社会的受容

相場日記(日々の全体相場観)

続コロナパニック相場

まだ感染者数を信奉している愚かな勢力がいるのですね。 小池都知事などはその最たる人物ということになりました。 一方で日本政府は緊急事態宣言しても有効性はないとしておりそのこと自体はまさにその通りでありそんなことをして国民を煽る...
相場日記(日々の全体相場観)

コロナバブル崩壊、強き米国市場、菅政権への失望

コロナパニック症状に陥ってる人たちは相変わらず多いですね。 専門家であるはずの日本医師会長を筆頭に医者の多数派がこの症状にかかっていて自分で気づいていない状況ですから非常に残念な状況です。少数派の医師の方々のコロナウイルスというもの...
相場日記(日々の全体相場観)

逆回転相場、NYDOW一時30000ドル大台乗せ

さて誰でも儲かる易しい相場が到来しています。 その基本としてあるのはファンダメンタル要因で、世界的な緊急的金融緩和と大規模財政出動が世界的な金余り状態を形成し物の価値を高めており、物の一つである株もまた底堅く推移させる確率を高める時...
相場日記(日々の全体相場観)

コロナショック第二弾、一人勝ち中国、大統領選後

欧州などでは再び都市封鎖、ロックダウンが新型コロナウイルス感染拡大によって実践されてきています。 愚かなことですね。 新型コロナウイルスはもう新種の風邪であることが明らかになったわけですから感染拡大阻止は絶対に不可能なのです。...
相場日記(日々の全体相場観)

コロナバブル崩壊、デジタル庁相場、不穏な大統領選挙

新型コロナウイルスの社会的受容、もう私が何か月も前から言い続けていることですがようやく大衆も煽り屋であるマスメディアの洗脳から解かれつつあり、家族連れで旅行に出かける人も増えてきました。 もちろん積極的に感染リスクを冒すことはないで...
相場日記(日々の全体相場観)

デジタル庁とコロナパニック

菅総理大臣が誕生し色々と動き始めましたね。 基本的に安倍政権の踏襲ということで良さげですが、その中でもデジタル庁設立といったことは面白い試みということになるでしょうね。 コロナ対策としての指定感染症指定から外すといった英断は依...
相場日記(日々の全体相場観)

指定感染症指定を外すことは出来るか?

私が何か月も前から主張し続けてきたことがようやくここにきて政府が検討を始めたということになりましたね。 やはり迅速をもって良しとする相場師である私翁は迅速すぎるということなのでしょう。 いずれにせよいち早く指定感染症指定から外...
相場日記(日々の全体相場観)

逆回転相場はあるのか?

コロナ禍が続くと最大の影響となる業界がいわゆる悪材料出尽くし買いのような展開になる可能性として私は逆回転相場というものを提示しているわけですが、米国では元々問題があったところでのコロナ禍による強制的需要急減によって危機になっている代表的な...
相場日記(日々の全体相場観)

コロナ禍強制的ネット時代到来

任天堂の圧倒的四半期業績数字は驚愕でしたね。 巣ごもり消費の大本命の一つということでコロナ禍が続くなら自宅であつ森三昧ということなのでしょうね。 私個人はテレビゲームはしませんが、任天堂株は昔から何かとお世話になっていますので...
相場日記(日々の全体相場観)

空売り機会、専門家のパニック症状、愚かなコロナパニック再び

空売り機会が到来しているといったところですね。 きちんと売り玉を積み上げることが出来ているでしょうか? いわゆる順回転相場、酷い業績を見てさらに次四半期以降も第二波で相変わらずパニックを引き起こす煽り屋たちによって業績悪化が続...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました