相場日記(日々の全体相場観)

ようやくの指定感染症第二類から第五類への変更検討

いよいよ私がずっと言い続けてきたことが実現の運びとなりそうですね。 迅速かつ適切な売買を主とする相場師である私は新型コロナウイルスに関しても迅速かつ適切な対処法をずっと提示し続けてきたわけですが、どうであれ厚生労働省がその方向性へと...
独活日記(相場を生き抜くために)

型を作る

自分の型を作るということはあらゆる分野におけるプロフェッショナルの領域では基本中の基本となっており、それは相場の世界も何も変わりません。 ただ相場はプロフェッショナルではない人たちも同じ場所に参加できる自由な世界ですから型を作ること...
相場日記(日々の全体相場観)

コロナパニックと東京オリンピックの誤謬

東京オリンピックが始まってしまうと選手たちには罪はないとマスメディアも日本国民も普通に金メダルを誰が取っただなんだとやっていますね。 多くの日本人の短所でもあり長所でもあるのですが、こういった空気に流されてしまう、優しい気性は日本人...
独活日記(相場を生き抜くために)

市場の考えに従えの真理

今日は私が提示している相場の基本三原則第三番目に掲げられている、何度も繰り返し反復してこのブログで登場し続けている市場の考えに従えということについて丁寧に述べてみようと思います。 少しお付き合いいただけたら幸いです。 市場の考...
徒然日記(相場以外の話題も)

偽善時代

21世紀中期へ向けて我々人類は偽善時代へと着々と歩み始めています。 寒冷化リスクを無視した温暖化阻止絶対信奉はまだまだ未熟な発達障害の少女を利用して大いなる利権となりつつあります。 それが良い悪いと述べたいわけではなくて、実際...
独活日記(相場を生き抜くために)

こだわりの誤謬

人は常にこだわりというものを持っています。 人生においてはそれはその人の人生ですから仮にそれが大間違いであったとしてもこだわり続けても自由ですし、大間違い人生というのは一つのドラマともなって教訓として残ることもあります。 しか...
独活日記(相場を生き抜くために)

一貫性

相場を張る姿勢において大事なことにこの一貫性というものがあります。 得てして多くの投資家たちは逆張りが駄目だから順張りだとか、ファンダメンタル投資が駄目だからテクニカル投資だとか自分の売買に一貫性がありません。 隣の芝生は青く...
相場日記(日々の全体相場観)

東京での緊急事態宣言再発出

日本政府は愚かですね 足かせとなっているのは東京オリンピックなのでしょう。 しかしもはや緊急事態宣言の意味は無くなっています。 東京都民もうんざりといったところでしょう。 新型コロナウイルスの感染拡大完全阻止は世界...
相場日記(日々の全体相場観)

反グローバリズムとしての国際課税

OECDのグローバル企業狙い撃ちのデジタル課税や最低法人税率の設定などは当然ながらタックスヘイブン国に逃げて税金を払わず世界中で利益を貪り取っているグローバル企業に対してのカウンターアタックとしての大枠合意ということになりますね。 ...
独活日記(相場を生き抜くために)

神輿を担ぐが騒がない

祭りにおいて一大イベントは神輿を担ぐことですね。 そこが一番大盛り上がりとなるところです。 相場でもその瞬間が多くの銘柄において起き続けています。 今日はこのことを考えてみたいと思います。 主題というもの 相...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました