逆回転相場

相場日記(日々の全体相場観)

何度も繰り返し私が述べている逆回転相場ですが着実に来ているという感じですね。

その代表銘柄としてその最悪業界の代表銘柄チャートを取り上げていますが、その最新の状況がこちらです。

逆回転相場が一気に到来か?

良い感じですね。

この銘柄は100億単位で買っても全く問題ない大型株ですから私にも十分な大利をもたらしてくれる銘柄の一つになり得るでしょうね。

まあ私はそういう銘柄選択には全く興味が無く結果論的に大利を得た銘柄を得ることになってそれはどこどこの業界のどういう事業の企業であったということになるような売買手法を使っていますので関係ない話ですが、いずれにせよ相場はコロナパニックからすでに脱しており、この逆回転相場が本格的に到来していくなら当面問題ない状況が継続するということになります。

スポンサーリンク

相場の先見性

相場はすでにコロナパニックから脱却しています。

日本社会が相変わらず新型コロナウイルスを致死率100%の殺人ウイルスであるかのごとき扱いをして非常事態宣言を延長しているのとは全く異なりアフターコロナという横文字が流行っていますが、要するにコロナ後の経済というものを織り込みに行っている現段階と言うことになります。

この相場の先見性は今に始まったことではなく過去もずっと経済に対する先行指標としての役割が株式市場にはあり今回は何よりも世界経済の中心たる米国市場が上昇トレンドを継続しているということが大きいということになりましょう。

NYDOW日足

一方で日経平均株価は相対的に弱い状況のままですね。

日経平均日足

しっかりと時間軸を合わせて比較すると明らかですが、これは米国と日本における国内の経済政策の違いとなりますね。

またコロナの感染者の状況の違い、要するにパニック度の時間差もあるのでしょう。

もう何度も繰り返していることですが、前者については米国と日本では財政出動規模、頻度が圧倒的に違うという点と、何より各種減税政策を遂行した米国に対して日本では消費税減税をすることもなく税負担はコロナ前に各種増税されたまま全く変わっていないという点が大きいですね。

後者は新型コロナウイルスの感染者数が米国では落ち着いてきている一方で日本では過去最高数字を叩き出しつつあるといった時差があるというところです。

元々感染者数にせよ死亡者にせよ米国と比して人口の違いを考慮しても圧倒的に小さい割合が現在でも続いている日本は日本人の特性なのか衛生環境、医療環境が世界最高峰だからなのか、基本的にはお上の言われたことに唯々諾々と従う民族性だからなのか、理由は定かではないものの新型コロナウイルスに対してパニックなるほどの状況ではないのですが、米国は合理主義な人たちが多いことから淡々と新型コロナウイルスの症例数を積み重ねていきインフルエンザ同様、人類存亡上のリスクは全くないウイルスであるということが確定することでパニックは収まり、マスクもする必要がないとし始めて全国民が免疫を獲得する方向性へと政策変更し始めていますが、日本では逆にインフルエンザとは違う、風邪ではないと我が物顔で述べる臨床医師としての経験の全くない統計学医師などが単純に数字を比較して述べるわけですが、違うのは当たり前であり、違うからこそ別のウイルス名が与えられているわけで厳密には形も違うし機能もDNAとRNAの違いがありますし、人間への反応も厳密には違うことなど当然の話です。

問題は社会的に経済破壊を行うほどにウイルス風邪にかかっても全然平気なほとんどの人たちを生活苦にするといった犠牲をしてまでも感染阻止しなければならないほどの人類存亡上のリスクがあるかどうかということなのですね。

こういうことまで頭が回らない時点でこういった専門家は専門バカということになります。

統計学に支配されている人間ということですね。

私も相場師として統計学を一応学んで利用している身ですから分かるのですが、統計学はあくまで傾向を分析するだけであって社会的影響や経済的影響、個々の人間に対する影響を正確に把握できるものではありません。

正直なところ当たるも八卦当たらぬも八卦程度のものでしかないのですね。

新型コロナウイルスで大事な点はたった一点で人類存亡上のリスクがあるかどうかです。

それがない以上本来は非常事態宣言の延長などしてはならず、新型コロナウイルスの社会的受容を啓蒙していき法律的には指定感染症指定から外して現在の第二類から第五類にインフルエンザと同様の風邪扱いにすべきなのですね。

これをしない現状故に日本国内経済は沈みゆく船となっており、日経平均株価も相対的に弱い状況が続いているわけです。

ここでも相場の先見性、しっかりと米国と日本の将来の違いを示しているわけですね。

世界経済は米国が中心

しかし相場全体という意味では現在もその中心に米国市場がありその米国市場が上昇トレンドにある圧倒的に強い、以前にも私が述べましたがコロナ後はむしろコロナ前よりずっと強い経済復活となるといった展開がやってくる可能性を織り込む相場が到来しており、その影響で日本も株式市場と言う意味では底堅い推移となる可能性があります。

前回述べたように空売りが効く銘柄も散見してきているのですが、まさにこのアフターコロナを織り込む新型コロナウイルスで大打撃を受ける最悪の業界が一気に逆回転していく相場というものが本格的に始まりつつあることでその手の銘柄においては買いでよいということになってきています。

相変わらず米国市場におんぶにだっこの日本市場であることは情けない話であり、かつ日本国内経済はこれから厳しい状況になっていくリスクは依然として大きいのですが、米国が社会的にもマスクを外し、コロナパニックから脱却しつつある現状から見るといずれは日本も遅ればせながらそういったパニックから脱却することになっていくのでしょうね。

というかいち早くそうなって欲しいと私は考えていますし、もうそれは昨年初から言い続けていることであり、新型コロナウイルスの社会的受容をしない限り、日本国内経済の浮上はないですし、新型コロナウイルス風邪の感染は多少抑えたが経済の打撃で自殺者が急増したということになるのが落ちとなります。

それは果たして日本国民の全体的な幸福になることなのかよくよく統計学の専門家の方も自分の専門分野の立場からではなく一人の人間として考えてみて欲しいものですね。

数字に縛られてはいけない

最後までお読みいただきありがとうございました。

数字は大事です。

相場師である私も今日もしっかりと利益数字を出すという意味でいかに数字を出すかということは大事ですし、統計分析によって期待値がプラスの手法は何かといった選択も出来ますし、それが現状もリアルタイムで通用するものなのかを確認することが出来ます。

しかしながらその数字、数学に縛られてはいけないのですね。

人間は数字だけで生きているわけではないのです。

数字には決して表れないところに人間の幸せが有ったりするものなのです。

その辺を総合的に判断して実践するのが実は政治家の役割であり、政治家は数字に強い人よりも人間に強い人がなるべきなのはそういう人間全体の幸せといった数字では図ることが決してできないものを適切に掴み取る総合的判断が出来る人物でなければならないからなのですが、残念ながら現在の政治家たちは専門家と称する国民全体の幸福の最適化という意味では素人の人たちが示す数字に依存して政治実践している首長がほとんどであるといったところに日本の過てる現状の原因があるのでしょう。

相場を張る上でも常に直感というか虫の知らせというものがあり、とある瞬間には数字による分析を超えて直感的に正解を掴み取る感覚、要するに相場のセンスが必要なのですが、それは結局実践経験を積み重ねてしっかりとその経験から反省し改善し続ける研鑽を積み続けているかということになりますが、新型コロナウイルスに関しても同様で果たして過去の無数のウイルスはどういうものだったのかをしっかりと分析したうえで今回も直感的にも人類存亡上のリスクがあるのかどうか、パニックになるべき、経済破壊をしてでも感染拡大阻止をしようとすべきなのかどうかといったことを正しく掴み取ることが大事なのですね。

相場は逆回転相場が到来しつつあるということでこれがこれから一気に進んでくるならなんとかパニックから脱却できるということを先見しているということになりますが、果たして日本はそれが出来るのかどうか、当然出来て欲しいですしいち早くして欲しいのですが、現状は非常事態宣言延長といった最悪の決断をしているのが現状ですね。

+24
タイトルとURLをコピーしました