半値戻しは全値戻し

相場日記(日々の全体相場観)

米国市場が非常に強い展開となってきました。

新型コロナウイルスがマスメディアが大騒ぎするほど人類存亡上のリスクは全くないということが世界中で感染者の症例数、致死率などから明らかとなっており、株式市場は半値戻しは全値戻しの相場格言そのままを体現しようかといった現段階となっています。

スポンサーリンク

200日移動平均線に達した米国市場

NYDOW日足

あれだけの大暴落を引き起こしながら200日移動平均線に達するまでにリバウンドが起きたことは驚くべき状況ですね。

しかしこの絡繰りは簡単です。

世界各国経済活動が再開しており、新型コロナウイルスによる脅威、経済封鎖を継続しなければならないほどの人類存亡上のリスクは幸いにも無かったことが世界中で認識されつつあるからです。

しかし新型コロナウイルスパニックの間、世界各国緊急避難的に金融緩和や財政出動を行いましたので本来であれば行われなかったであろう政策が実践されましたので一時的に大幅に減退している世界経済が大きくリバウンドして回復して、さらにより大きく成長力を伴って経済成長してくる可能性というものを株式市場は敏感に察知している現段階ということになります。

新型コロナウイルスによる経済的損失の影響が計り知れないと判断して行った世界各国の緊急経済対策でしたからそれが思ったほどではないということが判明すればその差額分だけ大きく経済浮上に作用することは間違いないということになります。

それが現状の米国市場が200日移動平均線に短期に達成することが出来たファンダメンタル的な要因となるわけですね。

短期的には200日移動平均線に達したことで節目となります。

ここで攻防戦が始まるのか、それとも半値戻しは全値戻しとなるような展開がやってくるのか、それを見極めて相場師としてはその方向性に淡々とついていくということになりますね。

日本市場が強いという論調は間違い

米国市場がそういう状況ですから日本市場も連動してこちらは新高値更新するのではないかといった強さを示しています。

日経平均日足

確かに値としては200日移動平気線を突破しており米国市場より強く見えるわけですが、そう考える方々は株価の連続性認識ができていないということになります。

基本的に日本市場は米国市場次第である状況は何も変わっていません。

NYDOWが日経平均と比して違うことはコロナパニック前も歴史上最高値更新し続けていたということです。

その一方で日経平均は週足における三尊天井といった形成をしていて大天井可能性を示していました。

つまり元々米国市場より日本市場の方が高値のスタートが低い状況だったという点をきちんと認識しておかねばならないということですね。

米国市場が半値戻しは全値戻しを達成することが出来たなら日本市場も連動して三尊天井を否定した高値更新ができる可能性が高まりますが、日本市場独自で上に行くことは残念ながら確率は低いとみておかねばならないと私は考えています。

その理由は日本政府による国内経済政策が失政に失政を重ね続けているからです。

米国政府は国内経済政策が適切に遂行されておりますので米国内経済は復活していくと思いますが、日本国内経済は消費税減税は雲散霧消し、財政出動は一時的小規模であり、いくら日経平均株価が日本国内経済に影響を受けにくいグローバル大企業中心であるとしても相対的に弱い展開は変わらないと私は考えています。

ここの政策大転換があれば話が別で日本市場独歩高可能性さえ生じますが、現状ではそんな政策大転換はあり得ない状況ですので米国市場次第でそこに相対的弱さを示しながらの連動状態に戻るリスクというものを日本市場においては将来的に考えておかなければならないでしょうね。

新型コロナウイルスCOVID-19に関して早急に決断すべきこと

幸か不幸か新型コロナウイルスに関して日本は世界各国、特に欧米と比して判明している感染者数にしても死亡者数にしても相対的に少ない状況が続いています。

そのことが日本市場の強さを示す一側面になっているとも言えますが、これがいわゆる西洋人と東洋人の遺伝子の違いによって新型コロナウイルスCOVID-19においては東洋人の方が耐性がある免疫力が相対的に強い状況となっているのか、それとも文化的に清潔を重んじる人が多い公衆衛生がしっかりした国であるからなのか、靴に付着して家庭にウイルスを持ってくるという意味では日本は家で靴を脱ぐのが常識ですからそのことによって感染拡大がそれほどではないのか、結局この現段階での結果の理由は何を言っても一理ありそうだが完全なる理由とはなっていないものであり、ああだこうだと議論したところであまり意味を成さないということになります。

いろいろなことが総合的に作用して少ない国多い国といったものが分かれているということなのでしょうね。

しかし私は最終的には新型コロナウイルスに世界中の人、そのほとんどが意識することなく感染して回復していくことで獲得免疫を得ていく方向に進むとみていますので感染者数が東京で何人出た大阪ではゼロだとかいった話は些末な話になると考えています。マスメディアは相変わらず毎日煽っていますが、それはまあ無視するとしてすでに新型コロナウイルスに関してはそんなことはもう逐一発表する必要はなく、そんなことよりもっとずっと大事な決断があるというわけです。

それは指定感染症から外すことです。

こちらも私はこのブログでも過去何度も何度も繰り返し主張していますね。

新型コロナウイルスに感染したというだけでまるで犯罪者であるかのように隔離され閉じ込められる状態にする指定感染症指定は早急に取りやめる決断をすべきです。

まさに致死率が高く、人類存亡上のリスクがあるウイルスであれば指定感染症に指定して隔離せざるを得ないですが、新型コロナウイルスはインフルエンザウイルス同様、どうやっても感染をゼロにすることはできない世界的パンデミックとなったウイルスであり、たとえロックダウンしたとしても完全封鎖は出来ない感染力があるということが判明しています。しかし幸いなことに致死率は非常に低いウイルスであることも同時に分かったのですから、やはり指定感染症から外し、普通の風邪同様に扱って医師の判断で重症者はもちろん入院させるわけですが、何が何でも新型コロナウイルス感染者は病院やらホテルやらに缶詰にさせるといった扱いをすることは早々に止めるべきです。

まずは具体的実践として政府がそれをすることでパニックになっている人たちも少しずつ社会的受容へ向けて進んでいくことになります。

インフルエンザウイルスも毎年変異しながらワクチンを打とうが抗インフルエンザウイルス薬を使われようがまた人に感染するべく自らを変えて生き残ろうとしているわけですね。

ですからワクチンなどは何種混合ワクチンだ何だと次々と種類が増えていくわけです。

まさにイタチごっこです。

このこと自体は人類もまた自然の法則、弱肉強食、強いものが生き残り弱いものが淘汰されていく法則から逃れることは永遠に出来ないわけです。

今回の新型コロナウイルスも次々と変異していくようですから、ワクチンが出来ても抗ウイルス薬が出来てもまたそれに耐性のあるそういうものが効かない変異をして人に感染してくることになるはずなのですね。

ですから私は相変わらず過去毎年毎年インフルエンザウイルスは猛威を振るい続けて一定の少なからずの死亡者を世界中で出し続けていながらもパニックにならずにマスメディアは毎日死亡者数を報じることなく社会的受容をしてきたのに今回の新型コロナウイルスだけは大パニックを起こし、感染したら必ず死に至るかのごとく、極々少数の死亡者を取り上げて大々的に煽り、社会的受容をしないのか?非常に疑問なのです。

いい加減社会的受容をして欲しいものです。

その具体的実践は指定感染症から外すことであり、基本風邪の症状で最悪は肺炎等々で死亡することになる新しいウイルスが一つ加わったという認識を冷静に持つということです。

株式市場は良くも悪くも先んじる

最後までお読みいただきありがとうございました。

相場は非常に強い展開が続いていますね。

私は新型コロナウイルスはたいしたことがなかったと考えておりますのでコロナ関連相場は近いうちに大崩壊すると思いますが、世界経済という意味では上記した通り、緊急経済対策を戦時下のように世界各国行いましたのでその効果が現れていく展開によって経済回復が思ったより早くやってきて、米国においてはその規模が圧倒的大規模ですのでコロナ前より強くなる可能性というものも相変わらず考えています。

相場師としては簡単です。

淡々と市場の考えを見つめ市場の考えに従いなさい。

上がるなら買うしかないし、下がるなら空売るしかない。

それだけですね。

自分の考えにこだわることなく、淡々と実践していくことです。

そうすれば継続した成功を収め続けることになるでしょう。

株式市場は常に先見の明があります。

もちろん間違うこともありますがそれはしっかりと修正しながら最終的には個別銘柄においては企業業績に収斂していき、国家経済的には各国政府の政策の適切性に収斂していきます。

現状の強い相場が示していることは新型コロナウイルスは思ったほどたいしたことはなかったということですね。

19+
タイトルとURLをコピーしました