2020-02

独活日記(相場を生き抜くために)

多数派の思考

この世は多数派の思考が通説となっている世界です。 例えば多数派である健常者が問題なく通れる道となっているが少数派である障害者にとっては通ることができないような道があったりします。 サラリーマンとしての当たり前の人間関係性を構築...
徒然日記(相場以外の話題も)

新型コロナウイルスより大事なこと

新型コロナウイルスが日本全国的に感染拡大となりつつありますね。 マスコミは愚かにも毎日今日は中国で何人死んだとやって不安や恐怖を煽っています。 私の最初の見解は相変わらず変わらず、世界的感染拡大は避けられないが、その致死率から...
独活日記(相場を生き抜くために)

逃げの一手

逃げるのは男らしくない。 そんなことをよく私は親から教育されました。 そのトラウマがなかなか抜けきれずに様々な局面で私自身苦労しました。 その都度時には逃げることも大事であるということを勉強していきました。 そして...
相場日記(日々の全体相場観)

綱引き

米国市場は歴史上最高値更新を継続してしますね。 これは何度も繰り返していることですがトランプ大統領の米国内経済政策が完璧であるためにもたらされている客観的な株式市場の評価となります。 一方で我が日本は安倍総理による日本国内経済...
独活日記(相場を生き抜くために)

値頃感

多くの投資家たちが今日もこの自分の値頃感というものを使って株価がどうなるこうなるということを述べていますね。 しかしこの値頃感という奴が曲者です。 今日はこのことについて簡潔に考えてみたいと思います。 果たしてそ...
相場日記(日々の全体相場観)

上値重い日本市場

何度も繰り返し述べていますが日本市場は米国市場と比して相対的に弱い状況が続いています。 一昨年来高値更新なるかの年初であるということは大発会の記事にてこのブログにおいても書きましたが残念ながら更新することはできずに反落し短期的に売り...
徒然日記(相場以外の話題も)

英国のEU離脱確定

いろいろとありながらもようやく英国のEU離脱という歴史的な偉業が成し遂げられましたね。 ジョンソン首相はよくぞ実践なされたというところでしょう。 英国が独立して生きていく上でいわゆるグローバリズムの象徴たるEUといった偽善...
独活日記(相場を生き抜くために)

下げたら買い上げたら売るの危険性

下げたら買い上げたら売ると確かに理論上は儲かります。 これは商売の鉄則です。 いかに安く商品を仕入れ、いかに高く商品を捌くかが利益を極大化するための基本策だからですね。 この当たり前の商売の大原則が相場では圧倒的危険性を...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました