緊急事態宣言全面解除、支持率急落させる安倍政権、新型コロナウイルスの社会的受容急務、厳しい日本国内経済継続

徒然日記(相場以外の話題も)

さて緊急事態宣言は全面解除となりそうです。

【ノーカット】「緊急事態宣言」全面解除 / 安倍総理記者会見

そもそもやる必要性があったのか?といった疑問は尽きないわけですが、この辺は結果論であり批判すべきことではありません。私自身はある程度世界的感染拡大は間違いないが人類存亡上のリスクは全くないという立場を最初から一貫して述べており、実際にその通りの展開となっている現在で、緊急事態宣言などのロックダウン的な政策はまさに最初の初動でならやってもよいかもしれないことであり、日本政府が遅ればせながらのタイミングでやったことは間違いであると述べ続けてきておりそれは正鵠を射ている結果となりました。

まあそういった当たった当たらないはどうでもよく、大事なことはこれからのことですね。

スポンサーリンク

緊急事態宣言全面解除したから全てが上手く行くわけではない

緊急事態宣言全面解除は祝着なことですね。

これがあったからやむを得ず休業していたといった人たちが再び営業再開出来るようになったという点で良いことだからです。

ただ、これで客足が一気に戻るということはないでしょうね。

一度外出自粛を味わった人たちの多くは相変わらず新型コロナウイルス感染リスクを恐れてなるべく外出をしないように心がけるのが当然の人間心理だからです。

つまり休業したところが再開しても人手が少なく稼ぎずらい状況は継続するだろうことが予測されるというわけです。

故に私はもう何度も何度も繰り返し提言してきましたが、全額所得補償を国が早急にやらねばならないと述べているわけですね。

しかしこちらは一切安倍政権はやろうとしませんね。100年に一度の危機と述べながら、消費税減税なども大きく減退した消費意欲を取り戻すのに有効ですが、こちら雲散霧消状態です。

要するに安倍政権の日本ラースト政策は全く変わっておらずここが変わらない限り日本国内経済が救われることは決してないということになります。

支持率急落させる安倍政権

ということでようやく支持率が急落してきたということになります。

今更遅いとも言えますが、これほどに日本ラースト政策に邁進してきた政権を長期に維持させ続けてきた日本国民の安倍政権支持者たちは大きな責任を感じるべきであるということになるでしょうね。

自己反省なくしてただ政権批判をするのは同じ過ちを繰り返す可能性が高まるという意味でナンセンスです。

まずは自分自身何故安倍政権を支持してきてしまったのかといったことをよく考えてみることです。

インターネットの支持者とやらの情報に洗脳されてしまっていたのか、他に代わりがいないといった日本人には安倍総理より劣る人物しかいないかのような錯覚を起こしてしまっていたのか、野党が気に入らないから無能だからその逆説的な支持となってしまっていたのかよくよく自分自身の思考を省みてみることがとても大事です。

政治は国民の選択次第です。

政治家の人柄やら顔やら性格ではなく、政治家が語る言葉と実践の一致不一致、その言葉の正誤、そういったものを重視して国益になる本物のプロの政治家を国民が選べるかどうかが鍵となるのですね。

現状は不倫もしない金儲けもしない、要するに私欲のない性格温厚で誠実そうに見える人が素晴らしい政治家であるとして選んでいる節が見え隠れしていますので政治家を選ぶときの優先順位が間違っている国民が多い故にそれに応じた人間しか政治家になれていないというのが実情です。

国民のレベル程度の政治しか出来ないのが民主主義国家の宿命ですからここを我々一人一人の国民が真剣に考え改善しない限り同じことが繰り返されるということになります。

今回の新型コロナウイルスによって本当に困窮することになる人たちが増えて、そこで国の遅々とした対応を実感して初めて理解したといった人も多いでしょうが、そこでただ政権批判に興じるのではなく自分自身への反省を是非ともしていただきたいととっくの昔に安倍政権への支持を止めていた先輩である私から助言しておきたいと思います。

お金儲けを馬鹿にしてきた者たち

お金儲けはとても大事なことなのですね。

それを今回の新型コロナウイルスでは身にしみて堪えた人も多いことでしょう。

お金儲けは卑しいことである。ボランティアこそが素晴らしい。

そのような理想主義で実際は自分自身がお金に困ったことがない生活をしてきただけのことで今日も貧困に苦しむ人たちが見えてこなかった人たちが多かったということになります。

しかし実際はこんな一ウイルスによって経済活動が破壊されてしまうような戦時状態になり得るわけです。

今も相変わらず命が大事だ、STAYHOMEだのと偽善を語る人たちが多いですね。

そういった人たち自身は今日の糧を得るお金はすでに持っているからそういうことが言えるのです。

そうではない人たちにとっては今日まさにSTAYHOMEしている暇がないのです。

このことへの理解をしている私を含め少数派な人たちは決してSTAYHOMEなどとは言えないし、感染リスクを負って仕事に出て行く人を批判することも出来ませんね。

感染リスクを避けるためには不要不急の外出は出来得る限り控えるべきですが、それが出来ない人もいるということへ想いを及ぼすことができない人たち、お金儲けを馬鹿にしてきた者たちは消えてほしいと私は痛烈に批判しておきたいと思います。

相場は調整局面続く

相場に関しては現状言うことはない、節目には来ていないために逐一述べることがないということになりますね。

調整局面が続いているということになります。

NYDOWは200週移動平気線の攻防となっており、いわゆるレンジ相場が続いています。今日現在においてはそのレンジ上限に来ているかなということでそこを大きく上抜けていけるかどうかといったところでしょうが、米国においては新型コロナウイルスにおける感染者数、死者数が世界最高となっており、もちろんこれは圧倒的な検査態勢を整えて検査をしているからといった理由もありますが、いずれにせよこういったものが落ち着いてくるまでは一進一退の攻防が続く可能性は高いということになるのでしょう。

個別においては逆回転が続いているということになります。それは以前ここで述べておりますね。

新型コロナウイルスの社会的受容

新型コロナウイルスに関しては決して根絶されることはなく、社会的受容をすべき段階に入っています。

インフルエンザ同様の扱いにすることに世界中で最終的になるということは私はもう何度も何度も述べ続けており、事実そうなっていく方向性がこれからやってくるでしょう。

世界中の多数が感染してそのほとんどが無症状、軽症状で回復し、免疫を獲得していきながらワクチン完成、抗ウイルス薬も完成させて重症状者に対応し、しかしそれでも毎年一定の死亡者は出しながらも末永く付き合い続けていくウイルスになると私は考えています。

幸い致死率が小さいウイルスでしたから人類は普通に受け入れて対処できることでしょう。

後は世界中の人間個々がインフルエンザ同様に社会的に受容していくことだけであるということになります。

マスメディア以下、多くの煽り屋によって不安や恐怖が煽られてしまっていた状況から社会的受容をしていくのは時間がかかる可能性が高いですが、それでも結局はそこに行き着くことは間違いないことでしょうね。

毎年インフルエンザは変異しながら世界的に流行させ続けて少なからずの死者数を出し続けてきたわけですが、社会的受容されていたので特に大騒ぎすることなく経済封鎖もなく何事もないかのごとくに淡々と医師によって基本は風邪同様に対処されてきたわけですが、今回の新型コロナウイルスも同様に指定感染症から外し、風邪同様に対処されるようにすることが何よりも大事であり、即実践しなければならない法律上の対応ということになります。

日本国内経済は厳しい状況が継続する

最後までお読みいただきありがとうございました。

日本政府は遅々とした対応でありながら日本国民の素晴らしい対応によって世界的に見ても最小限の感染者、死亡者に押さえ込めている現状があります。

日本人の衛生管理、家で靴を脱ぐ習慣、元々の既存のコロナウイルスとの付き合いによる免疫、等々今回の新型コロナウイルスに対しての適応力の高い民族が日本人であったといったことが結果論的にわかってきており、その細かい検証はいずれ行うべきなのでしょうが、こういったことが重なって日本は現状新型コロナウイルスに関しては大きな被害ということにはなっておりません。

その一方で経済的には医療業界、飲食業界、旅行業界などを中心に多くの業界で深刻なダメージを受けている現状となっており、相変わらず新型コロナウイルスに感染してはならないという意識が国民に植え付けられている状況では人と密にならざるを得ない業界における経済的損失は継続すると考えておかねばならないでしょう。

何度も繰り返しますが全額所得補償を国がやることがとても大事ですね。

消費税減税も非常に大事となります。

しかしどちらも日本政府は全くやる気はなさそうですから相変わらず厳しい日本国内経済が継続する可能性は高いと見ておかねばならないでしょう。

非常に残念なことですが日本ラースト政策に邁進している安倍政権ですからある意味では当然の冷酷な日本国内で生きる人たちへの対処ということになりますね。

17+
タイトルとURLをコピーしました