調整局面続くNYDOW、ナスダックプチバブル、人災としての新型コロナウイルスの幻想と実態

相場日記(日々の全体相場観)

自分の考えを排し市場の考えに従い続ける投資家としては圧倒的なボラティリティの現在の状況は素晴らしいものが継続しているということになります。

半値戻しは全値戻しかのごとき動きをNYDOWはしていてNASDAQの方は史上最高値更新してしまうといったプチバブル状態となっており、新型コロナウイルスによる圧倒的経済的損失はどこに行ったのかといったような市場ですが、細かい部分における異常性はいずれ収束されていくことになると思いますが、市場は淡々と新型コロナウイルスに関しての現状分析をし、各国緊急経済対策の中身を見て客観的評価を下していると私は考えております。

スポンサーリンク

乱高下しているが実のところ調整局面が続くNYDOW

NYDOW週足

NYDOWの週足を挙げましたが、コロナパニック相場の大暴落そしてセリングクライマックスによるリバウンド、さらに半値戻しは全値戻しかのごとき急騰が来て、今回コロナ後変革バブル崩壊相場の到来かといったことになるわけなのですが、相場師としてはこのように大きく乱高下が続くと大利が出続けることになるわけですが、基本的には最初に大きな波動で上下運動をした幅から少しずつ振動を小さくしながらも一定期間上下運動を繰り返すというのが確率の高い値幅調整におけるパターンであり、いわゆるどのくらいの幅のBOX形成をしていくのかといったことを注視しなければならないということですね。

日々においては大暴落したり大暴騰したりして一喜一憂している投資家も多いのかもしれませんが、調整局面は続いていますので買いしかしない投資家の方は基本的にキャッシュポジション厚く様子見姿勢でいることが吉です。

短期売買が主である私のような相場師は圧倒的に参加し続けて稼ぎ続けるわけですが、しばらくこのような乱高下が続く可能性が高いですので売り買い問わず淡々と実践継続できる技術と精神が必要となります。

理屈的なことを述べればこちらはまたまた繰り返しになりますが、新型コロナウイルスの社会的受容を世界各国が出来るかどうか、つまり感染拡大してもそれを容認し、無視し、ロックダウンせずに経済活動をし続ける政策を勇気を持って批判を恐れずに採用することが出来るかどうかということに懸かっているということになるでしょう。

目先上下運動の振動が小さくなっていって停滞し、そこから次なる方向性へと大きく動き出すといったタイミングを計っていくということになります。

現段階においては200週移動平均線の攻防となっていくのかなといったところですね。上か下かは断定できることは何もなく確率的にも半々でどちらもあり得る難しい状況だと見ております。

調整局面が続いているということになりますね。

コロナ禍でネット隆盛シナリオによるナスダックプチバブル

NASDAQ週足

相対的にナスダックは強い状況となっています。

史上最高値を更新したところでプチバブル崩壊といった可能性は高まりつつありますが、NYDOWと比較すると依然として力強い推移となっていますね。

コロナ禍が続けば人との接触を最小限に抑える行動を多くの人がするという意味でインターネット利用時間が増えることが予測されますので確かにナスダック構成銘柄の中心企業群の目先業績が伸びるものが出る可能性があります。

ロックダウン解除した州において感染再拡大が大きなものとなったときに再びロックダウンすることになるのかどうか、その米国政府の政策対応によって大きく変わってくるということになります。

再びロックダウンということになれば引き続きネットが使われる時間は増えたままとなり業績にも一定の影響を与え続けるということでその点ではナスダック構成銘柄の多くは業績向上可能性はありますが、社会的受容をして感染拡大しても再ロックダウンはしないとなればそれほど大きな業績変化は起きない、つまりプチバブル状態にあるといった評価となります。

私は新型コロナウイルスの社会的受容が世界各国で急務であり、スウェーデンやブラジルに倣って追随すべきであるという考えですのでその考えを元とすればナスダックプチバブルは崩壊するということになるわけですね。

