covid-19

徒然日記(相場以外の話題も)

感染拡大続く新型コロナウイルス

風邪に何人引いたかを世界中で調べていけばそれは世界中で少なからずの人たちが感染するパンデミックになるのは当然の話です。 いわゆるRNA型のインフルエンザ同様のウイルスであるCOVID-19は非常に迅速に変異していきますので万全な検査...
相場日記(日々の全体相場観)

いつまでコロナを特別扱いするのか?モノの時代の象徴としての金、強い米国市場

新型コロナウイルス新規感染者数過去最高突破!と相変わらず自己反省なきマスメディアはやっていますね。 いつまでコロナを特別扱いするのですかね? ワクチンが完成するまでですかね? インフルエンザは今日も一切感染者数を報じるこ...
相場日記(日々の全体相場観)

予想以上の雇用統計悪化で二番底へ向かう株式市場、新型コロナウイルスと連動する相場、COVID-19を取るか経済活動を取るか、いよいよ決断の瞬間

米国雇用統計の予想以上の悪化が明らかとなり、あらかじめ予想していた以上に経済悪化が進んでいることがわかりました。 各州で検査体制が整うことで新型コロナウイルスの死亡者拡大中であるためマスメディアのセンセーショナルな煽り報道も加味して...
徒然日記(相場以外の話題も)

都市封鎖するなら働いているすべての日本国民の所得補償をせよ

さて新型コロナウイルス自体はそれほどたいしたウイルスではないということは分かってきています。 しかし各国間の行き来が出来なくなり、巣ごもり状態の国民も増えて経済活動が停止している国が増加することで、世界的な経済的影響は大きくなってい...
相場日記(日々の全体相場観)

セリングクライマックスの米国市場、過剰な新型コロナウイルスへの恐怖の終焉なるか?

ようやくセリングクライマックスが到来したというところでしょうか。 FRBに続いてECBの金融緩和も実践され、短期的な経済への影響への断固たる処置が世界的に見えてCOVID-19に関しても初期のパニック症状からようやく落ち着きつつある...
相場日記(日々の全体相場観)

19000ドルに達する米国市場

マスメディアの扇情主義、センセーショナリズムは米国でも変わらないといったところですね。 恣意的な編集によって大衆の不安や恐怖を過剰にも煽るこのマスメディアの戦法は常に変わらぬ常套手段ではあります。 実際大衆の不安や恐怖を煽ると...
徒然日記(相場以外の話題も)

新型コロナウイルスCOVID-19を吹っ飛ばせ

トランプ大統領は矢継ぎ早に英国とアイルランドの入国拒否も決定しました。 感染拡大情勢を見てタイミングよく順次淡々とやっているというところでしょうね。 とにもかくにも外国からの感染者を呼び込まないようにする措置でありまさに米国民...
相場日記(日々の全体相場観)

何事も起こり得る

コロナウイルスショックが起こっております。 NYDOWの値がそもそも20000ドル台なのですごい値幅のように見えますが、率としてみると30%程度の値幅調整ということになり長期においては少なからず起こっている動きですね。 新型コ...
相場日記(日々の全体相場観)

新型コロナウイルスの先行指標としての株式市場

新型コロナウイルスのCOVID-19はある程度の世界的感染拡大が起こる確率が高いだろうと最初の段階で述べた私の言うとおりの展開となっています。 非常に残念な話ですが私は何事も高確率可能性を図って相場の場合はその高確率可能性の方向性に...
徒然日記(相場以外の話題も)

新型コロナウイルスから考えるリスク認識

新型コロナウイルスCOVID-19は世界的に猛威を振るいつつありますね。 世界中に中国人はいますので当然の話であり、さらにグローバリズムが過剰にも推奨されて人の移動が圧倒的自由をもたらしつづけてきましたのでウイルスにとっては最高の時...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました