逆回転する株式市場

相場日記(日々の全体相場観)

日経平均株価は20000円の大台の攻防となっています。株式市場においてはすでに新型コロナウイルスへの過剰なまでの不安や恐怖は世間一般に先んじて収まろうとしています。

相変わらず株式市場は先行指標としての役割を果たしているということでしょうね。

本当に少しずつですが変化が生じてきています。

今日はこのことを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

逆回転する株式市場

個別銘柄を取り上げて何だかんだと述べることは私は絶対に致しません。

ただ物色の流れとして逆回転が始まっています。

どういうことかというと新型コロナウイルス蔓延によって業績向上が見込めるもの、消去法的な選択で買われていたものが売られ、逆に業績悪化が見込めるもの、非常に厳しい状況と見なされていたものが買われるといった逆転現象が直近出ています。

新型コロナウイルスが人類存亡の危機となるようなウイルスではないということが世界的に分かってきて、まさにやり過ぎの逆回転が起こっているということになるでしょう。

私はもう最初から過剰な不安や恐怖に煽られている状況であると述べ続けてきましたがようやくそのことが世界的に認識されてきているといった展開となってきたのは世界経済にとって祝着なことですね。

結局結果論的にはスウェーデンの方式が正しかったということになりそうです。

少なくとも株式市場はそれを織り込む相場、逆回転相場が直近起こっています。

世界的経済活動再開

中国はすでに経済活動再開しています。新型iPhoneSEなどが発売されており、それは中国工場で生産開始していることを意味しており、アップルショップも中国全土ですでに再開してそれを維持しています。

新型コロナウイルスは恐らく感染拡大しているものと思います。完全に根絶することは不可能でしょう。しかし中国はそれを容認した上で経済活動を再開させることを選択したということになります。

米国もまたすでに経済活動再開への動きとなっています。

ドイツも動き出しました。

その他の国も確実に動き出すことでしょうね。

日本は所得補償などほとんどしていない状況ですから早急に動き出す必要がありますが現状では遅々とした動きとなっていますね。ただいずれ決断する瞬間は来ることでしょう。

世界的に経済活動再開が始まりだしており、以前に述べたとおり新型コロナウイルスに対する社会的なネガティブクライマックスが到来しているということになります。

新型コロナウイルスの社会的受容への覚悟

新型コロナウイルスCOVID-19は人騒がせなウイルスでしたね。

しかし実際に大騒ぎをしていたのは命が大事だ論者ばかりでした。

いや実際命は大事なのですが、新型コロナウイルスによるリスクに対してだけの命ではなくその他多くの事象における命も大事であるということをすっかりと忘れてしまって新型コロナウイルスだけにこだわってしまい、世界的パニックになってしまったというのが実情です。

初動においてそれを述べることは許せます。

未知なるウイルスに対してどういったリスクがあるのか何もわからない状況ではまさに国の宰相の責任を元にした政治的決断をするしかなく、もしかしたら人類存亡のリスクがあったからです。しかし実際には発生国中国が実験台となり、その致死率がその正確性に疑問があったとしても一応報告されており、世界的感染拡大はある程度やむを得ないものの、人類存亡上のリスクはないことがとっくの昔にあきらかとなっていました。

ところが世界各国結局自分自身で体験しないと理解できない人たちが多いということを今回奇しくも証明したというわけですが、いずれにせよ人類は新型コロナウイルスの社会的受容への覚悟を決める段階に来たということになります。

インフルエンザ同様に上手く付き合い続けるしかないということになります。

収束はするが終息はしないということを理解する必要性が全人類にありますね。

もちろん不安や恐怖を感じる必要性はありません。

何故なら致死率はあまりに低い状況だからです。もっと高い致死率の病気は無数にあります。

私の考えの吐露はあなたの精神を鍛える

最後までお読みいただきありがとうございました。

相場は逆回転現象が起きています。

新型コロナウイルスへの過剰なる不安や恐怖による値動きを修正する相場が来たということですね。

相場師としてはその市場の考えに従って淡々と動き続けるだけです。

手前勝手な新型コロナウイルスが長期化するから売りだとか経済活動再開するから買いだとかいった先入観を持つことなくただ市場の考えに従って機械的に実践継続してください。

私が相場に関して述べていることは私のその日現在における最新思考です。

ここで私があなたに知ってほしいことは私の考えが正しいか間違っているかということではなく私は私がどのように考えているかに関係なく、市場の考えに従って売買しているということです。

ここを決して忘れないということを大前提としてあなたも私の考えを読んでみてください。

一つ一つがあなたの精神を鍛えることになります。

成功し続ける投資家としての精神確立を誘えるように私は今回の新型コロナウイルスに関しても別の角度、別の視点、マスメディア以下巷ではほとんど言われないような思考というものも提示して狭い考えに固執しないあなたの精神確立を誘っています。

もちろん一朝一夕で行くことではなく、しかし実のところある日突然まさに前方の視界が開けたかのようにきっかけを掴んで一気に精神確立が進む投資家もいますが、いずれにせよ諦めることなく怠ることなく、継続してくださいね。

新型コロナウイルス騒動は投資家にとっても単純に収益機会ということのみならず、相場を張る心構えを養成するための良き教材となっていますね。

24+
タイトルとURLをコピーしました