淡々と売買する

独活日記(相場を生き抜くために)

淡々と売買することは難しいことです。

何故なら日々値動きが生じるからです。

自分の思った方向へ行くこともあれば自分が思った方向とは逆方向へと動いてしまうこともあります。

それを見ることによって投資家は感情を揺さぶられ、行動判断に悩み苦しみ、間違った決断をしてしまうことがあります。

今日は具体的な例を示しながらいかにして淡々と売買するのか、そのための思考法を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

大利が出る取引

まずはこちらのチャートをご覧ください。

とある銘柄の週足

三角保ち合い上放れの瞬間を示しており、これはいよいよ上昇トレンドがやってくると思い仕掛けます。

さて結果はどうなったでしょう?

おめでとうございます!

とある銘柄の週足

圧倒的上昇トレンドを築くことになり大利を得られる状況となりました。

多くの投資家たちはほくそ笑むことでしょう。

これは聖杯を手に入れた。このタイミングはまさに大利が出るタイミングであると。

大損が出る取引

次にこちらのチャートをご覧ください。

とある銘柄の週足

保ち合い上放れの瞬間を示しており、これはいよいよ上昇トレンドがやってくると思い仕掛けます。

さて結果はどうなったでしょう?

残念至極でございます。

とある銘柄の週足

騙しとなってむしろそこが大天井となり大暴落して下落トレンドとなってしまいました。

多くの投資家たちは怒りを禁じ得なくなるでしょう。

こんなやり方していても駄目だ。このタイミングはこんな大失敗をしてしまうやるべきではないタイミングである。

汲々と売買しています

まさにそんな売買をしている二例となります。

大抵の投資家たちは常に目の前の取引に対してこのように自身の思いを露わにして感情を逆立てながら売買してしまうのです。

利益が出ると分かっているなら仕掛けたい。

損失が出ると分かっているなら仕掛けたくない。

そういう思考は常に汲々と売買してしまうことになり総合的によき結果を生むことはありません。

ではどうしたら正解なのでしょうか?

真実はいつも一つ

回りくどいことはせずにいきなり回答を述べましょう。

正解はどちらも手がけるです。

私はどちらも手がけます。

ただし手がけた後の行動は異なります。

利益が出る取引においてはそのまま大利を有り難くいただきます。

しかし損失が出る取引においては大損が出る前に損切りを実践します。

そうすることによって二取引の総合結果としては大利が小損を上回ることによって総合的利益を得ることになります。

真実はいつも一つであり、損小利大これだけです。

ここで誤解してはならないこと

ここで誤解してはならないことがあります。

要するにこのタイミングをやり続けることが正しいのだなと思わないでください。

私が述べていることは私が仕掛けているタイミングが絶対的に正しいということを誇っているわけではありません。

事実、この二例において保ち合い上放れが失敗することを狙った売買として逆に仕掛けることもあり得るということです。

実際売買成立しているのですからこのタイミングで売っている投資家もいるわけです。

その場合大利が出る取引と大損が出る取引がになります。

しかし逆になってもやるべき行動が私と同じであれば総合的利益は出るのです。

タイミングが同じでありながら互いに逆の方向性に仕掛けていても同じように総合的利益が出る、この思考をぜひとも身につけていただきたいのです。

淡々と売買する

淡々と売買するということは要するにあなたが決めた売買タイミングの決まりを正確に適切に遵守し続けるということです。

それも全取引で行わねばなりません。

そのための思考法を理解してもらうために今回の具体例を提示させていただきました。

大事なことはとある一取引において適切なタイミングにおいて大利を出すということではなく、連続した多くの取引群において適切なタイミングにおいて仕掛けて大利が出るものはそのままで大利が出ないものは見切り、大損が出るものは損切りするということを繰り返すことによって総合的利益を出そうとするという思考になってもらいたいということなのです。

そういう思考になれればただいま目の前で行われている取引における値動きなど何も気にならなくなるでしょう。

何故ならそれで投資家人生終了ではないからです。

これから何百回何千回何万回と取引を適切にこなし続ける中でたった僅かな一例に過ぎないものだからです。

今回はたまたま上手く行った、上手く行かなかった。

さてそれでは次に行こう。

こういう思考で売買実践できるようになったとき、それは淡々と売買する投資家になったということであり、成功への歩みを進み始めたということになるのですね。

長い目でみてやってください

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたはあなたを長い目でみてやって欲しいのです。

目の前のこの取引で利益を出したい。

気持ちは分かります。

私も確かに出来れば出したいです。

しかし例えそれが適切な仕掛けだったとしても結果どうなるかは不確かなのです。

故に一喜一憂せずに淡々と売買していくしかないのです。

だからあなたはあなたの成長を少しずつ見守っていってください。

どうであれ優位性のある手法で適切に売買継続出来さえすればあなたの利益は膨らむことが確定しているのです。

それを完璧にこなせるようになるその日まで暖かい目で見守ってやってください。

そのような思考もまた淡々と売買することが出来るようになるきっかけとなるのですね。

16+
タイトルとURLをコピーしました