銘柄選択第二章

独活日記(相場を生き抜くために)

さて以前に銘柄選択と題して銘柄選択について考察しました。

どんな銘柄を買えばよいのかといったことは多くの投資家たちにとっては永遠の課題となっているのですが、私にとっては些末なこととなっています。

今回は別の角度からこの銘柄選択というものを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

果たして銘柄選択は必要なのか?

いきなりとんでもないことを述べてしまいましたね。

銘柄推奨で食い扶持を確保している多くの投資顧問業者の方々や企業分析で生活している多くの証券アナリストの方々がすべて失業してしまうかのごとき発言となりました。

しかし私は果たして銘柄選択は必要なのか本当に疑問なのですね。

その例証は容易です。

今日もドル円だけで稼ぎ続けている方がおられます。

今日も日経平均先物だけで生活している方がおられます。

私は確かに銘柄選択をしているのですが、ご承知のように優先順位は圧倒的に低く、そして私が銘柄選択をしている最大の理由は単純により効率性を求めている、つまり今日ただいま大きく上がるだろう下がるだろう銘柄によってより短期的に大きく収益を得るために行っているだけだからです。

正直なところ適当に銘柄を一つ選んでそれだけを売買しても非効率にはなりますが長期においては確実に適切なタイミングだけで売買し続けることによって利益を上げ続けることに自信があります。

実際過去にはパイオニア株だけを売買し続けて利殖なされたプロ相場師の方がおられて書物にもなっています。

こういった現実に実践し手がける銘柄を次々と変えることなく成功なされている方々がおられるという事実によって銘柄選択というものの重要性に関して疑問がわいてくるのです。

つまり果たして銘柄選択は必要なのかどうか疑問に思うことはあながち間違った発想でもないということになります。

銘柄選択という観点から必要なこと

実のところ銘柄選択という観点から必要なことはたった一つなのです。

それは上がる銘柄を選択して買い、下がる銘柄を選択して空売りするということです。

至極当たり前の話となりましたが、この至極当たり前の話を実践できずに今日もこの銘柄こそが最高である、塩漬けになっているこの銘柄をなんとか利益ができる形にしなければならないとして特定銘柄にこだわってしまう投資家で満ちあふれているのです。

こういう多くの投資家たちは銘柄選択という観点から必要なことを全く理解していないということを意味します。

思考の大転換

上がる銘柄を買い下がる銘柄を空売る。

投資家が利益を得るためにはこれ以外の現象はありません。

つまりいかにして適切に売買し続けるかが大事なのです。

多くの投資家たちは適切に銘柄選択をしなければならないと誤解しています。

適切に売買するまさにそのタイミングである瞬間となっている銘柄選択をするということが真理なのです。

どういう銘柄がよいのかではなくただいま今日この瞬間において適切な売買タイミングにある銘柄はどれなのかということが銘柄選択の本質となるのですね。

この銘柄選択に対する思考の大転換が必要となってきます。

相場の真理

従って銘柄は何でもよいということになります。

どんな銘柄であっても適切なタイミングで売買できるなら利益が出ます。

つまりは隣の芝生は青いとしてあちらこちらの銘柄情報に影響されて彷徨うのではなく、特定銘柄の癖に詳しくなって他人より適切に売買できる技術を磨くことの方が銘柄選択よりずっとずっと大事なことなのです。

今日も四季報やら株本やら日経新聞情報などに翻弄され続けている多くの投資家たちが理解しなければならない相場の本質はこの銘柄選択というものの重要性の低さなのです。

そして思考を大転換しなければなりません。

すべては適切に売買することが大事であってその際にその対象となる銘柄が何であっても全く関係ないという真理に気づけるかどうかがすべてなのですね。

最大の鍵

最後までお読みいただきありがとうございました。

今日は別の角度から銘柄選択というものに関して考えてみました。

今日も多くの投資家たちはどんな銘柄選択をすればよいのかということばかり頭にあって様々な相場情報なる素人情報に踊らされています。

そろそろ気づいてほしいのですね。

大事なことは銘柄選択ではなく、あなたがただいまこの瞬間に売買実践しようとしているタイミングは適切なのかどうか、その正しい把握こそが成功し続ける投資家であるための最大の鍵であることに。

19+
タイトルとURLをコピーしました