200週移動平均線上で攻防続く米国市場、セリングクライマックスとなるか原油、案の定となる非常事態宣言1ヶ月延長

相場日記(日々の全体相場観)

米国市場は200週移動平均線の攻防が続いていますね。

新型コロナウイルスパニックが落ち着き、経済活動再開へ向けて動き出しつつあるということで確かな光明は見えていますがロックダウン延長も相次いでおりまだまだ収束はしていないという状況もあり、要するに調整局面ということで攻防戦が継続しているということになります。

新型コロナウイルスの致死率から見て人類存亡の危機となるような事態にはならないということは確定しており、それよりも経済活動停止によって起こる大量の失業、経営悪化などによって生活できないことによる危機の方が圧倒的に大きいと客観的に判断できますので米国が経済活動再開に向けてガイドラインを提示し、段階的に進めようと迅速にしている実践は正しいことであると私は考えています。

致死率が圧倒的なウイルスであったらもちろん経済活動再開へ向けて動き出すことは出来ませんが今回は幸いにもそういうウイルスではなかったことが症例データによって分かっておりますから、当然ながら死亡者が急増するリスクには注意しながらもある程度の感染拡大を容認し、中長期的な獲得免疫を狙ってワクチン開発、抗ウイルス薬開発を進めながらインフルエンザ同様の対応に変更していくことがまさに正しい道筋であろうと私も思います。

ウイルス発生国である中国はすでに先んじてそれを実践しており恐らく潜在的感染者は増え続けていると考えられますが、それを黙認して経済活動再開を取っており、経済回復の最右翼となっている状況です。覇権争いという意味でも米国としては当然後れをとるわけにはいかないということになるのでしょうね。

民あっての国ですが国の経済が崩壊すれば民は死ぬといった視点をしっかりと持っているということになります。

スポンサーリンク

時間足上昇トレンド継続中の米国市場

NYDOW時間足

さて短期視点として時間足を取り上げましたが、大暴落後リバウンドが起こり、その後順調な上昇トレンドを築いている状況ですね。

以前に時間足を取り上げたときにこのトレンドが転換したら売買姿勢変更すると述べておりましたが、現状は短期的には基本買い姿勢で臨んでいるということになります。

全値戻しをしていくような展開が来るかどうかはもちろん分かりませんが、大胆な金融緩和政策に一連の財政出動規模から見れば新型コロナウイルスによる経済活動停止が無ければむしろ経済はより強くなる可能性が生じますのであながち絵空事ではないということになるでしょう。

一方で個人消費は3月は前月比7.5%減となる過去最大の落ち込みを示しており、予測されていたこととはいえ現実に数字として出ることによって経済急悪化がマインドを冷やす側面もありますね。

いずれにせよ相場師としてはもちろん自分勝手な先入観を持つことなく、淡々と市場の考えに従うのみであり、私個人としてはこの時間足におけるトレンドが続く限りは短期的には基本買い姿勢で臨むしかないということになりますね。相場師の思考は常にシンプルです。

200週移動平均線から離れていくような圧倒的強さを米国市場が示してくるなら世界市場に安心感が戻ってくることになります。

依然として新型コロナウイルスによって世界において経済停滞している国は多いですから中国、米国に追随していく国々が出て行くといった展開がやってくるかどうか睨みながら米国市場も動いていくということになるのでしょうね。

セリングクライマックスとなるか原油市場

WTI原油日足

原油の大暴落の必然性についてはすでに述べましたね。

その段階ですでにファンダメンタル的、長期的には買い水準に入ったことを述べましたが経済活動再開と世界各地でなっていく方向性が見えてくれば当然ながら原油の需要は増えてきますので短期的な値幅取りタイミングとなるセリングクライマックス局面ということのみならずファンダメンタル的長期的に原油買いをすべきタイミングということになることはこちらもまた必然となります。

ノルウェーが18年ぶりに減産を行うといった珍しい事態となっており、主要産油国とともに原油価格の下支えのための実践をすることなどを見ても異常事態であることは明かなことでしょう。

ロシアはロックダウンを二週間延長し5月11日までとしましたがその後の段階的解除方針を示して経済活動再開課程を提示しており、世界的に少しずつですが経済活動再開が始まる方向性が見えてきておりますのでその方向性が確実となると共に原油価格も上昇をする確率は相当に高くなるということになります。

結果論的に今回の原油大暴落局面がセリングクライマックス局面であったということが分かることになるのかどうか引き続き新型コロナウイルスの情勢に伴う世界各国ロックダウン延長状況、経済活動再開状況に注視しながら相場師としては淡々と動く方向性に実践していかねばなりません。

非常事態宣言の1ヶ月延長を決めた安倍総理

医師会に言われてそこに従ったといった自分の意思なき責任感なき決断をしたように見える安倍総理ですがいずれにせよ彼の決断は経済崩壊を容認して新型コロナウイルスによる目先の死者を減らす選択をしたということになります。

お金より命が大事であるという人たちが多いのでそうした方が支持が得られると判断したということなのでしょう。

しかしこれで経済活動停止によって倒産してしまう企業や自殺を選択する人が増えることになることは確実となりました。

そのような人たちは容認して新型コロナウイルスによる目先の死者を減らすということを安倍総理は決断したということです。

結果どうなるかは分かりませんが、私は新型コロナウイルスによる死亡者よりも経済苦が直接的間接的原因となって死ぬ人が圧倒的な数となると見ておりますし、新型コロナウイルスに関してはすでに世界的に蔓延し、日本も全国展開してしまった状態で潜在的感染者はすでに多数おり、そのほとんどが回復して免疫を獲得しており、非常事態宣言をしようがしまいが関係なく死ぬ人は死ぬし、長期的最終的にはほとんどの人たちが感染して免疫を獲得することになるとみています。

これは数ヶ月後、数年後に結果論的に明らかになることでしょうね。

新型コロナウイルスによる目先の死亡者数は確かに減ったが経済活動長期停滞によって深刻な経済的損失を被り国家経済が衰退し、経済苦で死ぬ人たちが多数となってしまったというような私の将来予測が間違いであったといった結果が出ることを祈りたいと思います。

いずれにせよ、さらに一ヶ月非常事態宣言を延長したわけですから経済活動停滞は1ヶ月延期されることになり、その間に運転資金が確保できない会社はすべて倒産することになるということになります。これは相当に深刻なことですが、果たして国は対価としての全額所得補償をしてくれるのでしょうかね。

それをするなら耐えられる会社も少なからずとなるでしょうが、小出しに一部だけお金を出すだけで非常事態宣言をしており、それを延長している現状であるというのが現実です。

安全な立場で高所から述べることは簡単である

有名人でセレブな方々は仕事が無くなったところで悠々自適ですから今日の糧を得られるかといった危機感を感じることがありませんので新型コロナウイルスの警鐘しか言いませんが、今日まさに生きる糧を得なければならない庶民は経済活動再開がいつになるかは死活問題であり、それに応じて倒産や自殺を選ばねばならない状態になる人も少なからずということになるのですね。

私個人は経済的にはそういう側の人間ですが、何故新型コロナウイルスの警鐘よりも経済崩壊リスクが圧倒的に大きいと述べることが出来ているのかと言えば、それはやはり偽善ではなくまさに目の前のお金が大事である、明日の糧を得るための今日の経済活動が必要な人を知っていて、私自身がそういう立場に若い頃あったからということが大きいでしょうね。

こういった方々の中にも昔は貧しかったという人もいるかもしれないのですが、どうしても自分が十分なお金を獲得できてしまう環境に置かれるとそれよりももっと位が高いものがあるとして偽善を言いたがるというのが人間の性質なのです。お金より命が大事ですから今は働かずに自宅待機で新型コロナウイルスに気をつけましょうという言葉は一見正論かのように思えるのですが、しかし確率的思考から見ると非常に低い致死率でその他の要因による死亡者より相変わらず圧倒的に少ない状況で過剰にも不安や恐怖を煽られている一方で、その煽りを受けて経済活動が停止されて今日生きる糧を得るためのお金が得られなくなった人たち、事業を継続できなくなってしまった倒産した、倒産間近の人たちが日増しに圧倒的に大きくなりつつあるといったことに思いを寄らすことができていない非常に狭窄な視野に陥っているということを詳らかに説明するわけです。

結局自分自身は安泰だからそういう偽善が安易に言えるんですよね

極貧生活な方々はおそらくそう思っていると思います。

私は過去の実体験からそのような人たちの気持ちも分かりますので安易に感染しないように自宅待機しろと啓蒙することは出来ません。

出来る限りそうすべきだと思いますが、それができない人を非難することは決して出来ませんね。世の中余裕のある悠々自適な人たちばかりではないのです。

新型コロナウイルスの過剰な煽りの弊害

新型コロナウイルスに対して過剰にも不安や恐怖を煽り続けるマスメディア以下少なからずの人々によって弊害が多数出ています。

たとえば今日も現場で働いている人たち、医療従事者から物流を担っている宅急便のドライバーまで総じてその家族がいじめに遭ったり、健康診断を拒否されたりしています。感染リスクが高い仕事をしているから自分に近づくなということなのでしょうね。

こういうことが起きるということは感染したら最後死んでしまうと恐怖を植え付けられている人たちが少なからずいるということを証明しており、まさに善意で新型コロナウイルスのリスクを述べていると自称しているがその内実はただの煽り屋となってしまっている人たちによってこういう最も大事な人たちが少なからず迫害を受けているわけですね。

ですから私は何度も何度も繰り返し述べ続けたいと思います。

COVID-19などたいしたウイルスではありません。

インフルエンザウイルスを大きく超えるリスクはありません。

感染してもそのほとんどが回復してしまうものなのですね。

もっともっと危険な致死率の高い病気は無数にありますし、このような人たちを差別するような言動をすべきでは決してありません。

むしろ大感謝しなければならない人たちなのですね。

相変わらず不安や恐怖を煽っている方々はそういうことをされることで被害を被っている人たちもいて、そういう人たちはまさに今日もリスクを負って下さっている大切な方々であるということに少しでも気をかけていただきたいと思います。

経済活動停止によって失う命を思いやることが出来るか

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブラジルのボルソナロ大統領は批判されていますが勇気ある正論を吐いていると私は考えます。

私のミドルネームはメシアス(救世主)だが、奇跡は起こせない

死者が出ることは悲しい状況だ。多くは高齢者だが、愛する者を失った家族に同情する。でもこれが人生、明日はわが身だ 

非常に勇気ある正直な言葉だと思います。

もちろん命は大事ですが、それは新型コロナウイルスにより失う命だけではなく、経済活動が出来なくなることによって失う命というものもあるということへの心配りができていない人物では決して批判を恐れずに言える言葉ではありません。

国民全体のことを考えた一国の宰相とはこのような人物のことを言うのでしょうね。

欧州他国からの大批判にもめげずに独自路線を進むスウェーデン首相も素晴らしいですね。

結果がどうなるかはもちろん誰にもわからないですし、経済崩壊を覚悟して新型コロナウイルスによる目先の死者阻止優先の政策を取る国があってもちろんよいのですが、大事なことは宰相が自らの責任で退陣を覚悟して迅速にこれだという道を進んでいるということです。

日本政府のようにどこどこにおもねりなかなか決定できず遅々とした対応で小出しに変更していくといった中途半端な対応をする責任感のない退陣を覚悟した実践をしていない宰相を持つ国が一番悲惨であるということになります。

もちろん結果日本が一番被害が少ないことになったといった日本の素晴らしい国民性、法律など無くともきっちりと言われたことに従う世界に希有な国民性、別の意味では上に言われたら素直に従属してしまうといった素晴らしくない国民性でもあるのですが、今回のことに関しては素晴らしく機能しており、強制的ロックダウンをしていないのに要請するだけで概ね日本全国閑散としたロックダウン状況を作り出しているのは世界各国政府から見れば異質のうらやましい国民ということになるかもしれません。

しかしいずれにせよ、そんな素直で我慢強い日本人であっても限界があります。

そしてそういう忍耐強い人であればあるほど静かに黙って首を吊る選択をするのですね。

私はその圧倒的リスクを今日も感じています。

新型コロナウイルスとはインフルエンザウイルス同様、末永く付き合い続ける覚悟を決めて早急な経済活動再開を全国で決断すべきだと考えます。

18+
タイトルとURLをコピーしました