バイデン新大統領誕生

相場日記(日々の全体相場観)

ひと悶着ありましたが、バイデン新大統領が選挙人の過半数を獲得したことが確定したようですね。

トランプ元大統領は訴訟も辞さないというか訴訟を始めているようですが、不正があった証拠というものを証明することは難しいでしょう。

ただ結局不正する人間というものはいる可能性はあらゆる選挙においてあり得て、実際にやっている人はいるでしょうね。

もちろん意図的ではなくミスで集計してしまう可能性もあります。

従って再集計するといったこともときに取られるわけですが、結局はその辺も含めて選挙とはその程度のものであると考えておかねばならないわけですね。

どうであれ全ての投票を不正することは出来ませんから僅差の州は再集計するのも良いですが誤差の範囲内になるのかなといったところですね。

スポンサーリンク

バイデン新大統領誕生で相場はどうなるか?

というわけでバイデン新大統領誕生です。

右寄りな共和党政権は4年で終わり、左寄りな民主党政権が誕生したわけですね。

個人的には残念でその理由は思想ではなく経済政策がトランプ元大統領は満点政策でしたので大統領が代わったら減点はあっても加点はないからです。今回はトランプ大統領にとっては不運であり、経済政策は完璧で実際中流階層復活へ向けて一部のグローバリストだけではない多くの米国民が繁栄してきていたのですがコロナですべてがおじゃんになってコロナの感染拡大をトランプ大統領に責任転嫁していくマスメディアのキャンペーンが功を奏してしまったといったことになるでしょうね。

いずれにせよ果たしてバイデン氏はどんな人物であり、どんな政策を実践していくことになるのか注目です。

経済政策的には元々トランプ大統領が行っていた大きな政府志向となる大規模な財政出動は民主党の基本思考となっていますからコロナ禍でもあり、引き続き踏襲することが期待されます。

そして実際にここは反トランプとはせずにやっていくなら相場としては安心感を呼ぶことになるでしょうね。

直近はバイデン新大統領就任ご祝儀相場といったところですね。

民主党によってさらなる大規模な財政出動可能性が期待されていることが伺えます。

一方で異なる政策としてはやはり外交政策でしょうね。

その中で大事な点は対中政策であり、トランプ元大統領は敵視して反中といった演出をしながら貿易交渉を有利に進めてきましたが、バイデン新大統領は中国と蜜な関係にありますから親中といった演出をすることになるだろうと思います。

演出ではなく本気で米中共同で世界管理をしていくといったような発想をお持ちかどうかは現段階では分かりませんが、そのリスクも考えておかねばならないでしょうね。

相場的には中国市場は貿易戦争緩和期待で底堅く推移する確率はより高まるということになります。

中国A50日足

すでに中国はコロナ禍を脱し、経済成長を再び始めようとしています。

世界の中で一人勝ちの状況となりつつある中でバイデン大統領がそれを支援するような姿勢となってしまうなら米国もまた厳しい状況となりますので反トランプ政策といった発想は抑えて中国の脅威というものをしっかりと保ち続けて欲しいものですね。

日本市場は米国市場や中国市場などに基本連動するだけですから結局はバイデン新大統領が経済政策大転換するかしないかだけの話となりますが、来年以降の実際のバイデン大統領の政策実践を見ていくしかありません。

ようやく年初来高値更新を果たした日本市場

ようやく日本市場は年初来高値更新を果たしました。

いわゆる出遅れ市場ということなのですが、前回も述べた通り他国市場はとっくの昔に年初来高値更新をしており、元々の高値のハードルが低かったということを見落としてはいけません。

ただし昔とは環境が異なっており、現在は日銀はしっかりと異次元緩和を継続しておりますので株式市場にとっては確実に底堅い推移を示す役割を果たしています。

ここは投資家としては評価せざるを得ないのですが、日本国民としてはこれだけでは駄目で、ここに財政出動を長期的持続的にコロナ禍ですから大規模に行い続けて同時に消費税減税などの減税政策を大胆に行って一気に経済回復を狙っていきそれを持続させていく政策を取らねばならないのですが、菅政権は現状これを実践していく気配は見せておらずそれは確実に上値の重石になっていく可能性が高いということになります。

それでも米国市場や中国市場が高値更新し続けていくなら日本市場もそのおこぼれを頂けることはあり得ますので株式市場的には問題ないと言えますが、この政策の違いは改めて認識しておかねばなりません。

私がもっとも懸念している新型コロナウイルスを指定感染症から外す実践も全くなされておらず菅総理の手腕に疑問を抱きつつある状況となりつつありますね。

まあまだ誕生間もないということでもう少し長く見て行かねばならないですが、やるべき実践を果敢にやれる総理大臣になって欲しいものです。

相場師としては上がるものを買い下がるものを空売るだけであり、相場環境は最高ですから容易に利益は出ていく局面でしょう。

淡々と実践していけば良いですね。

大統領選後

最後までお読みいただきありがとうございました。

今週はバイデン新大統領が誕生し、相場はいったん材料出尽くしとなるかといったところですね。

米国市場は総じて歴史上最高値更新出来ていない段階であり、そこを力強く越える展開がやってこない限り、世界市場的には安心できない状況です。

バイデン新大統領の政策実践次第ということになります。

相場師としては市場の考えに従って売買するだけですね。

相変わらずのお決まりの言葉しか私は吐かずつまらない、もっと様々な相場情報を銘柄を交えて教えてくれと思うかもしれませんが、そういうものは百害あって一利なしだと私は考えていますので述べることはありません。

相場で大事なことは極々僅かで世界的な資金の流れと方向性、そして何よりも大事なことはあなたが市場の考えに従い続ける精神が確立されているかどうかのみなのです。

ですから相場情報としては米国大統領が誰になるかはとても大事でありその政策実践経過は大事であり、もちろん日本政府も、最近では中国政府の動向も大事となっていますね。そういった最小限の情報のみを提示しています。

すべては相場で稼ぎ続けるためにはどうしたらよいかというのがこのブログの主目的ですから余計な情報といった贅肉を出来るだけ削ぎ落しています。

知識は一定水準以上に得ると確実にその知識が適切な売買実践を阻害するようになります。

とある人は自信過剰になった売買、とある人はあら捜しをして頻繁に仕掛けに躊躇してしまう売買といったことを犯してしまうのですね。

ですから投資家として成功し続ける精神確立を成し遂げたいなら知識は敢えて必要最小限に留めて余計な相場情報を見ることなく、淡々と自身の売買実践を適切に行い続けることだけに集中してくださいね。

幸い易しい相場が続いていますから市場の考えに従って上がるものを買い下がるものを空売っていけば着実に利益を出していくことが出来ます。

いずれはこうではない相場局面となる時代がやってきますから奢ることなく淡々と適切に売買実践できる精神確立を維持出来るよう今からしっかりと努めていきましょう。

18+
タイトルとURLをコピーしました