本物の医師のために指定感染症指定を外す、上値重い日本市場、史上最高値更新なるかナスダック市場、思考と実践の乖離

相場日記(日々の全体相場観)

新規感染者数が日本においては過去最高数字更新中ということでいわゆる日本国内中心でビジネスをしている内需企業の多くが新安値更新に甘んじている状況ですね。

新型コロナウイルスにおける大きな重しとなっているのは指定感染症指定をしているということです。

世界的パンデミックとなり、いわゆる新種の風邪として圧倒的感染力があるウイルスであることが確定しましたので完全に感染阻止することは不可能であることが確定したわけですが、まさにこの時点で指定感染症指定から外すべきであることは私はもうずっと前から何度も何度も繰り返していましたね。

10年前ほどの新型インフルエンザの世界的パンデミック時も指定感染症指定したのですが、それほど間を置かずに指定感染症から外した経緯があります。

最初の段階では人類存亡上のリスクがあるかもしれないということで指定感染症指定するわけですが、そうではないということが判明した段階においてしっかりと指定感染症から外して風邪として処理して医療崩壊などを起こさずに済んだわけですね。

今回の新型コロナウイルスも新型インフルエンザウイルス同様に政治決断しなければならない段階です。

ところが実際は東京都医師会長がむしろ感染拡大阻止のための強制力罰則を伴った法改正を求めるといった本末転倒な記者会見を開いてしまっており、不安と恐怖を煽りまくっていますので果たして安倍総理が英断できるかどうか厳しい情勢となってしまっていますね。

医師の質も昔に比べて落ちてきているということなのでしょう。

医学は大いに進歩し続けてきたわけですが、それを扱う医師の質は日増しに落ちてきてしまっているというのが実情です。

中にはもちろんこんな新型コロナウイルス程度ではパニックなど起こさない、感染覚悟をした、というより感染しても大抵問題なく回復する故に感染など恐れていない本物の素晴らしい医師もいらっしゃるわけですが、こういった医師たちが恐れていることは感染したら無症状でも軽症でも医師でも隔離されてしまうといった指定感染症指定されているということなのですね。

本物の医師は新型コロナウイルス感染そのものに関しては恐れてはいないですよ。何故なら致死率があまりに低いものでインフルエンザ同様であり、多種にわたるウイルスとこれまでも患者から移されながらも医師として最前線で働き続けているからです。無数にあるものの中の一つでしかないわけですね。

それよりも指定感染症指定されているが故に自分が感染してしまったら隔離されてしまい医師としての仕事ができなくなることを恐れているのです。

ベッド数が足りなくなるといった医療崩壊リスクもありますが、最も大事なことは医師が発熱患者を新型コロナウイルスによるもの以外でもすべて診ることがリスクある状態にあるといった現状なのですね。

ここを改善することが最優先であり、PCR検査など闇雲にしなくてよいですし、休業要請などもしなくてよいですし、強制力を伴った法改正など論外なのです。

そしてそのためには指定感染症から外して覚悟を持った素晴らしい本物の医師たちが感染しても隔離されることなく安心して適切な診断を継続できる体制を整えることが大事なのですね。

いい加減このくらいの簡単なことは共通理解として欲しいものです。

専門家ではない私でさえ容易に推測できてしまうことなのですから。

スポンサーリンク

上値重い日経平均株価

さてようやく私の専門の話ですね。

そういうわけで専門家がコロナパニックを助長する発言をしているわけですから社会的パニックはますます広がるばかりでしょうね。

故に日本市場も多分に影響せざるを得ません。

検査を増やせば新規感染者数は増え続けますので検査を増やせと煽り続けて実際そういう方向性に行くなら当然ながら新規感染者数はその数に比例して増加していくことは必然です。まったくもってつまらない無駄な意味のない数字ですね。

