逆回転相場の到来

相場日記(日々の全体相場観)

逆回転相場が主軸となっていくのでしょうか。

実際その指標銘柄は直近高値を更新し続けるようになってきています。

ワクチンの投与日程が決まってきて実際に投与が始まりつつあることで安心感を呼んできているということなのでしょう。

もうずいぶん前に私は述べておりますが、ワクチンがきっかけとなってコロナパニックからの脱却、新型コロナウイルスの社会的受容へ向けて進むことを祈りたいと思います。

ワクチンでコロナに感染しなくなるということは絶対にありません。

従って最終的には世界中の人々が新型コロナウイルスを受容する時代、社会的受容が必須となります。

いつかはここに至ると迅速性を大事にする相場師である私はコロナショック時からすでに述べ続けているわけでこのことは確実に成ることですが、それがいつになるのかということが非常に大事な状況となっています。

残念ながら日本では相変わらず指定感染症から外されることなく何か圧倒的致死率であるかのごとき扱いが為され続けているといった異常状態です。

コロナワクチンを医療関係者、そして高齢者の方々に投与していくことはすればよいことですが、その前にやはり新型コロナウイルスに対する認識を法律面から変える指定感染症指定から外すことをいち早く実践すべきでしょう。

もう十分に世界中で症例データが出て人類存亡上のリスクとなるような致死率にはない風邪であることが確定したのに未だこの現状においているのは日本政府もまたコロナパニック状態にあると断言せざるを得ません。

何度も何度も繰り返していますが実際に実践するまでしつこく私は述べて啓蒙し続けていきたいと思います。

スポンサーリンク

逆回転相場の到来

ようやく逆回転相場が到来している感じです。

いわゆるコロナ禍で最悪な状況となっている業界の売られすぎが一気に修正されていく相場ということですが、ワクチン接種開始がきっかけとなって新型コロナウイルスの社会的受容がようやく始まることによってコロナパニックの脱却が進む可能性を織り込みつつあるということなのでしょう。

ここはむしろ今まで我慢してきた反動で大きく過熱して動き出す可能性がありますね。

インターネットが悪いとは言いませんし、一定の補助的な役割としてのものは認めますが、やはり人間的生活、実際に顔を突き合わせて取るコミュニケーションの有用性は有史以来人間が継続してきた大事なことであり無くなることはあり得ないということになります。

ビジネスの側面でもやはりZOOMではなく顔を突き合わせた上での人対人の交渉というものが大事な局面というのを排除することは出来ないのですね。

国と国との外交など政治は特にそれが顕著であり、残念ながらオンラインでは相手の言葉のニュアンスや機微を察することは難しいのです。

そういう意味で人は国際的に互いに面と向かって交流し続けなければならない動物ということになります。

相場師としては淡々と市場の考えに従い続けるだけですが、逆回転相場が到来しそれがどこまで続くのかその流れを見極めて行かねばなりません。

コロナ変革バブルの崩壊と同時進行といった形ですが、いずれにせよコロナパニック部分は修正されてしかるべきであることは間違いありませんね。

相場環境は良好

長期金利が何たらかんたらと後付け講釈が為されていますが、この辺は当然の結果であり、現状ではそれほど気にすることはないだろうと見ております。

要するにコロナパニックによってロックダウンを愚かにも繰り返している国々が多数ですのでそのことによる経済破壊の緩和のために緊急的金融緩和に大規模財政出動が為され続けていることが大きく、実際米国では200兆円規模のコロナ対策を講じることが確実となっています。

バイデン政権下においてもトランプ政権を踏襲した経済政策を基本とすることは間違いなく、財政規律派が大きな声を出せないコロナパニック環境にあることが結果として功を奏している状況ということになりますね。

この状況が続く以上上昇トレンドが形成され続ける確率は高いということになります。

ただしビットコインの暴騰にもあるように金余りが異常になってきてしまうと気を付けなければならなくなっていきます。

ビットコインは1ビットコイン1000万円でも0.1円でも何も不思議ではない無価値通貨ですからバブルもバブル崩壊もありませんが、こういったものにまで資金が向かってしまうということは金余りの状況が著しいということになり、コロナ禍からの脱却と共に金融政策、財政政策の調整をどのように行っていくか、世界、特に米国の舵取りが大切になってきておりしっかりと注視していかねばならないのでしょう。FRB、バイデン政権の取り組みには要注目です。

成功し続ける投資家としての精神確立

最後までお読みいただきありがとうございました。

個人的にも相変わらず多忙な日々が続く易し過ぎる相場、活況相場となっています。

この相場がいつまで続くのか、それは私には全く皆目見当が付きません。

そろそろ反落すると自分勝手に判断して安易な仕掛けをしてしまう投資家は少なからずなのですが、それはいつも市場の考えよりも自分の考えの方を採用してしまっているというだけの話です。

それだけの話なのですが、人はどうしても自分の考えにこだわりがちとなってしまいます。

まさに自我というものがあるということを信じたいというのが人間の性なのでしょう。

投資家として成功し続けるための精神確立とはまさにこの自分自身の思考というものからの解放が出来る状態になれるかどうかということになりますが、残念ながら相場界隈では多くの相場の素人たちが相場のプロと称してあの銘柄がいいこの銘柄がいい、相場がどうなるこうなる経済がどうなるこうなる、これからはこの業界がどうだこうだと御託を並び立ててばかりで自分自身の心に目を向けることを推奨する人は皆無で銘柄推奨ばかりとなってしまっています。

そして実際そういった情報がほとんどの投資家の関心を呼びますので投資家を集め有料情報としても儲かるということになり、商売は需要と供給の一致が原則ですからますますそのようなくだらない投資家のためにならない情報ばかりとなってその悲しい現実が今日も変わらないということになります。

私も微力ながらそこに抵抗し続けていますが、残念ながら私の言葉を理解し、実践継続している投資家は少数派であり続けています。

相場は少数派が常に勝つということを考えると結局相場の真理が私が述べていることであると確定するなら私の考えは少数派であり続けることになるということの証明ということにもなるのでしょう。

この矛盾、つまり広く投資家の常識となって欲しいと思っている私の考えが常識となった段階では相場は少数派が常に勝つという意味では勝てない思考になってしまうといったことに対してどう対処していけばよいのか、この辺は私自身の永遠の主題ということになりますね。

多忙な易しすぎる相場が現状続いていますが、続く限り市場の考えに従って淡々と売買していきましょう。

+17
タイトルとURLをコピーしました