独活日記(相場を生き抜くために)

相場を張る上で信じている指標

相場を張る上で何を信じていくのかということは全ての投資家たちにとって大切なことです。 巷では相場のプロと称する素人たちが今日も喧々諤々ああだこうだと理屈を述べ続けています。 ドル円だけでも円安がどんどん進むと述べる方と円高に急伸していくと述...
相場日記(日々の全体相場観)

戦争屋バイデン国家観無きエリート自助時代空前相場

昨年の来年の展望で述べた通り基本買い姿勢で向かっている私翁ですがいきなり利益が次々と出ていく展開となり驚いています。 新NISA開始を煽る向きや米国市場の急騰もあり、可能性は高かったとはいえここまで一気に急伸し過ぎているといったところですね...
相場日記(日々の全体相場観)

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願い致します。 結局今年も生物として何とか生き残ることが年初においては出来ています。 北陸地震が起こり地震大国日本としての日々は変わらぬ中で当たり前の自然の脅威、自然に対する畏敬というも...
相場日記(日々の全体相場観)

来年の展望

植田日銀総裁は適切な判断によって現状維持をしましたね。 緩慢な利上げ方向性といったものを堅持した今年最後の日銀会合となり、ネガティブサプライズは起こらずということになり円高急進の行き過ぎ修正が入っている直近といったところです。ただまあ短期に...
相場日記(日々の全体相場観)

今年の反省

今年もいよいよ終わりが近づいてきていますね。 きちんと一定の利益を出すことが出来たでしょうか? それが出来ようが出来まいが関係なく常に自己反省をしていくことは大事なことです。 ただ流されるままに買った売ったをやっているだけの投資家が生涯成功...
独活日記(相場を生き抜くために)

タイミングと間

結局相場を張る上で技術的に何が大事かと言えばタイミングと間を計ることに尽きるということになります。 お笑いでいけば優れた技術を持つ突っ込みの方の人たちに通じるものがあるのではないでしょうか。 仕掛けタイミング手仕舞いタイミング、その適切な瞬...
相場日記(日々の全体相場観)

年初来高値更新する米国市場

イスラエルにおける戦争は再び再開されましたね。 これはバイデン政権であり続ける限り不変でしょう。まずはこの純然たる事実を世界中のすべての人たちが理解しなければならないのですが、不思議とマスメディアを中心に沈黙なのです。 ウクライナもイスラエ...
徒然日記(相場以外の話題も)

夜空を見上げてごらん

今年も終わりが近づいてきましたね。 今年は異常気象で老体には厳しい年でしたがここまで何とか生き残ることが出来ています。命尽きるその日まで相場を張ると言うのがプロの相場師としての当然の使命であり、どんな分野の世界の方々でもやはりそこに生涯邁進...
徒然日記(相場以外の話題も)

相場師になって悪かったこと

さて天邪鬼な私翁でございます。 先週は新NISA販促広告活動をしたかのような発言をしてしまいましたので今回は相場師になって悪かったことと題して相場師になって悪かったことをあげつらってみたいと思います。 同業の方々、相場師を目指している方々は...
徒然日記(相場以外の話題も)

相場師になって良かったこと

いつも厳しいことばかりを述べていますのでたまにはこういう観点から眺めてみることも救われるのではないかなと思うので少し私のことを話してみたいと思います。 私は元々は普通に就職してサラリーマンとなり、その後辞めて独立し経営者となって最終的に専業...
スポンサーリンク