コロナ逆回転相場

相場日記(日々の全体相場観)

新型コロナウイルスパニックによって圧倒的大暴落が起きてしまいましたがリバウンドは起こり、そこからそのまま半値戻しは全値戻しの展開となっています。

コロナによってもたらされた不安や恐怖によって業態転換が進むといった考えもありますが、私はそう簡単にはいかないだろうと見ています。

私のシナリオはコロナ逆回転相場です。

今日はこのことを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

コロナ逆回転相場の指標銘柄

とある大型株の日足チャートを挙げています。

基本的に新型コロナウイルスの世界的パンデミックによって圧倒的打撃を受けるだろう業界の日本における代表格の一つであり、実際業績的にはまさに圧倒的打撃を受けている最中です。

しかしこのチャートを見る限り、すでに陰の極みは通り過ぎ、緩やかな回復軌道に乗っているように見えますね。

相場とは面白いものです。

これからまさに圧倒的に酷い業績数字が見込まれる業界の銘柄であってもしっかりと元の鞘に戻りそうな展開を見せているわけですね。

いわゆるコロナ逆回転相場の指標銘柄として例えばこの銘柄があるということになります。

株式市場は経済の先行指標であるというのはまさにその通りで今日も相変わらず正鵠を射ているといった展開になっているわけです。

私はこのチャートを見てコロナ逆回転相場の可能性を感じています。

新型コロナウイルスは過剰にも煽られてしまった

新型コロナウイルスはマスコミから個人のSNSまで過剰な不安や恐怖を煽るものが横行しており今日現在も相変わらず煽られています。

何もわからぬ初動においては仕方がないとしてももう世界的に感染拡大して症例数が多く出てきてワクチン開発も進展し、抗ウイルス薬開発争いも激しくなっているところで依然としてオウム返しのように新型コロナウイルス怖い怖いと言っている人たちは犯罪的な言動をしているということに気づかねばなりません。

いずれにせよ、現実は新型コロナウイルスは過剰にも煽られてしまって何か感染したら最後もがき苦しみ確実に死に至らしめられる凶暴な唯一無二のウイルスとして象徴的に祭り上げられてしまい、社会的に大きな不安と恐怖が巻き起こっている状態の最中で少しずつ、それが収まりつつある段階ということになります。

市場と社会とのこの時間差はいずれ収束することになるでしょうし、どちらが相手の方に近寄っていくかは未知数ですが、株式市場はコロナパニックは一時的現象、つまりはインフルエンザウイルスとたいして変わらない感染力はあるが致死率は低い数多あるウイルスの一つと認識される方向性へと向かうと現段階においては見なしているということになります。

この不安と恐怖を利用してオンライン診療を浸透させるとかマイナンバーカードを使わせるようにするとか、あれこれ一気に変革するという論調もありますが、私はその手のコロナ後変革相場は早晩崩壊するとみています。

面と向かっての人と人のコミュニケーションが大事なのはいつの時代も全く変わりません。もちろん簡単な連絡などはオンラインでも十分ですが、やはり大切な会合とか交渉において顔をつきあわせて話すことは大事ですし、医者と患者という関係性においては互いに信頼関係を構築するためにはオンライン診療だけでは絶対に不可能で、やはり面と向かって話すことが必要ですし、医者側としては患者の表情や話しぶり、正確な顔色や雰囲気なども認識することが大事だからです。マイナンバーカードにしてもすでに破綻している官僚の仕事を増やすだけのものであり、代替できるものは他にたくさんあるというのが実情です。日本政府は自分の失敗を認めたくないばかりに火事場泥棒的に飴を与えてこういったものを浸透させようとするわけですが、私はそういったものは今株価評価されているほどの圧倒的な変革はないだろうと見ております。

相場の方は行き過ぎているということですね。

行き過ぎであるからといってさらに行き過ぎることがありますので相場師としては市場の考えに従うだけなのですが、投資家という視点からは新型コロナウイルスが過剰に煽られてしまったのと同様の過剰な煽りで脚光を浴びさせてしまっている現状ということをしっかりと認識しておく必要があるでしょう。

コロナ逆回転相場の本質

私のシナリオは要するにコロナ前の状態に遅かれ早かれ戻っていくということです。

何の面白みもないですが、新型コロナウイルスが過剰にも煽られてしまったことによるあらゆる異常性が収束する相場がこれからやってくるだろうと見ています。

そのとある指標として珍しく上記したとある銘柄を取り上げたわけですが、この手のコロナで最悪業界銘柄が上がり、コロナで変革してボロ儲け業界が下がる可能性を考えておくべきであるということになり、コロナ逆回転相場の本質はこの案配がどうなるかといったことに焦点があります。

現段階においては回復相場とコロナ変革バブル相場が同時展開となっているいわゆる全体的リバウンド相場ですが、これが確実に変化していく瞬間は訪れてコロナ逆回転相場となっていくと見ております。

そのタイミング、きっかけは何なのか?

それが私が今考えている相場における一番の関心事です。

コロナパニック相場はよき教材

最後までお読みいただきありがとうございました。

相場というのは飽くなき探究心を持って取り組むと生涯かけても終わることのない研究ということになります。

私はそれに魅了されて今日も飽きることなく売買実践をしているわけですね。

私の考えと市場の考えが一致した瞬間が一番の幸福感を味わえるわけですが、当然ながら相場師の姿勢としては常に自分の考えを廃して市場の考えに従い続けることが大事です。

この矛盾にどう折り合いをつけながら相場を張り続けて生き残り続けるのか?

相場師の醍醐味はこんなところにあります。

自分を信じて自分を信じず

この矛盾を平衡させた精神確立をいかに成して継続していくか?

この完成のためには売買経験を日々積んでいくしかありません。

相場は張れば張るほど上手くなります。張らなければいつまで経っても上手くなりません。

上手くなるというのは単純に売買タイミングというだけのことではなく精神形成という側面でも上手く調整できるようになるということです。

コロナパニック相場は大いに精神を翻弄させるよき教材でした。

この経験を生かして次の相場にあなたも生かしてください。

私のコロナ逆回転相場という見解は詳らかに正直に上記しました。

当たるかどうかは分かりませんし、そんなことはどうでもいい話ですが、いずれにせよ相場師は日々いろんなことを考えながら、いろんな変化に対応しながらしかし最終的には市場の考えに従った実践を継続することが求められるということですね。

22+
タイトルとURLをコピーしました