相場日記(日々の全体相場観)

大発会

新年あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願い致します。 何とか生き残ることが出来ました。 相場師として生き残ることには確固たる自信がありますが、生命として生き残ることは確率的には年々厳しくなっていくのは長生...
相場日記(日々の全体相場観)

来年の展望

さて本日大納会を迎えます。 今年も易しい相場で終了するといったところですね。 そしてこの時期は毎年来年の相場がどうなるこうなるといったことが相場の素人先生方によって公開されます。 私の場合はそのような評論家ではありません...
相場日記(日々の全体相場観)

今年の反省

今年の相場もいよいよ終了の刻が近づいてまいりましたね。 私もしっかりとキャッシュポジション厚く、また来年は変なポジションへのこだわりを持つことなく一から新たな気持ちで適切な売買が出来るような状態にすでに整えています。 来年株価...
相場日記(日々の全体相場観)

弱毒化するコロナ、相場概況

オミクロン株はとんでもない感染力のあるコロナ変異株だと相変わらず不安と恐怖を煽っている方々が少なからずですが、結局こういう人たちは最後の最後まで感染力と致死率の反比例の法則を理解せぬままにいるということになりますね。 基本的論理的に...
独活日記(相場を生き抜くために)

べき論からかもしれない論へ

多くの投資家は自説に執着しています。 まるで評論家を見ている感じですね。 決して自己批判をせず他人批判ばかりで自己主張を貫き通し、論破することだけが生きがいと言った無駄な人生を過ごしているのは自由とはいえ軽蔑の念しか沸きません...
独活日記(相場を生き抜くために)

投資家にとって一番大事なこと

投資家にとって一番大事なことは何でしょうか? 多くは銘柄選択だと答えます。 少し賢くなると売買手法だと答えるようになります。 さらに洗練されてくると資金管理だと答えられます。 そして私翁はもちろん昨今話題のメンタリ...
独活日記(相場を生き抜くために)

分かること分からないこと

相場を何でもかんでも分かる必要はありません。 というより何でも分かるかのごとく述べる人たちはすべて相場の素人ですね。 何故かと言えば相場を張り続けていけばこんなことはすぐ分かることだからです。 相場を分かる必要はないとい...
徒然日記(相場以外の話題も)

いわゆる破綻論

人の不安を煽る商売としていわゆる破綻論を振りまく方々というのが今日も存在しています。 昔から変わらないのですが、確かに不安を煽ることによって多くの人たちの関心を呼ぶのですね。 相場でも同様ですが、現在においてはどのようなものが...
独活日記(相場を生き抜くために)

怒りの作用

人間だれしも怒ることがあります。 その感情の起伏のきっかけは様々ですが、いずれにせよ怒ります。 相場でも同様です。 相場を張っていて怒りが生じることは頻繁に起こります。 従って怒りの作用をしっかりと認識しておく必要...
独活日記(相場を生き抜くために)

発想の転換

今日も多くの投資家たちはこの銘柄がいいあの銘柄がいいとやっていますね。 その根底に潜む投資家心理はまさに自分で考えて選択した銘柄で大利を得て大成功を収めたいという欲求があるということになります。 しかし問題はその投資家の心にあ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました