これから上がる銘柄を当てれば儲かるわけではない

独活日記(相場を生き抜くために)

相場界では相変わらずこの銘柄が買いだあの銘柄が買いだばかりですね。

これから上がる銘柄を当てれば儲かると思っている人たちばかりです。

しかし残念ながらそこに相場の真理はありません。

今日はこのことを考えてみましょう。

スポンサーリンク

情報を知れば知るほど儲かるようになると考えている投資家たち

なぜ相場情報提供者がいなくならないのか?

それは当然ながら商売の原則である需要と供給が一定程度あり続けているからです。

要するに投資家たちは自分がどんな銘柄をどんなタイミングで売買したら儲かるのかということを知るためにその指針を探し求めているということになります。

従って様々な人が私はここで推奨してその後こんなに株価が上がった凄いだろうといったような売り文句で情報を投資家に売ろうとし続けるわけですね。

この気持ちはまあ分からないでもないのです。

私が上がるものを買い下がるものを空売りなさい

と述べたところでそんな簡単なことで儲かるわけがない。

何の知識もなく儲かり続けるわけがないとして決して信じてくれないからです。

私は本気で言っているし実際私自身がその相場の真理で飯を食っているわけなのですが、やはり納得できる投資家は少数派なのです。

情報を知れば知るほど儲かるようになると考えている投資家たちが多いということをまず知りましょう。

大事なことは上がる銘柄は何かではない

次に相場で儲けるためには上がる銘柄が何かということを知ることではないということを理解する必要があります。

これから上がる銘柄が何かなどというのは時間を無視するなら意外と簡単に誰でも当てられるものなのですね。

例えば赤字転落して業績不振の銘柄で十分に株価が下がっている段階でいずれ復活する可能性があるとしてこれから将来株価が大きく上がると述べたとき実際黒字転換していくことでそれが実現していくことは少なからずあることなのです。

しかしその間長い年月を待ち続けることを強いられる可能性があります。将来上がる銘柄であるとしてもその期間においてはそれは100%ではないことですからただ時間だけが無為に過ぎていくということにもなります。もちろん十分に株価が下がっている段階と見ていたがそこからもう一段下がっていくこともあります。

要するに全体市場が上昇基調が長期で続く時代においてはボロ銘柄さえ上がる銘柄となり得るということです。

ここを理解出来れば銘柄を当てることに意味がないことに気づけるはずなのです。

そしてそこに気づければ私の○○銘柄はこれから株価が上がる銘柄だといったようなくだらない情報に飛びつくことは決して無くなるのです。

そんなことはあんたに言われなくても自分で掴み取れるよと一蹴出来るのはずなのです。

大事なことは上がる銘柄は何かではないということに気づきましょう。

どうすれば儲かるようになるのか?

ここがみなさん何よりも知りたいところでしょうね。

数多ある相場情報の無意味さを理解したとしてではそれに代わるものとして何を軸として考えていけば良いのかと思うことでしょう。

そこに対しての私の回答は容易です。

一貫性のある優位性のある売買手法を使い続ける姿勢が投資家に出来ているかどうかがすべて

ということになります。

これが出来れば継続出来れば相場で容易に儲かり続けるようになります。

一過性の成功ではなく、毎年どんな相場付きであれ継続する生涯に渡り継続した本物の大成功を私同様にもたらすことになります。

本当に言葉で表現すると簡単で一言で終了なのですね。

しかしそれでは情報屋は儲かり続けませんから従ってどうでもいいマスメディアの情報をあちこちからリンクさせながら自分の相場がこれからどうなるこうなる経済がどうなるこうなる株価がどうなるこうなるというくだらない情報を毎日垂れ流すのです。

どうすれば儲かるようになるのか?

この解答はすでに出ていてそのこと自体は一言で終了であり、それを信じることが出来て実践継続出来ている極々少数の投資家だけが今日も何十年と成功を収め続けてそれが生涯続く確率を高め続けているのです。

この段階になると多くの投資家たちが理解が出来なくなっていきますね。

この言葉自体は理解できるのですがそれを実践継続することにどうしても投資家として躊躇してしまうのです。

相場知識、経済知識、業界知識が希薄な中で売買実践継続して本当に儲かり続けるのだろうか?

それが大抵相場の真理に無知なほとんどの投資家が囚われてしまう思考なのです。

私翁自身の力及ばず、これが現在でも起こり続けている相場界の実態です。

未来の語り屋は無数にいるが現実の世界で圧倒的利益を叩き出し続けている実践家はいつの時代も極々少数派なのです。

優位性のある売買手法を一貫性を持って使い続ける姿勢とは

ではこの私の回答である言葉をもう少し詳細に考えてみましょう。

優位性のある売買手法とはもう私が何度も何十年も繰り返していることですが期待値プラスの売買手法ということです。

期待値プラスというのは要するに過去その売買手法を行い続けていったときに総合的利益が出続けている手法と言うことです。

私はファンダメンタル無視のテクニカル分析による売買手法ですから過去のチャートで実際に検証してみて勝率が20%と低いもののリスクリターン率が圧倒的で総合的利益を出し続けることが出来ているので採用しており、リアルタイム、実時間でも実践検証し続けて今日もやはり期待値プラスであることが私自身の資産増殖によって証明され続けています。