相場師としてはそのことを認識したうえで上がるなら買うしかないという対応に相変わらずなります。

結果どうなるかは新型コロナウイルスの再感染拡大に対する米国政府の対処次第、世界各国政府の対処次第ということですね。

これはこれからの経過を見ていくしかありません。

新型コロナウイルスの幻想と実態

新型コロナウイルスというものに対して世界中の人たちが幻想を抱いている現状です。

決して感染してはならないもの、感染したら最後、確実に死に至るかのごとき、異様なマスク集団風景、完全防護服状態です。

何度も繰り返していることですが、インフルエンザは毎年毎年猛威を振るい続けて世界中で少なからずの死亡者を出し続けてきましたが、マスク集団風景は起こらず、防護服で全身を固める人が生じることもありませんでした。

今年は新型コロナウイルスのおかげかインフルエンザは完全に鎮静化してしまいました。

面白いものですね、ウイルスは競合して争って奪おうとせず先んずればウイルスを制すといった感じなのでしょう。

今年は新型コロナウイルスが世界的パンデミックを起こしたが故にインフルエンザウイルスが入る余地が無くなったということなのかもしれません。

いずれにせよ、新型コロナウイルスの実態はインフルエンザウイルスとたいして変わることなく致死率は低く、感染しても無症状や軽症で終わる人が大多数となるよくあるウイルスの一つに過ぎないということなのです。

この認識が出来れば真夏にマスクなど風邪を引いたわけでもない人がする必要性など全くありませんし、感染者数が今日は何人出ただなんだといった数字には何の意味もないということに容易に気付けるはずなのですね。

現段階において、依然として新型コロナウイルスに間違った幻想を抱いている人が多数派で、実態を冷静に把握している人が少数派といった状況であり、相場はここにきてようやく新型コロナウイルスは大体風邪であるといった認識がなされて何か人殺しウイルスの救世主となるワクチン開発だ抗ウイルス薬開発だというものを開発開始したと発表するだけで起きたバイオバブル崩壊が起きつつあるといったところです。

風邪の特効薬を開発しようと世界中が血眼になって開発競争に明け暮れる姿はあまりに滑稽ですと変人である私翁は皮肉を述べておきたいと思います。

人災による異常なコロナパニック

最後までお読みいただきありがとうございました。

もう何度も何度も述べておりますが日本においては新型コロナウイルスは指定感染症から外すことが急務ですが現状安倍総理大臣はその決断をするに至っていません。

一度してしまったことを覆すという決断をすることは非常に難しいのでしょうね。

結局新型コロナウイルスは初動においてあまりに大きな不安と恐怖を社会的に国民に植え付けてしまったことで、指定感染症となって感染者は犯罪者のように隔離されて自由を失ってしまうといった環境を作ってしまったわけですね。インフルエンザと大差ない致死率も僅かなウイルスであるのにこんな大仰なことをしでかしてしまったことは早急に修正すべきなのですが、そういった声は相変わらず出てこないのが現状のようです。

それよりも第二波だここでクラスター発生だとか相変わらず愚かな煽りをやってばかりです。感染してもほとんどの人が生還していくものに対してここまで異常に反応し続けるのは人類の低能さを際立たせていると私は情けなく感じますね。

相場での異常性は長く続いても2,3ヶ月で終了しますが、この新型コロナウイルスに関しては数か月経っても依然として異常状態が続いているといった感じです。今回の新型コロナウイルスに関しては天災という側面よりも人災といった側面の方が大きいと感じています。

煽り屋としてのマスメディアを筆頭に人間が新型コロナウイルスを狂暴化させ過剰にも恐怖を扇動し、パニックを引き起こし経済的損失社会的損失を今日ももたらし続けている犯罪的な言動をすることで多くの人災を引き起こしているということになります。

株式市場はNYDOWは調整局面が続いていますが底堅く、ナスダックは史上最高値更新をしたりしているようにプチバブル化しているとはいえ、この状況で冷静に新型コロナウイルスは風邪に過ぎない人類存亡上のリスクは全くないことを喝破しています。

市場の考えは常に時代を先取り先行して動き続けており、短期的には間違った異常性を一部示しながらも中長期的には正しい将来を示し続けているということになりますね。

18+
タイトルとURLをコピーしました