純利益大幅黒字転換、新規感染者数の無意味、保ち合い上放れNYDOW

ソフトバンクの4~6月期の純利益は1兆2557億円となり、四半期としては過去最高となりました。 ナスダック市場が歴史上最高値更新している状況ですからこの一気の黒字転換は当然と言えば当然ですが、ソフトバンクは赤字拡大だ倒産だと述べてい...
相場日記(日々の全体相場観)

風邪は誰しも引くものである、トランプ大統領追加経済対策、上値重い日本市場の理由

新型コロナウイルスは新種の風邪であると言うとそれは違うと批判されてしまいます。 もちろん医学的には細かい分類があるのでしょうが、別にそんなことを逐一分類する必要性など我々一般人には全くなくて、要はどういった類の病気なのかということが...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました