コロナバブル

相場日記(日々の全体相場観)

コロナバブル崩壊、デジタル庁相場、不穏な大統領選挙

新型コロナウイルスの社会的受容、もう私が何か月も前から言い続けていることですがようやく大衆も煽り屋であるマスメディアの洗脳から解かれつつあり、家族連れで旅行に出かける人も増えてきました。 もちろん積極的に感染リスクを冒すことはないで...
相場日記(日々の全体相場観)

コロナ禍強制的ネット時代到来

任天堂の圧倒的四半期業績数字は驚愕でしたね。 巣ごもり消費の大本命の一つということでコロナ禍が続くなら自宅であつ森三昧ということなのでしょうね。 私個人はテレビゲームはしませんが、任天堂株は昔から何かとお世話になっていますので...
相場日記(日々の全体相場観)

コロナバブル崩壊、コロナパニック継続、順回転相場となってしまうのか、消費税減税急務

いわゆるコロナバブル相場は個別差はあるものの概ね崩壊過程にありますね。 米バイオベンチャーのモデルナや米製薬大手のファイザーなどが世界最大の新型コロナウイルスの新規感染者数を叩き出していることによって症例データが積み重なり、政府から...
独活日記(相場を生き抜くために)

コロナバブル相場崩壊

コロナバブル相場崩壊銘柄に関しては気を付けてくださいね。 いわゆるバブル時高値を一度つけているのでその高値からは十分に下がっているからそろそろ反発するだろうと色気を出して買い推奨する相場の素人たちは多いですが、それが成功裏に収まるこ...
相場日記(日々の全体相場観)

新種の風邪、中国経済、四種の相場、社会的受容必須

東京では過去最高の新規感染者数となったそうですね。 いわゆるコロナ第二波が到来しているということなのですが、結局新種の風邪に過ぎないものがまた感染拡大し出して大騒ぎの構図ということになります。 マスメディアは自己反省なき煽情主...
相場日記(日々の全体相場観)

コロナバブル崩壊とナスダック連動型相場

ナスダックが上昇トレンドを維持し、いわゆるナスダック連動型相場といったものが続いていて、日経平均株価上昇への寄与もいわゆるネットハイテク銘柄がけん引している状況ですね。 一方でコロナ第二波が米国でも日本でも起きており、マスメディアは...
相場日記(日々の全体相場観)

コロナバブル崩壊続く、巣ごもり投資家の淘汰、最高値更新なるか中国市場、社会的受容は依然少数派

コロナバブル崩壊は続いていますね。 そもそも異常割高、異常乖離状態にある銘柄が多かったですので必然ですね。 相場師にとっては異常性は大好物ですし往復でしっかりと取っていく技術を持っておりますので非常に分かりやすい相場においては...
相場日記(日々の全体相場観)

コロナバブル崩壊、200日移動平均線の攻防、孤独な時代

コロナバブル崩壊は順調に起こりつつあるというところですね。 ワクチンや抗ウイルス薬は世界中で開発競争が熾烈となっており、そこで成功を収めることは大手製薬企業であっても難解なことです。そしてそもそも論として世界的パンデミックとなったと...
相場日記(日々の全体相場観)

底堅き米国市場、国際的な人的行き来始まる、新型コロナウイルス感染再拡大だが社会的受容しよう

基本的にコロナバブル崩壊は間違いないと私は見ておりますし実際ワクチン開発だ抗ウイル薬開発だといった世界的競争の激しい中で勝ち残るのは非常に厳しいですので現株価のような企業価値創出は100年後でも不可能な水準でやりすぎであり早晩崩壊するだろ...
相場日記(日々の全体相場観)

個別相場のコロナパニック

NYDOWの調整局面とNASDAQの上昇トレンドの乖離は面白い現象ですね。 相対的にNASDAQ市場の方がいわゆるネット関連銘柄、そして過小資本銘柄が多いですから社会的なコロナパニックからの第二波による再ロックダウン可能性による経済...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました