NYダウ史上最高値更新、相場概況

相場日記(日々の全体相場観)

米国市場は相変わらず強い展開が続いていますね。

その根底にあるのはコロナパニックによる都市封鎖、経済破壊を埋めるための緊急的金融緩和、財政出動が下支えとなって実はたいしたことがないコロナウイルスに対しての過剰な対応がコロナパニックからの脱却と緊急的な対策の解除との時差を呼び、バブル相場の到来可能性を生じさせているといった現状によって株式市場は堅調な展開が継続する可能性が高いといったことになっています。

長期金利の上昇やインフレ警戒などが言い出されていますが、この辺はあまり机上の空論家たちの発言を気にすることはないでしょうね。

実際株式市場は今回もまた史上最高値更新しており、上昇トレンドが続いています。

高値圏であることは間違いないですが、淡々と市場の考えに従って実践継続すべき局面ですね。

この流れの転換はもう私が何度も繰り返し述べていますが、コロナパニックからの脱却、緊急的経済対策の解除との時差がどの程度に収められるかといったタイミングに懸かっているということになります。

スポンサーリンク

コロナバブル崩壊

基本的にコロナバブル崩壊は進んでいます。

コロナバブル相場とはいわゆるコロナワクチン開発だとか治療薬開発、コロナ検査だとかいったものですね。

新型コロナウイルスに関しては検査など無駄でしかないものであり、ワクチンは世界中で開発争いが行われている中で勝ち組になるのは極々一部の企業であり、結果世界の大手大企業が占有する状況となっています。人的にも資金的にも膨大な力を持つ企業が勝つ可能性が高いことは当然の話でそんなことなどお構いなくコロナ関連というだけで作られた相場は総じてバブルとなりそれは現在結果を見て崩壊しているということになります。

このコロナバブル崩壊は完全崩壊するとすでに私は何度も繰り返し過去このブログで述べ続けておりますので読者の方々は問題なく対処なされていると思います。元の鞘まで株価は戻り、かつ下に行き過ぎるものも出てくると思いますから買いは短期リバウンドだけで基本売り姿勢でいくべきでしょうね。

こういったものにこだわってしまった投資家は相場から退場させられるということになります。

コロナ変革バブル崩壊

もう一つの流れはコロナ変革バブル崩壊ですね。

こちらはコロナによってニューノーマルだなんだと横文字大好きな方々は格好よく言っていますが、要するに基本的な人間生活が変わるということなのですが、私は残念ながらそういったことが変革的に急進的に起こることはないという立場で主張し続けており実際その通りの展開となりつつありますね。

緊急的補助的な役割としてのオンライン利用というものは少しずつ進んでいくことは間違いないですが、やはり人間は互いに面と向かって話すことに楽しみを持ち生き甲斐を持ち、相手の表情を読み取ったり配慮する察する、医師などは正確に診断する、経営者はビジネス交渉をまとめるといったことがあり、視覚聴覚だけのオンラインではどうしても限界があるのです。

ただしこちらは補助的な役割として一定程度浸透していくことは間違いなく、その点に置いて全く業績数字として出ることはないコロナバブル銘柄群とは違って単純に一気に変革して業績が高成長し続けるというものではなく一定程度の業績成長はしていくが株価の伸びほどではないといったバブル相場でその崩壊は現在始まっているところで、そういう意味では短期的に空売りが通用している現状ですが、元の鞘に戻るといった展開になる確率は低いということになります。

この辺の微妙な違いは分けながらもしかし確実にバブル相場は崩壊するでしょう。

逆回転相場の到来

そして現状買いの主力はこちらも私が何度も繰り返している通り、逆回転相場となっています。

こちらはコロナで圧倒的打撃を受けている銘柄群というの基本ですね。

私はその象徴的代表銘柄を例に挙げていますが、この手の業界は幅広くあり、実際圧倒的に暴落してしまったものも少なからずですからその行き過ぎの修正が現在しっかりと入ってきているということになります。

こちらはとりあえずコロナ前まで戻るとったところで買いでいいのでしょう。

それ以後はまた物色傾向が変わっていくことになりますが、現状はこの相場が継続する確率が高いということになりますね。

コロナ後

コロナパニックが終わってインフルエンザのように捉えられるようになった後は結局バイデン大統領の政策次第となり、彼の現状を見ている限りにおいてはいわゆる偽善銘柄となる環境関連が有望となるのでしょうかね。

民主党の相変わらずの偽善ぶりは呆れるしかありませんが、相場師としては流れがそこに有るのならそこに従うしかありません。すでにバイデン銘柄は大きく動いていますが環境というのはバイオ同様異常にも信奉される主題になり得ますのでコロナ後も主題であり続ける可能性はあるでしょう。

この辺は全体相場における動向、金融政策経済政策の転換具合等々これから見て行かねばならない未知なる事象が多すぎますので確定的なことは何も言えませんが、コロナ後の可能性として現状見えるものはこれしかないというところですね。

すべてを忘れる

最後までお読みいただきありがとうございました。

今日はどうでもいい相場の概況を逐一述べましたが、すべてを忘れてください。

いきなり元も子もない発言をしましたが、本気ですよ。

投資家として成功し続けるための精神確立とはまさにこの自分であれこれ考えるのだがその考えに従わないといった基本姿勢で相場に取り組むことが非常に大切なのです。

私が今日述べたことはまさに私が本当に現在考えていることを嘘偽りなく述べており実際相場はその通りに進行中ですが、しかし私はその自分の考えにこだわっていません。

実際の実践段階において私の考えを持ち込むことは決してなく淡々と市場の考えに従っていこうとする仕掛け、手仕舞い、ポジションを取ることに丁寧に集中しています。

この自分の考えを相場に決して持ち込まないことは投資家としての圧倒的成功の成否を分ける大きなことであり、ほとんどの投資家たちはそれを実現することなく自分自身の考えにこだわり、こんな大相場でも圧倒的大利を出せることなくいまいち満足できない利益程度以下に甘んじてしまうのです。

そしてその背景にあるのはただただ自分の考えにこだわってしまっていることによる失態であるということに気づけることなくもっと知識を得れば、もっと技術を得れば、もっと経験を積めばより上手く行くようになるのだと錯覚してそれを追いかけてしまって生涯を終えてしまいます。

惜しいことですがそれがほとんどの圧倒的成功を収めることなく終わっていく投資家たちの僅かな姿勢の違いながらそれが気づけない出来ない難しさがあることなのですね。

そこに気づける投資家を一人でも増やすべくこのブログがあり続けているわけですが、残念ながら相場情報の世界においても多数派は私のようなことを述べるものではなく、相場分析やら経済分析やら銘柄推奨やらに人気が集まっており、結局現在もなおすべてを忘れるということの大事さを知らない投資家ばかりであるということを証明してしまっているのが現実です。

いやはや相場の世界はいつも少数派だけが圧倒的成功を収め続けてしまうのですねえ。

+20
タイトルとURLをコピーしました