2020-07

徒然日記(相場以外の話題も)

国を支えて国に頼らず

私の信念はこの言葉に集約されています。 為政者側としてはまさに都合のよい働き蜂のような存在でしょうね。 国の補助金を貰って仕事をしている医療関係者だとか介護保育事業者、建設工事事業者など、そして公務員全員、総じて税金が支給され...
相場日記(日々の全体相場観)

コロナ第二波パニック、指定感染症指定から外せるか、コロナ禍での一筋の光明

マスメディアは相変わらず東京で新規感染者数過去最高突破したと恐怖を煽り続けていますね。 もうこの数字には何の意味もない段階に入っているのですが、無知なマスメディアは性懲りもなく報道しているわけです。 そうやって煽られることでコ...
徒然日記(相場以外の話題も)

新種の風邪である新型コロナウイルスに対しての本物の医師の見解

株式市場はすでに新型コロナウイルスは新種の風邪に過ぎず、世界的パンデミックを引き起こした時点で人類存亡上のリスクはないインフルエンザと大差ないものであることを喝破した底堅さを示しています。 世界中の少数派ですが本物の医師たちがそれを...
相場日記(日々の全体相場観)

米中時代と日本の凋落

株式市場の回答は米中時代の到来ということを示しています。 米国一強時代から米中二強時代、つまりは米中における新冷戦構造が起きているということになります。 両社ともコロナ禍を乗り越えるべく異次元金融緩和と大規模持続的財政出動の組...
相場日記(日々の全体相場観)

歴史上最高値更新する中国市場、逆回転相場、コロナバブル相場、コロナ後相場

いよいよ中国市場が短期バブル相場前の高値更新を力強く越えてきました。 私は先週末にきっちりとその可能性を述べていますね。 国内経済政策対応は完璧ですし、発生国故のコロナからの回復が最も早いということもあり、いよいよ新しい上昇ト...
相場日記(日々の全体相場観)

コロナ社会的受容必須、上値重い日本市場の意味、ナスダック連動型相場継続なるか

新型コロナウイルスに関しては私が何度も繰り返している通りインフルエンザ同様の扱いにする、つまり社会的受容へ向けて世界中が着々と進むことになるでしょう。 そのことにいち早く気付き勇気を持って行動した国が経済的にも社会的にも最も損失が少...
独活日記(相場を生き抜くために)

勝率20%の必勝法

再び銘柄選択に関して考えてみたいと思います。 どうしても多くの投資家たちの先入観として銘柄選択が大事であると思い込んでおり、絶対法則のように感じていてマスメディアに登場している相場の専門家と称する相場の素人たちも常にどういう銘柄が注...
徒然日記(相場以外の話題も)

独立記念日

米国市場は独立記念日で休場です。英国の植民地から独立した日として米国人たちは祝うわけです。独立宣言においては全ての人間は平等に造られていると前文に唱えられており、理想主義が掲げられていますが、現実は元々英国から移民し、アメリカ大陸の先住民...
相場日記(日々の全体相場観)

コロナバブル崩壊続く、巣ごもり投資家の淘汰、最高値更新なるか中国市場、社会的受容は依然少数派

コロナバブル崩壊は続いていますね。 そもそも異常割高、異常乖離状態にある銘柄が多かったですので必然ですね。 相場師にとっては異常性は大好物ですし往復でしっかりと取っていく技術を持っておりますので非常に分かりやすい相場においては...
相場日記(日々の全体相場観)

コロナバブル崩壊、200日移動平均線の攻防、孤独な時代

コロナバブル崩壊は順調に起こりつつあるというところですね。 ワクチンや抗ウイルス薬は世界中で開発競争が熾烈となっており、そこで成功を収めることは大手製薬企業であっても難解なことです。そしてそもそも論として世界的パンデミックとなったと...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました