2019-09

独活日記(相場を生き抜くために)

淡々と売買する

淡々と売買することは難しいことです。 何故なら日々値動きが生じるからです。 自分の思った方向へ行くこともあれば自分が思った方向とは逆方向へと動いてしまうこともあります。 それを見ることによって投資家は感情を揺さぶ...
独活日記(相場を生き抜くために)

銘柄のストーカーにならないで

多くの人たちにとってしつこく付きまとってくる異性はイライラしますし恐怖も感じますよね。 そこにあるのは常に自己中心的な考えであり、相手を好きであるというのに相手が嫌がることをしないように配慮できない自己満足を満たすための言動になって...
徒然日記(相場以外の話題も)

論理と非論理

現代においては論理というものが尊ばれており非論理である感情的なエヴィデンス、根拠のない主張は論破されることで間違っているものとされてしまいます。 しかし私はその考えに与することはありません。 論理的に正しいことを述べていればそ...
独活日記(相場を生き抜くために)

煽る

相場は煽り煽られる世界です。 それは昔から何も変わっていませんね。 専門家と称する相場を張ったこともない人たちが今日の相場がどうなるこうなるあの銘柄が買いだ売りだとやっています。 彼ら彼女らはもちろん自分自身の生活のため...
独活日記(相場を生き抜くために)

好悪

好き嫌いは人の常ですね。 この人は好きあの人は嫌い。 この人のこういう面が好きだけどああいう面が嫌い。 自分のことは棚に上げて好き勝手に他人を評価して好悪で区別してしまいます。 確かに友人関係を紡ぐという意味では一...
独活日記(相場を生き抜くために)

恐怖を感じる

相場を張っていて恐怖を感じたことはありますか? 自分のポジションがぐんぐんただいま絶賛含み損拡大中だったとしたら恐怖するでしょうか? 古くは不動産バブル崩壊が象徴的ですね。当時は上がるから買う買うから上がる状態でした。いわゆる...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました