多数派の思考

独活日記(相場を生き抜くために)

この世は多数派の思考が通説となっている世界です。

例えば多数派である健常者が問題なく通れる道となっているが少数派である障害者にとっては通ることができないような道があったりします。

サラリーマンとしての当たり前の人間関係性を構築できない少数派な方々は社会性がない異常者として社会から疎外されてしまいます。

郷に入りては郷に従え。

日本では特に顕著ですが世界的にも基本的にはこれが大事となります。

では相場の世界はどうなっているのでしょうか?

今日はこのことを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

相場における多数派

相場における多数派は残念ながら餌食となる方々となります。

飛びつき買い、投げ売りをしてしまうのは常に多数派です。

最後の大暴騰や大暴落といったタイミングで大きな出来高となるのは多数派が感情的に動いてしまうことが大きな要因です。

もうこれは下げ止まるわけがないと感情的になって投げ売ってしまいますし、これは凄いことになると誤解して高値掴みしてしまうのは総じて多くの投資家心理です。

多数が支持する側が優勢になるはずであると思うかもしれませんが必ずしもそうはならない、むしろそうではないことの方が多くなります。

何故多数派が負けるのか?

それは極々少数派である特異な思考をしている、相場を適切に張る精神が出来ている成功し続けている投資家が資金を多く保持しているわけであり、それ故にそういう少数派が支持する方向性が優勢になりやすいからです。

非常に丁寧に述べれば買いたい人が売りたい人よりも多いか少ないかではなく、買いたい資金投下額が売りたい資金投下額よりも多いか少ないかが大事ということになります。

つまり特定の大資金を保有する機関投資家だとかヘッジファンドなどがこちらに持って行きたいと考える方向性が高確率な可能性であり、それは人として見れば極々少数の方々であるというわけです。

そういう意味での少数派が大抵勝つのが相場の真理です。

多数派の思考はいつも流されやすい

また多数派というのはとにかく感情的です。

確固としたものがなく、これがあってはあっちに流れ、あれがあってはこっちに流れとしてしまいます。 もしくは徹底したこだわりを持って行動するために難平を繰り返し資金管理の出来ていない塩漬けポジションを形成してしまいます。

そこに潜む人間心理は自己信頼が出来ていない、もしくは自信過剰であるということになります。

そのために感情的になりやすく、自己信頼が出来ていない投資家は空気に流されやすい行動をしがちとなり、自信過剰な投資家は事実が違うと何度も示されても自分の考えにこだわり続けてしまいます。

多数派の論理はいつも流されやすいということになりますね。

あなたは多数派か少数派か?

あなた自身がどちらに所属している投資家なのか、よく考えてみる必要性があります。

大抵は多数派であることが多いですね。

実際多数いるから多数派なのですからあなたがそうである確率が高いのは仕方がないことです。

多数派の意見は多くの人たちが述べていることですから様々な場で見かけることとなり、そういうものなのだろう、それが基本なのだろうと思いがちである環境がそもそも生じてしまっているからです。

そしてまずはその多数派が述べているとおりにしてみて実際の相場を張っていく中でどうやら間違ったことを述べている、これでは継続した利益が出ていかない現実を経験することによって気づける人が少ないながらも出て行ってそういう人がしっかりと分析検証して思考を変えていけることができた場合に少数派の仲間入りが出来るようになっていくというのが妥当な道筋となります。

最初から少数派であるといった天才トレーダーのような方は本当に極々少数ですから昔の私も含めて多くの投資家たちは多数派であることが多くあなたも多数派の思考に染まっている確率は高いでしょう。

いかにして少数派の仲間入りを果たすのか?

一番お知りになりたいことはこのことでしょうね。

あなたが多数派だと分かったところでそれはどんな相場付きであれ継続した利益を上げ続ける成功し続ける投資家になれるわけではないからです。

多数派の思考に染まったあなたをいかにして少数派の思考、成功し続ける投資家の思考に変えていくのか?

ここが何よりも大事でありそれは相場での成功者の書物を読んだところでカリスマトレーダーの話を聞いたところで成し遂げることは出来ないのですね。

大事なことはそういうことではなくあなた自身の心の問題だからです。

あなたの心を変える

結局あなたの心を多数派思考から少数派思考に変える以外に方法はないのです。

どんな素晴らしい売買手法を知ったところでどんなカリスマトレーダーのセミナーに行ったところで日経新聞を読んでも四季報を読み込んでも、あなたの心が変わらない限りあなたが成功し続ける投資家には決してなれないのですね。

そこを丁寧に教えてくださる方なら良いのですが、多くのその手の相場情報提供者たちは私がこうやって億万長者になっただとか勝率90%の売買手法だとか、これが明日の高成長株銘柄だとかいった投資家の心の問題など全く関係ない話ばかりをするのです。

ですからまずはそういったものから離れてあなたの心を変えることがまず何よりも大事なことであるということを理解してほしいのです。

具体的にどう変えていくか?

さていよいよ本題です。

多数派思考であるあなたがどのようにして少数派思考に変えていけばよいのでしょうか?

まず最初に大事なことは相場関係者が流している日々の相場情報なる無用の長物を一切見ないようにするということです。

依頼心のある投資家は何か情報を頼りにしてしまいがちであるが故、これがなかなか出来ないです。

しかしこれが出来ることがまず何よりも大事ですのでぜひとも覚悟を決めて情報孤独になって欲しいのです。

情報孤独の有用性

情報孤独とは情報をあなたの脳内から一切シャットアウトする環境を作るということです。

私自身数十年、相場を張る上で数多ある相場関係者による経済情報相場情報企業分析情報を遮断してきました。

他の投資家や証券アナリストやら投資顧問やらのマスメディアからツイッターなどの情報機器による特定銘柄などの煽りから始まって経済情勢がこれからどうなるこうなるといった経済評論家やら経済学者やらの間違っても謝罪すらしない無責任な自己主張も完全無視して相場を張り続けて成功し続けてきました。

完全なる情報孤独にすることによってまさに自分自身の売買手法に従いやすくなるのですね。

ですからぜひともあなたも真似してほしいのですが、なかなか出来る人はいません。

やはり経済や企業の将来はどうなるかといった誰かの論理だてたもっともそうな当たりそうな言葉を欲しがる投資家がほとんどなのです。

それが投資家の多数派の思考であるということに気づいてください。

孤独を生き切る

最初は不安になると思うのです。

情報がないと安心できない投資家がほとんどなのです。

自分の手がけている銘柄、自分が仕掛けようとしている銘柄、そういった銘柄の最新情報が気になります。

しかし投資家にとって一番大事なことは適切に売買することなのです。

この当たり前の基本中の基本をもう一度反復してください。

この道は非常に孤独です。

多くの投資家たちは今日も経済情報や銘柄情報をあちらこちらで集めようとしていますから自分も後れをとってはならないといった発想になりやすく、そういった多数派に囲まれた環境で一人孤独に我が道を突き進める投資家というのはどうしても極々少数派となってしまうのです。

この孤独を生き切ることが出来るかどうか?

ここに投資家としての大きな成否があることに気づきましょう。

少数派は常に孤独である

最後までお読みいただきありがとうございました。

多数派の思考は常にその時代において常識、正義というものを強烈に強調していきます。

その環境で常識外の不正義に見える少数派の思考を維持するのは相場に限らずどんな分野においても厳しい孤独が待っています。

なかなか理解されない、声が届かない、次々と批判されていく、そういったことが巻き起こり一般社会においては妥協しなければ生きていけなくなることも多々です。

ただ相場においてはむしろこの少数派思考にならなければ成功はあり得ず、何よりもまず情報孤独となり、淡々と我が道、自分の売買手法に忠実に実践継続できる精神確立を成し遂げることが唯一の成功への道であるということになります。

この私翁の言葉を信じられる投資家はやはり極々少数派でありましょう。

しかしそれでも私が淡々と少数派の正論を述べ続けるのはそれが投資家として成功し続ける唯一の道である真理であることと、理解できる人は極々少数派であることを分かった上で述べ続ける覚悟を決めているからです。

極々少数であっても同じ思考をする仲間が増えることはとても嬉しいことなのですね。

あなたが多数派思考から少数派思考へと変わったとき私はとても幸せな気持ちになります。

このことだけは忘れないでください。

29+
タイトルとURLをコピーしました