底堅き米国市場、国際的な人的行き来始まる、新型コロナウイルス感染再拡大だが社会的受容しよう

相場日記(日々の全体相場観)

基本的にコロナバブル崩壊は間違いないと私は見ておりますし実際ワクチン開発だ抗ウイル薬開発だといった世界的競争の激しい中で勝ち残るのは非常に厳しいですので現株価のような企業価値創出は100年後でも不可能な水準でやりすぎであり早晩崩壊するだろうということはもう何度か述べていますが、実際にその兆候は出ています。その手のほとんどの銘柄が最終的には元の鞘の水準にまで落ち込んでしまうことになる確率は高いですので今もなお手掛けている方々は気を付けて取り組んだ方が良いでしょう。バブルはいつまで続くかはわかりませんが、最後は必ず崩壊します。

一方いわゆるコロナパニック相場は新興国での感染急拡大に、先進国での第二波の感染拡大が始動してきたということでマスメディアを筆頭に煽り屋たちが盛んに今日も騒ぎ立てていますので継続可能性が高まっています。米国でもアレルギー感染症研究所の所長が米国議会などで盛んに警告していますね。専門家の立場からその可能性を述べただけの話であり、それが感染症学的には正論であったとしても一般社会、経済にとって正しいことかどうかは分からないと私はしっかりと俯瞰的に考えるわけなのですが多くの人たちはこういったことを狭い視野で鵜呑みにしてしまいますので結果としてパニックを煽ってしまうことになるわけですね。

スポンサーリンク

底堅き米国市場

やはり株式市場だけが冷静です。

ナスダック市場は上昇トレンド継続中ですし、主力市場であるNYDOWもかなり底堅い展開だなと現段階においては見えます。

第二波が来ていると米国でも盛んに騒ぎ立てられていますが、株式市場としてはもうそれは過去のことといった冷静ぶりですね。

ファンダメンタル要因としての緊急的なゼロ金利政策、大規模な財政出動、FRBと米国政府の対応は迅速でしたから市場は淡々とそのことを評価する推移を示しているということなのでしょうね。

ただ新型コロナウイルスパニックが長引けば経済への悪影響は引き続き継続しますのでそれ故にコロナパニックがむしろ業績拡大機会となっているインターネット関連企業が多いナスダック市場の方が史上最高値更新してくるといった非常に強いプチバブル状態となっており、それが今日現在も継続しており、底堅き米国市場と考えて良いでしょう。

引き続きコロナパニック情勢を見ながら、いわゆる米国全州的な再ロックダウンなどといった事態にならないかどうかは注視し続けなければなりませんが、基本的には底堅い展開が続く確率が高いと現段階では見ております。

国際的な人の行き来が始まりつつある

いわゆる国際的な人の行き来が始まりつつあります。

逆回転相場があるかと題して私は述べましたが、そのシナリオはコロナ感染第二弾といった様相で難しい状況でしたがここに来て国際的な人の行き来が始まりつつあり、それはさらなる感染拡大を助長するリスクといった側面があるものの、経済再活動への第二歩とも言えるEUの決断ということになりますね。EUでは夏のバカンスが旅行業の書入れ時であり死活問題ですから段階的な感染が落ち着いた地域限定とはいえ、始まったことは大事な変化ということになるでしょうね。

陰の極みであるこの手の業界は株式市場的にも厳しい状況となっておりますが、こういったところが浮上してくるかどうかが経済復活への可能性を図る上で大事な指標であり続けるということになります。

日本においてもベトナムやタイとのビジネス目的の往来の再開への交渉は始めており、7月には台湾、ブルネイと協議を始めると報道がありましたね。

少しずつですが世界各国で国際的な人の行き来も始まってくることで当然ながら感染拡大リスクは高まるわけですが、そういった煽り屋に屈することなく粛々と元の鞘、元の経済活動状態に向けて少しずつ実践していってほしいものです。

新型コロナウイルス感染者数を逐一数えて報道するのは止めなさい

感染者数といった数字にもはや意味がありません。

何度も繰り返していることですがすでに世界的パンデミックとなっていますので感染者数の増減数字に大きな意味はなくなっているのですね。

基本的にやるべきは新型コロナウイルスであろうとなかろうと関係なく病気の重症者に迅速に処置できる医療体制を整え続けることのみであり、その人が新型コロナウイルスによる重症者かどうかは重要ではなくなっている段階なのですね。

ですから検査など医師が新型コロナウイルスであるということを確定したいと考えた場合にのみ限定的にやればよいだけであり、いい加減他の病気同様、重症者を優先的に出来る限りあぶれることなく迅速に診られる態勢を整え続けることに集中するべきということになります。

ですからもう新型コロナウイルス感染者数を逐一数えて報道することは止めていただきたいと思います。

それはただ社会的不安や恐怖を煽るだけの産物と現段階においてはなってしまっているということに気づいてください。

状況が変われば対応も変えるのはどんな世界でも当然のことなのですね。

マスメディアも同様であるべきでしょう。

しつこく社会的受容

しつこいですが新型コロナウイルスの社会的受容が必須です。

世界的パンデミックはもう確定しており、新規感染者をゼロにすることは不可能です。

ということは結局世界中の多くの人たちが一度は感染して回復するという過程を踏むしかないということなのですね。

この論理的帰結を理解しなければなりません。

もちろんわざわざ積極的に感染リスクを冒す必要性はないのですが、恐怖ばかり先立って家に閉じこもり続ける状態はそろそろ止めにしなければならないということです。

経済的には当然ですが、社会的にも人間的にもそれは精神を病むだけです。

人間は経済活動をして社会活動をして初めて人間として生きられるのですね。

それを新型コロナウイルスであってもいつまでも奪ったままにしておくことは出来ないのです。

そして新型コロナウイルスは致死率100%の殺人ウイルスではなく、感染してもほとんどの人たちが回復してしまう新種の風邪に過ぎないのですからあまりに恐れすぎることなくいい加減人間活動を再開すべきときなのです。

こういった社会的受容を世界各国行っていく方向性に持っていく必要があります。

本来であればマスメディアがそれを喧伝すべきですね。

しかし自己反省、自己批判なき煽情主義のマスメディアですから自分たちの絶対的正しさを曲げることはなく感染者数が何人出ただなんだとやり続けるのでしょうねえ。

昔から変わらずマスメディアの本質は変わりません。

まさにどんなに株価が下がっても徹底的に自分の選んだ銘柄に拘る塩漬け投資家のようです。

新型コロナウイルスCOVID-19からの脱却

最後までお読みいただきありがとうございました。

何度も何度も繰り返しますが新型コロナウイルスに対する世界的な社会的受容が急務であり、それが出来なければ感染拡大することでロックダウンを再びする国が続出していくことになるでしょうね。

新種の風邪に大騒ぎなのですが、しかしマスメディアが政府批判に利用しており、トランプ大統領なども支持率が落ちて再選が危うくなっておりますので元々トランプ大統領の正しい経済政策批判が出来ないものだから人格批判しかしておらなかったマスメディアにとっては格好の新型コロナウイルス感染者数拡大といった材料を得たと感じていると見られこの煽りは大統領選まで熱狂的に続けられるリスクがあると見ております。

政府批判はもちろんマスメディアが行うべき仕事ではあるのですが、経済に関してはその経済政策の中身を分析して批判すべきを批判してほしいもので、政治家に関してもその人格ではなくその政治家がどのように言動し、その言動の中身の正誤を分析したり、実践との違いを見て批判するといった大人の報道をしてほしいなあと思います。

そうしなければ素晴らしい政治家は育ってこないですし、自分で金も集められない見た目は誠実そうなサラリーマン政治家しか残らないでしょう。

世界経済の将来という意味では私が何度も繰り返し述べているように再ロックダウンなど一切せず、感染者数など逐一報道するのを止めて、社会的受容をすることが大切です。

これを世界中の宰相たちが実践していきコロナパニックが収まっていくならコロナパニック相場の異常性も収束していく方向性に進むということになるでしょう。

相場は常に異常性を示しながらその修正を施して動いていくわけですが、社会的にもいい加減新型コロナウイルスCOVID-19からの脱却が必要となってきていますね。

13+
タイトルとURLをコピーしました