相場日記

相場日記(日々の全体相場観)

金、GOLDは有事の金と言われていますね。 まあ概ねそれは正しいのでしょう。 相場師としてはそういうことはどうでもよい話ですね。 相場という意味では2010年前後の大相場が記憶に新しいですが、その大相場が崩壊してからは揉...
相場日記(日々の全体相場観)

強き米国市場

三度挑戦 評論家の方々は三尊天井だなんだと相場を張ったこともないのにしたり顔で教科書通りの言葉を吐かれていましたが、そして実際その通りになることもないわけではないのですが、私はそういった教科書通りにならない場合を多く過去相場を張り続...
相場日記(日々の全体相場観)

中国市場

アジアで最も重要な株式市場は残念ながら日本ではなくなりました。 現在は中国市場が世界経済にも大きく影響を与える大事な市場となっています。 時代の流れは残酷ですね。 しかしそのような市場になってしまったからには無視すること...
相場日記(日々の全体相場観)

底堅き米国市場

対メキシコ メキシコに対する関税の段階的引き上げといった政策を掲げることによってトランプ大統領はメキシコが移民対策に本気で取り組むように攻勢を強めています。 いわゆるメキシコに工場などを置いているグローバル企業関係者などはわか...
相場日記(日々の全体相場観)

悲しき日本市場

いきなり悲観的な題名となって誠に申し訳ありません。 ですが日本市場は非常に厳しい将来が待ち受けている現状です。 この現状の大転換がない限り大きな反転は難しいでしょう。 今日は日本市場のことをじっくりと考えてみたいと思いま...
相場日記(日々の全体相場観)

米国市場の行方

トランプ大統領誕生以降のNYダウ週足を挙げました。 今日はこのチャートを見ながら米国市場の行方を考えてみたいと思います。 基本的に上昇トレンド 見れば容易に分かるとおりトランプ大統領誕生以降、ここまで一貫して上昇...
相場日記(日々の全体相場観)

インド市場歴史上最高値更新

これからの時代はインドの時代ですね。 まことしやかにそう言われていますが確かにその潜在能力は高いです。 インドSENSEX週足 上昇トレンド継続中 歴史上最高値更新中 株式市場は実際に評価され続けており米国...
相場日記(日々の全体相場観)

再始動

自分自身の失態に落胆し脱力感がまだ残っている感じです。 しかしいつまでも嘆いていても仕方がなく、これをよい機会として勉強してどうしたら同じ過ちを繰り返さないかを考えました。 そして自分でやっていくしかない、またそれは普通にブロ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました