新型コロナウイルスCOVID-19を吹っ飛ばせ

徒然日記(相場以外の話題も)

トランプ大統領は矢継ぎ早に英国とアイルランドの入国拒否も決定しました。

感染拡大情勢を見てタイミングよく順次淡々とやっているというところでしょうね。

とにもかくにも外国からの感染者を呼び込まないようにする措置でありまさに米国民を守るための迅速な処置と言えるでしょうね。

安倍総理は残念ながら入国が多い外国人である、中国を入国制限にするのが遅すぎたため、中国人などの土地買収なども問題となっている北海道などでは感染拡大がいち早く広まってしまっているといった事態になっています。

長期政権に胡座をかいて安倍総理盲目的支持者に乗せられてリスク認識があまりに希薄だったと言わざるを得ないのですが、今はそんなことよりも何よりも現在やるべき処置を迅速に行うべきであり、それはトランプ大統領を追随して欧州全国からの入国拒否をすることでしょうね。

日本においては担当者の方々が感染者の追跡調査に明け暮れており、感染者の処置なども医療関係者の方々が行っており、大変でしょうがもうしばらく頑張っていただきたいと頭を下げたいと思いますが、感染拡大国から外国人を次々と入国させていてはどんなに国内で感染拡大を防ぐべく日本人感染者たちの追跡調査をしてもまた新しい感染源が来日するといった喜劇となるリスクが生まれてしまっています。

EU諸国からトランプ大統領は批判されていますが批判を恐れずに米国民のことを第一に考えた実践をなさることが大事なのですね。

しかし安倍総理は私がいつも言っている日本人ラースト政策に終始しているグローバリストですから、日本人よりも外国人が大事である、つまり日本人からは消費税増税を中心に各種増税して金を巻き上げて外国にばらまき外交をして外国にいい顔をするといったことをこの数年間繰り返してきましたので当然ながら外国人ファーストで入国制限はぎりぎりまでせずに何とかならないものかと奔走したのでしょう。

とにもかくにも今は安倍総理がやるしかないのですから経済政策などでも同様なのですがさっさとトランプ大統領の真似をしなさいということになりますね。

今こそ従米精神をいかんなく発揮すべきなのです。

本音のところではこれも情けない精神なのですが長期政権のためには必須事項であるとともに今回は何よりそれが日本人のためにもなるのでぜひとも実践していただきたいのですね。

スポンサーリンク

韓国はどうでもいい

韓国人の方はごめんなさい。

別にあなたの友人であるとある韓国人のことをどうでもいいと述べているわけではないのですね。

韓国政府のことを述べています。

彼ら彼女らの対抗心から日本からの入国制限を行うという発想はあまりに感情的で非論理的であり韓国国民のことが凄く心配になります。

韓国国民のために日本からの入国制限した方がよいと判断したなら日本が韓国からの入国拒否していようといまいと関係なく即座にすべきなのですね。

それが韓国人ファーストの韓国政府の対応であるべきであり、日本が入国制限しやがったから対抗でやるといった発想を政府の人間がやる国というのは私としてはどうでもいい幼稚な国ということになります。

ただこのような韓国をダシにして日本政府がそれに批判してみせることで反韓思想を持った支持者たちへの点数稼ぎをするといったことが過去に何度も起こっていますのでそこは注意しなければならないでしょうね。日本政府も韓国政府に負けず劣らずな対応をしていることは忘れてはなりません。

最も酷い感染拡大している欧州

欧州各国は結局極東アジアで起こっている他人事といった感じだったのでしょうね。

しかし中国人は世界中に羽ばたいていますので欧州だけが例外になるわけがなく、いち早く中国からの入国制限を欧州全体が行うべきでしたが後の祭りとなってしまいました。

そして欧州は多くの国がありながら国境なき欧州共同体構想を追求していたグローバリズムの極み状態でしたのでウイルス天国であったということになります。

移民問題も相当に深刻なのですが、陸続きであるといった地理的要因とそういった人の自由すぎる移動によって欧州はあっという間に欧州全体に新型コロナウイルスが感染拡大できたということになるでしょうね。

反グローバリズムを標榜している私としては自業自得の結果と考えますが、今は何より各国互いに入国制限し、人の移動を出来るだけ減らす措置を緊急避難的に執って封じ込め政策に邁進することが大事でしょう。反グローバリズム実践と結果的になってしまっているのは本当に皮肉なことなのですが私としてはグローバリズムのリスクを世界中の人が知ることになるという点では一筋の光明であったと考えています。

そして欧州の人たちも決して忘れてはならないことは不幸中の幸いなのは何度も何度も繰り返して飽き飽きしていらっしゃるかもしれませんがCOVID-19は致死性の低いウイルスであったことがわかってきているということでしょう。感染拡大は出来うる限り防ぐべくここ2,3週間が山となりますが、ある程度感染者が急増したとしてもその内死亡者は極僅かとなりほとんどが回復していくことになるでしょうからマスメディアが毎日煽っているほどのリスクはないことは確実にみえてくるでしょう。

先行指標としての中国

新型コロナウイルスの発生国、中国の状況は落ち着いてきました。

感染者数は生じ続けていますが伸びは完全に鈍化して沈静化しているといって良いでしょう。

株式市場としても大国の中で一国だけ底堅い推移をしているのはこの時間推移的に当然ながら一番最初に収束する可能性が高い国だからですね。

事実Appleは中国でのApple Storeの営業を休止していましたが3月13日に中国全土で営業再開し、逆に中国香港以外の世界中の全てのApple Storeを一時閉鎖するとして実践しています。

先行指標としての中国の現況は日本を含め感染拡大が起きている世界各国にとっては自分たちも同様に封じ込めが可能であるという意味で一筋の光明ということになるでしょう。

もちろんまだまだ予断は許しませんが、中国経済が世界に先駆けて立ち直っていくのではないか、それは経済の先行指標たる中国市場の相対的独歩高傾向、正確には底堅い推移といった感じですが、それが示しているということになります。

インターネットの時代

人との直接的接触をなるべく避けなければならないということでまさにインターネットの時代が進展するということになります。

買い物はECで実はもうどんな物でも、むしろそこらのスーパーやデパートよりずっとたくさんの商品が割安に買える時代となっており、そういったことがやはり店で買うのに慣れているからと億劫だった世代にも浸透していく可能性は生じてきたということになりますね。またやはり店頭で見てみないとといったものでもECで買うような時代になっていくかもしれません。

コミュニケーションもなかなか外出できないということでネット上で行う人が増えてくることになります。ネット上ではインターネットウイルスに感染する恐れはありますが、それはパソコンであり人間に感染することはありませんので安心ですね。

Italians take to singing at windows to beat virus blues | AFP

自宅待機のイタリア人たちは窓を開けギターを持って陽気に歌を歌い合ったりして慰め合ってます。個人的にはイタリア人気質とかは全く存じ上げませんが陽気な民族なのでしょうかね。

恐怖や不安を煽る方々よりこういう人たちの方が見る側としてもよほど免疫力が上がり、新型コロナウイルスへの対抗力となるでしょう。

我々一人一人も真似して今日も生きていきたいところですね。

こういう面はインターネットの素晴らしい側面です。自宅にいながら世界中の人と繋がることができる、悪意も避けられないけれども、善意もたくさん広げることができます。

各国政府はネガティブ思考で対処し続けていただきたいですが、我々一人一人はこのようなポジティブ思考で行きたいところです。

何より新型コロナウイルスCOVID-19はウイルスとしては致死性の低いものなのですからこんなものに負けている場合ではありませんね。

いずれにせよ、買い物はEC、ネット通販で行うことが、コミュニケーションもネット上で行うことによって感染拡大阻止の一助となることは確かです。

生きる力

最後までお読みいただきありがとうございました。

パニックにならず冷静に現状分析をした後はいつまでも不安や恐怖を感じておらずにテレビなどはさっさと消してまさにこの動画のイタリア人たちのようにギターでも弾けば良いのですね。

私も好きなピアノを弾いています。

もちろん音楽だけでなく絵を描いてもいいですし、漫画を読むなりゲームをするのも良いでしょう。

スポーツはさすがに出来ませんが、柔軟運動や筋トレなどは室内でもできますから身体を動かすのももちろん良いですね。

子供は時間を持て余すなどといったことはなく時間があれば好きなことをどんどん見つけ出してやっています。学校など無くても退屈などしないのですね。

我々大人も子供になれといってもなかなか子供になれるわけはありませんが、もう個々で出来る対処は分かったのですからそれは粛々とやった上で淡々とそれぞれの仕事や趣味に邁進しましょう。

相場は乱高下していますので相場師である私はもう大忙しです。

今日も淡々と良い仕事をしていきたいと思います。

それが私の場合は生きる力となるのですね。

皆で唱和していきましょう。

COVID-19を吹っ飛ばせ!

19+
タイトルとURLをコピーしました