しかしそうやってマスメディアを筆頭に煽り続ければ日経平均株価も上値が重くなっていくのが道理です。

日経平均日足

日経平均株価の日足を挙げましたが、高値更新できずに保ち合いを下離れしてしまった現段階となっていますね。

空売りが高確率で成功するタイミングですね。

目先200日移動平均線で留まって死守して反発し、高確率可能性を打ち消す踏み上げがあるならまた揉み合い形状となりますが、今週はその行方を日々実践しながら探っていくということになります。

基本的にはそれはコロナパニックと米国市場次第ということになりますね。

この兼ね合いで方向性が決まってくるでしょうね。

私は先日述べた通り空売りを実践しているポジションもありますし買いを実践しているポジションもありどちらもそれぞれしっかりと同じ方向性に進んでいる感じですね。

いわゆる異常なほどの二極化相場ということになっています。

この相場が基本的に継続するということになりますが、全体的には売り優勢な銘柄が増えてきており、やはり新規感染者数という無意味なものに過剰に反応していくリスクは出てきているということでしょうね。

上昇トレンド続くナスダック市場

米国市場次第という側面においてはNYDOWは調整局面中、NASDAQは再び史上最高値更新なるかといった感じで週末を迎えており、今週も引き続きこの流れが続くのかどうかということになりますね。

NASDAQ日足

コロナショック後本当に綺麗な上昇トレンドが力強く継続しているプチバブル状況のナスダック市場ですが、結局米国でも第二波が到来し、米国の場合は全州で誰でも無料で何度でも検査できる体制を構築しているために圧倒的な新規感染者数字となっており、この流れに変化がない限り株式市場としても同じような展開が起こっていくのかもしれませんね。

実際EC大手のアマゾンが好業績を出したようにインターネット関連企業はコロナ禍故に巣ごもり消費ということで追い風が続くことが業績的にも裏付けられつつあり、コロナ禍に影響を受けない、むしろ消極的選択とはいっても外出リスクがあり続けることによって相対的にインターネット利用時間が急増し続ける故にコロナ禍が追い風ということになります。

今週もこの流れが継続していき史上最高値更新していく展開となっていくのか引き続き注視していきたいと思います。

思考と実践の乖離

最後までお読みいただきありがとうございました。

今週も引き続きコロナパニック相場といった展開が主軸となりそうですね。

新型コロナウイルスの社会的受容が必須、具体的には指定感染症指定を外す、これを成し遂げない限り、コロナパニックが収まることはないと考えてよいのでしょう。

その最終的に行き着くことになるだろう方向性に一般社会がようやく追いついて達してくるまでにはかなり酷いことになって医療崩壊の一つでも起こってこない限り認識できないのかもしれません。

結局大損して初めて特定銘柄に拘ることの愚に投資家が気づくように、倒産が相次ぎ、自らそういった会社の社員として解雇されていく人が続出していかない限り、医療崩壊して病院が次々と倒産して自分が通院できる病院がどんどん減っていかない限り、つまり自分自身に不都合が起こってくる人たちが多数とならない限り、新型コロナウイルスの社会的受容を決断することは出来ないのでしょう。

出来るだけ早くそうして欲しいので私は阿呆みたいに何度も反復し続けているわけでこれからもしつこくこだわって主張し続けていきますが、相場師としては何にもこだわらず淡々と売り買い問わず実践継続していきます。

この私の思考と実践の乖離は投資家として成功し続けるためには必須の姿勢ということになります。

プロの相場師を目指している方々はぜひとも真似してくださいね。

あなたが新型コロナウイルスに関してどう考えていようとも関係ありません。

あなたがどの銘柄が上がりどの銘柄が下がると考えていようとも関係ありません。

あなたの思考を実践と結びつけては決していけないのです。

それを結びつけてしまうアマチュア投資家たちは総じて売買が緩慢になり、手遅れになるポジション形成となってしまうリスクが相当に高くなってしまいます。

20+
タイトルとURLをコピーしました