独活日記(相場を生き抜くために)

売買手法

どんな売買手法が良いだろうか? 多くの投資家達が今日も迷い続けている最大の関心事でしょうね。 ところがこのことに関してすでに回答は出ています。 優位性のある手法の中から自分で選んで使えばよいということです。 優位性...
相場日記(日々の全体相場観)

米国市場の行方

トランプ大統領誕生以降のNYダウ週足を挙げました。 今日はこのチャートを見ながら米国市場の行方を考えてみたいと思います。 基本的に上昇トレンド 見れば容易に分かるとおりトランプ大統領誕生以降、ここまで一貫して上昇...
独活日記(相場を生き抜くために)

経営者の言葉

私も上場企業の経営者の言葉を多く見てきました。 パワーポイントで描かれた決算説明資料なるプレゼンテーション資料には薔薇色の業績目標や指数関数的成長曲線が載っていることがほとんどです。 このような経営者が語る言葉について今日は考...
徒然日記(相場以外の話題も)

トランプ大統領の真似をせよ!

トランプ大統領が昨日まで来日なさってましたね。 彼は熱狂的な支持者と熱狂的な批判者がいるどうであれ大人気人物です。 日本にいらっしゃって安倍総理とゴルフをしたり食事をしたり、天皇陛下に拝謁したり大相撲を観戦したりとあれこれなさ...
徒然日記(相場以外の話題も)

メイ首相辞任に思う

メイ首相が6月7日に保守党党首を辞任することを決断しましたね。 英国のために尽くし、英国民の多数決による決断を尊重し実現するべくEUと英国議会の板挟みに遭いながら妥協し妥結しようと試みましたがEUとの合意を英国議会で合意することが出...
独活日記(相場を生き抜くために)

銘柄選択

株式投資をしようと思い立ったときに多くの人たちが直面する問題はいつも銘柄選択です。 しかし私はこのことがいつも不思議でならないのですね。 何故なら私は銘柄選択など後回しだからです。 どんな株を買えばよいのかの銘柄選択での...
徒然日記(相場以外の話題も)

英国のEU離脱

メイ首相自身が進退を賭けてEU離脱法案への賛成を迫ったが残念ながら否決され混迷を極めている状況です。 グローバリズムを信奉する、そこに大きな利害を持つ勢力がその代表格でもある世界の大手メディア企業を使って大いにEU離脱の懸念を様々な...
相場日記(日々の全体相場観)

インド市場歴史上最高値更新

これからの時代はインドの時代ですね。 まことしやかにそう言われていますが確かにその潜在能力は高いです。 インドSENSEX週足 上昇トレンド継続中 歴史上最高値更新中 株式市場は実際に評価され続けており米国...
相場日記(日々の全体相場観)

再始動

自分自身の失態に落胆し脱力感がまだ残っている感じです。 しかしいつまでも嘆いていても仕方がなく、これをよい機会として勉強してどうしたら同じ過ちを繰り返さないかを考えました。 そして自分でやっていくしかない、またそれは普通にブロ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました