世界経済

相場日記(日々の全体相場観)

新型コロナウイルスの世界的社会的受容への覚悟、あらゆる市場におけるコロナパニックリバウンド、相場師はどんなときも淡々と買い、空売りをするのみ

新型コロナウイルスに関してはもう世界的社会的に受容する覚悟を決める段階にすでに入っており、それを分かっている政府は次々とその方向性へと動き出しているということになります。 結果論的にスウェーデン方式が正しかったとなる確率が高いと私は...
相場日記(日々の全体相場観)

逆回転する株式市場

日経平均株価は20000円の大台の攻防となっています。株式市場においてはすでに新型コロナウイルスへの過剰なまでの不安や恐怖は世間一般に先んじて収まろうとしています。 相変わらず株式市場は先行指標としての役割を果たしているということで...
相場日記(日々の全体相場観)

有事の金、有事として対策する世界各国政府、有事と思っていない脳天気な日本政府、国家から自立している相場師というもの

金週足 GOLDについてはすでに以前に述べているとおりの見解で現在も変わっておりません。 このときに保ち合いから一気に離れていく可能性を提示しましたが、実際にそうなって上昇トレンド継続中となっています。 2011年の金バ...
徒然日記(相場以外の話題も)

再びの敗戦へ向けて

8月15日は終戦の日ということで大東亜戦争を忘れてはならない。といった報道がなされ靖国神社などは格好の的となって取り上げられます。 私も以前は靖国神社への参拝などを勧めていたのですが、韓国への制裁なども同様なのですが、政治家が言動な...
相場日記(日々の全体相場観)

世界通貨安競争

米国のFRBの利下げによって世界通貨安競争が本格的に始まってきましたね。 世界的な経済減速は当然のごとく起こる景気循環であり、そこで政府ができることはその幅を出来得る限り小さいものにするということです。 そして日本はまさにこの...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました