愚かな日本医師会、日本政府、賢き株式市場

相場日記(日々の全体相場観)

日本医師会長はパニック症状にあるのでしょうね。

医療崩壊阻止のためには感染拡大阻止しなければならない

一見正論に見えるこの主張ですが、実際は本末転倒な話です。

私が何度も繰り返し述べている通り、多くの使命感のある医師たちはコロナ感染そのものにはそれほど恐れてはいないのですね。

恐れているのは自分が仮にコロナ感染してしまったら隔離されて仕事が出来なくなってしまうといったただ一点のみなのです。

そしてそれが全国で引き起こされればまさに医療従事者が減って医療崩壊を促進してしまうのですね。

だから私は指定感染症から外し、具体的には第二類から第五類に持って行ってインフルエンザ同様の扱い、風邪扱いとし、感染が分かったところで重症者でなければ隔離することなく風邪薬でも出して自宅に返せば良い状況にして、医療関係者自身が感染しても重症とならない限り、隔離されることなく安心して医療に従事できる体制を整えるべきであると一貫して主張し続けているわけです。

しかし残念ながら日本医師会も日本政府もこの本質が全く理解できておらず依然として感染拡大阻止できるかの如く、ほとんどの人たちが無症状軽症で終わる風邪であることに納得せずに、極々一部の重症者や死亡者、後遺症が残ってしまうとかいった人に焦点を当てて不安を煽り続けているわけです。

愚かな日本医師会は自らの手で自らの首を絞めているわけですね。

日本医師会長が徹底的に圧力をかけるべきは感染拡大阻止の対応をしろと迫ることではなく、指定感染症指定を第二類から第五類に早急に変更し医療崩壊を防いでくれと主張することなのです。

それがパニック症状に陥っていない冷静かつ客観的な判断であると見なされる医療人の姿勢です。

スポンサーリンク

愚かな日本政府

しかし日本政府は愚かですね。

私はずっとこの指定感染症指定を外せるかどうかだけに注視し続けているわけですが、現在においても依然としてそれは実践されていません。

まことに愚かしいと言わざるを得ませんね。

日本医師会を批判しましたが、新型コロナウイルスCOVID-19が第二類に指定され続けている限り、多くの医師は感染力の強さは当然認識していますから確実にコロナ患者を見れば自分にも移る確率が高まり、そして感染発覚したら最後、自分自身一定期間隔離されてしまうことが分かっていますのでコロナ患者など診たくないと考えて実践する医師が増えるのは当然の話ということになります。

つまりコロナが疑われる症状が出ている、要するに風邪の症状がある人たち全般一切診たくないわけですね。

医師にも生活がありますから当然の人間心理であり、そこを取り除いてあげるのが政府の役割です。

そしてそのためには新型コロナウイルスを指定感染症指定から外せば良いのです。

その英断をするだけで良いのですね。

しかし愚かな日本政府は第二類のまま一年経過観察とかいう中途半端な対応をしており、医療崩壊へ向けて徹底的に進ませようとしているのが現実です。

いい加減にしろと私は言いたいですね。医療崩壊して最終的に困るのは我々一人一人の国民ですよ。

若い人はそれほど病気になることはないかもしれませんが、年を取っていけば誰しもが一度はご厄介になることになる場所が疲弊してしまって役に立たない状態になってしまうことは大きな国民にとっての損失なのです。

そしてそこで必要なことは金を出すことよりも何よりも前に法律を変更することだけなのですね。

このことを早急に日本政府は認識して決断し、迅速に実践して欲しいものです。

賢き株式市場

賢き株式市場はこの矛盾を見抜いています。

日本政府の失政が社会不安を煽り、医療崩壊を助長していることに気づいており、そのような続コロナパニック相場と私が命名しているような物色展開で相場を形成しています。

この状態を継続させていくとますます日本国内経済は厳しい状況に陥っていくでしょうね。

そんなことはどうでもいいこれからは国家無き地球人の時代だといったお花畑な思考の人たちにとっては日本などどうなろうと日本を出ていけば良いだけだと考えているのでしょうが、私はそういう思考にはなれませんので日本が一番大事であり、日本国内がしっかりと経済成長を果たしていくような将来になって欲しいと考えていますしそのために今必要なことを述べ続けています。

日本国内における日本政府による持続的長期的インフラ投資が国内経済成長のために必要ですが、それを実践継続することによって政府自体は大赤字になりますが、我々一人一人の国民及びその子や孫、子孫たちにとっては大黒字になるという当たり前の構造を理解して欲しいと考えています。

人口減では経済成長できないは間違いであることは人口減でも経済成長している国が現在あるという事実だけで一蹴されますし、国家がいくら赤字だろうが外国に国債を支配されていない、国内でそのほとんどを消化している日本では特にいくら財務諸表上赤字だろうが、財政破綻などあり得ないということを理解して欲しいと考えています。

本当に財政破綻間近ならいくら米国市場が好調だと言っても相対的に弱いとしても一切連動などせずに日本市場は独歩安になっていておかしくないのですね。

しかし賢き株式市場はしっかりと冷静かつ客観的に中長期においては判断し続けているわけで、実際日経平均株価が1000円になるといった財政破綻国のような状況には陥っていません。

米国にしても中国にしても圧倒的財政出動を持続していますね。

日本とは比較にならぬほどの規模、期間です。

しかしどちらも経済破綻することはないでしょうね。

それが通貨発行権を持った国家というものなのです。

賢き株式市場は冷静にそのことを評価している現段階であり、来年も引き続きコロナパニック相場を満喫しながら全体的には底堅い推移を形成する確率は高いと見ておいて問題ないでしょう。

鎖国政策

最後までお読みいただきありがとうございました。

日本政府は鎖国を決断したようですね。

来年の1月末まで外国人の新規入国を停止するという愚挙を決断しました。

感染者数を拡大させない措置ということであり実際確かに目先の感染者数拡大阻止には一定の効果は出てくることは間違いありません。

しかしそれは感染者の先送りに過ぎないということは理解しておかねばなりません。

投資家が損切りせずにいつかは含み益に転換するだろうと手仕舞いを先延ばしにする愚行と同じということになりますね。

残念ながら来年も引き続きコロナパニックを形成すべく政府もマスメディアも日本医師会も頑張って煽り続けるようです。

誠に残念な話ですが、パニック症に陥った人が回復するのは難しいですから仕方がないことですね。

この辺の事象がどう日本経済に打撃となって現れてくるのか来年は注視し続けねばなりません。

日本国内経済のますますの疲弊が危惧されます。

まさか風邪の蔓延で鎖国をすることになるとは思いませんでしたが、年末年始は本当に静かな年末年始となりそうですね。

+15
タイトルとURLをコピーしました