新型コロナウイルス

徒然日記(相場以外の話題も)

新型コロナウイルスが中国で猛威を振るっています。

マスコミは大騒ぎしていますが、このグローバル時代においては世界的に広まっていくことは避けられないとみています。

中国が感染元であり、中国人は世界各国に確実に存在するような世界最大人口の人種ですので封じ込め作戦を共産党政府らしく人権無視で行い始めていますがまあ感染拡大阻止は不可能でしょう。

日本も他国のことを言えたものではないのですが中国政府は徹底的に情報隠蔽や情報ねつ造をしている国ですので数字は全く信頼できないですので実態はもちろん未知数であり報道されている以上にすでに感染拡大しているリスクはありますね。

相場はコロナウイルス関連と称してデイトレーダー等々の餌食になって短期的に値動きを作っていますが今日はこの新型コロナウイルスに関して私が考えることを違った視点で少し述べておこうと思います。

スポンサーリンク

一時的現象

マスコミが大騒ぎしているほど今回の問題は全体的に大きなものではないというのが私の見解です。

当然のことながら人間とウイルスとの戦いは日々行われ続けている状況であり、免疫力の弱った生物はウイルスに負けて死に至ることもあるというだけの話となります。

つまりは感染予防に努めて感染確率を低めながら免疫力を高める生活をしていくしかないということになり、実際症状的には肺炎程度のようですし、圧倒的な致死性があるわけではなく、当面は大騒ぎするのでしょうが一時的現象であると見るのが妥当でしょうね。

生物における生存競争は日々行われているということを理解して生きていれば殺られたらそれまでという覚悟を決めて手洗いうがいや免疫力を高める食事や運動、生活スタイルを心がけるしかないと冷静に判断できるはずですね。

そういうわけで相場としても一時的現象に終わる可能性は高いでしょうね。

ただ中国の春節にちょうど当たっており、中国人観光客目当ての日本企業などは自業自得ですが大影響を受けることは間違いないでしょう。

ただこちらもある程度感染拡大してワクチンなどが出来て実態が見えてきて沈静化していけば元の鞘に戻っていく確率は非常に高いということになるのでしょうね。

こういったもので大事なことは致死性であり感染したら100%死に至らしめられるといったウイルスが圧倒的感染力を持って拡大していく場合は人類存亡の危機となりますが、この新型コロナウイルスに関してはそのようなウイルスではないことが分かっており、もちろんだからといって感染拡大をほっておいてよいわけではなく対策を講じて感染拡大をある程度止めていかねばなりませんが、マスコミが大騒ぎしているほどのことではないということは冷静に認識しておく姿勢が大事でしょうね。

グローバリズムの弊害

私はコロナウイルスが感染拡大だなんだという話よりもグローバリズムの弊害面が出ているなといったことに関心があります。

人の移動のグローバル化の弊害はこういったウイルス感染において感染を未然に止めることが非常に困難になるということですね。

今回のコロナウイルスは圧倒的な致死性があるわけではないですので免疫力の高い人間であれば生き残る確率は高くなるので問題ないと私は考えますが、もし圧倒的な致死性があるウイルスが感染拡大となっていくなら人間存亡の危機となってしまいます。

グローバリズムの弊害はこういった人間の流動化によってウイルス感染といったことがあっという間に地球全体に広がるリスクが格段に高まるということになります。

外国人観光客が多人数日本に訪れてくれれば確かに関連業界などは潤うでしょう。外国人の移民を大量に受け入れていけば確かに日本における低賃金重労働の仕事の人員不足は埋まるのでしょう。

しかしそういった目先の安易な発想でグローバリズムの恩恵を過剰に受け入れていってしまうと今回のような事態が起こりやすくなってしまうということになります。

グローバリズムに対しての警鐘としての今回の新型コロナウイルスがあると歴史的には私は感じます。

日本の生きる道

相場環境は別段悪いという感じはしません。

基本的に関連銘柄と称したものたちが業績変化などたいしてあるわけがないだろうとしても動いています。こういった銘柄は足が速いですのでその点は注意すべきですが、果敢に取り組む必要性があるでしょう。

中国人観光客の足が日本から遠のくとして日本経済そのもののの悪化が懸念されているわけですが、外国人に頼ろうとしている時点で駄目なのですね。

日本に住む人たちの多くはやはり日本人なのです。

日本人のための施策をしていくことが長期的に見てどんな商売においても有用なのです。

確かに安倍政権によるグローバル政策で日本ラースト政策が打たれてしまっていますので日本人の世帯における格差拡大が広がっており、そのような貧困化してきていて節約を重んじる日本人に対するよりも極東の地に遊びに来る富裕な外国人を相手にした方が効率よく利益が出るのかもしれませんが、しかしそのような人たちは今回のようなことがあれば、途端に日本に訪れることを止めてしまうのですね。

どうであれ日本で生きるしかない日本人は日本で金を落とし続けてくれますが、外国人は風向きが変われば日本に来ることさえしなくなるということです。

だから日頃から私も述べているように、反グローバリズムの日本ファースト政策を打ち、日本人のため、日本人の子孫のための各種インフラ形成に徹底的に集中すべきなのですね。

コロナウイルスがあろうがなかろうが日本国内で生きる日本人はこの日本で物を買い消費するしかないのです。

そういった人たちを相手に商売をすることこそが長期的総合的には利益が出続けるわけなのですね。

京都も外国人で満ちあふれ喧噪となり、日本人が訪れる機会は減ってきています。

全体的に謙虚で物静かな民族である日本人は喧噪を嫌います。

特に京都の町を歩く上では騒がしくなく静かに自然の音や町並みの情緒をゆっくりと楽しみたいのですが現在はそのような環境にはなっていません。

そうやって日本ラースト商売をやっている企業群はいずれ淘汰される時代は来ると思います。

確かに日本人は減ってきており観光客としての日本人は少なくなっているのでしょうが、それでも日本人を大事にする商売をやっている企業は確実にリピート客を生み、目先的には小さな利益でも長期的には大きな利益になるでしょう。

コロナウイルスの教訓

最後までお読みいただきありがとうございました。

コロナウイルスの教訓は私はグローバリズムの弊害と感じました。

あなたはどのように感じたでしょうか?

マスコミを含む多くの人たちはただウイルス感染怖い怖い、気をつけなければならない、肺炎になりたくないとリスクを煽り立てるだけで自分の命ばかりを心配しますが、もう少し俯瞰的にこの事象を見てみるとまた違った感覚を持つのではないかと思います。

感覚は人それぞれですが画一的ではないあなた独自の感覚というものを考えてみてほしいと思います。

結果としてそれが相場をよりよく張ることにもつながると私は考えています。

18+
タイトルとURLをコピーしました