この程度の努力は当然投資家としてしっかりとやってください。

簡単に儲かるとはいっても何の努力もしなくてよいわけではありません。

ただやるべきことは学者のような知識の集積ではなく誰でも可能であるということです。

私の手法はさも最高のように思われるかもしれませんね。

確かに圧倒的大利が出るときはとんでもないことになりますのでその取引だけを考えたら利益率100%1000%なんてこともあります。

しかし勝率20%ですから徹底して損切りを繰り返している日々であるということも理解しなければなりません。

要するに人によっては精神的に継続しにくい手法である可能性があるということです。

このあたりのデメリットも考慮してもなおやはり圧倒的利益率が欲しいと思い、かつ自分自身それを継続できる性格であると考えるなら私の真似をするのも良いでしょうね。

いずれにせよ、それがファンダメンタル分析による売買手法でも過去を検証して実際に総合的利益を長期的に継続的に叩きだしている優位性のある手法の中からあなたの性格に合ったものを見つけ出す作業はしてください。

そして性格に合ったものという点に置いてそれは一貫性を持って使い続ける姿勢にも繋がっていきます。

一貫性を持って使い続ける姿勢

一貫性とは相場における意味は要するにあなたがこれと決めた優位性のある売買手法をどんなときも適切に継続できる状態にあなた自身をおける状況にあるかということです。

優位性のある売買手法を目出度く採用したところでそれを適切に実践継続出来なければ宝の持ち腐れです。

ですからあなたにとって継続しやすいものである方がより良いということになりますね。

この辺はいくつか使い続けてみることで自分に合っているか考えていくしかないことですのでその努力を継続してください。

その上で一貫性を持って使い続ける姿勢というものを学ぶ必要があります。

心構えと言い換えてもいいのですが、自分に言い聞かせて自分で自分を順守させる、適切に行われているかどうか自己監視していく体制を整えなければならないということです。

ここは実は難しく、第三者に任せる必要がある人も少なからずです。

実際証券会社の自己売買部門においては実際に売買するトレーダーとそのトレーダーたちを監視する役割の人が別にいてその自社のトレーダーたちが適切に売買しているか管理しています。

しかし個人投資家ではなかなかそういった人を作ることは難しいですので自分でやるしかないのですが、それが意外と難しいのです。

とある人は自分に甘くちょっとした違反を許してしまい、次きちんとやればよいと反省しません。

とある人は自分に厳し過ぎてちょっとしたミスをも許せずに落ち込み、相場を張れなくなってしまう人もいます。

自己管理というものは実は難しいもので誰かに管理されて生きる方が楽なのです。

相場は完全自由な世界ですからその自由の代償としてこういった自己管理と向き合って上手く自由を自己規制して成功に導かねばならないのですね。

そのために一貫性を持って使い続ける姿勢というものが大事となっており、そこにおける自己対処は結局巷にある有象無象な相場情報を得ることなく自分の内省に勤め、反復し続けることしかないのです。

そのために私は今日も相場の真理だけを反復し続けているといった相場界の改革という意味では無駄な足掻きをし続けているわけですね。

これから上がる銘柄を当てる必要が無い

最後までお読みいただきありがとうございました。

今日述べたことをきちんと理解し実践継続できる投資家は皆無でしょう。

述べている言葉自体は平易なのですが、それを納得して理解することがまず難しく、そしてそこから巷にある銘柄推奨情報を一切排除して実践継続できるという段になると至極困難になるからです。

私自身昔はこの銘柄がどうだろうあの銘柄がどうだろうとやっていたのでそこからいかに現在のような成功し続ける投資家としての精神確立を成してそれを継続出来ているのかということを考えてみるのですが、ここに教科書通りの回答は出来ないのです。

敢えて表現してみるなら相場の売買実践を積んでいく中で自然と身についていった、一生懸命あの銘柄がこれから上がるのかいやいやあっちの銘柄なのかと言わずとも上がるものを買えば自ずからそれがこれから上がる銘柄であるという至極単純な真理に少しずつ気づかされていったと言えると思うのですが、このことが生涯分からず仕舞いの投資家がほとんどであり、そうなってしまう責は相場界に巣食う相場情報なるものを提供する素人相場評論家たちの存在があり、それは元証券マンだとか元ファンドマネージャーだとか要するに自分が元居た世界で成功し続けることが出来なかったからそれを継続できる精神力がなかったから辞めて多くの幼気な投資家たちを騙す甘言を弄す楽な仕事に代わっただけの人たちの多数の無用の長物情報に毒された投資家が今日も多数であるという現実にあるのだと私は確信しています。

そういった人たちは所詮その程度の投資家なのだからほっておくしかないと言う方々もおられ確かに相場は弱肉強食の何でもありな世界ですからそういう人間たちに騙されたり依存してしまうのも勉強とも言えるのですが、私はどうしてもそういう人たちの中から一人でも救われる人が生じて欲しいと思ってしまうので今日も相場の真理だけを淡々と反復しています。

この銘柄がこれから上がる、相場の真のプロである私翁が推奨します

こういうことを多くの投資家たちはやって欲しいでしょうし、それをやって結果を示してそのプロの実力を示して欲しいと思うかもしれませんが、それは決して投資家のためにならないと私は考えていますので残念ながらご期待に沿うことは出来ません。

これから上がる銘柄を当てる必要が無い

このことを一人でも理解できた人が生じたならこの私のブログも多少は意味があったということになるのでしょう。

+28
タイトルとURLをコピーしました