相場

独活日記(相場を生き抜くために)

優勢というもの

買い優勢、売り優勢とよくこの言葉が使われて相場状況の説明がされていますね。 しかし大事なことはその優勢とやらがいつまで続くのかということです。 今は確かに買い優勢だから買われているのでしょう。 ただそんなことは誰でも目の...
独活日記(相場を生き抜くために)

淡々と売買する

淡々と売買することは難しいことです。 何故なら日々値動きが生じるからです。 自分の思った方向へ行くこともあれば自分が思った方向とは逆方向へと動いてしまうこともあります。 それを見ることによって投資家は感情を揺さぶ...
独活日記(相場を生き抜くために)

煽る

相場は煽り煽られる世界です。 それは昔から何も変わっていませんね。 専門家と称する相場を張ったこともない人たちが今日の相場がどうなるこうなるあの銘柄が買いだ売りだとやっています。 彼ら彼女らはもちろん自分自身の生活のため...
独活日記(相場を生き抜くために)

こだわり

人は皆こだわりを持って生きています。 私はこういうファッションセンスで生きているのよということを大いに示している奇抜なファッションを身にまとって道を闊歩している人がいますね。 僕はこういう考え方にこだわりがあってそれを追求する...
徒然日記(相場以外の話題も)

再びの敗戦へ向けて

8月15日は終戦の日ということで大東亜戦争を忘れてはならない。といった報道がなされ靖国神社などは格好の的となって取り上げられます。 私も以前は靖国神社への参拝などを勧めていたのですが、韓国への制裁なども同様なのですが、政治家が言動な...
徒然日記(相場以外の話題も)

過剰な自由の不自由

左寄りな方主催による芸術展が愛知で問題となりましたね。 表現の自由やら政治と芸術の関係性やら公金による場での是非やら行政の問題やら様々な論点が持ち出されたということになります。 もしこの主催者がプロパガンダ目的であった...
独活日記(相場を生き抜くために)

含み益

含み益を大量に抱えた投資家の顔は幸せそうな顔をしていますね。 誰かに公言したくなる気持ちもよくわかり、実際ツイッターなどで公開している方もおられますね。 そのこと自体は嬉しいのですから人間としては常識的な行動なので別段どうでも...
相場日記(日々の全体相場観)

ジョンソン新首相

英国の新首相が誕生し組閣等が行われました。 EU離脱派で固められ、10月31日までにEUを離脱する意思を固めていると述べています。 直近ポンド安が一気に進んでおります。そしてポンド安の流れは依然として継続しています。 私...
独活日記(相場を生き抜くために)

孤独の道

高齢化社会、核家族化社会が到来し、親子が共に住まない、住む時間が少ないすれ違いの孤独な時代に入っています。 それは時代の流れと言ってしまえばそれまでですが私としてはちと寂しい気持ちがあります。 確かに曾祖父母から祖父母、父母、...
相場日記(日々の全体相場観)

歴史上最高値更新する米国市場

NYダウがとうとう歴史上最高値更新を成し遂げましたね。 必死に大手メディアはトランプ大統領を揶揄し批判している訳なのですが経済政策に関しては黙りなのです。 本来政治家の評価はその人物の人格やら性格やら思想ではなく、実践結果を見...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました