売買

独活日記(相場を生き抜くために)

待ちは投資家の至宝

動かざること山のごとし。 原典は孫子で、武田信玄の旗印風林火山の一節としてある言葉ですが、実は待つことというのは難しいものです。 デートの待ち合わせのとき先に来た人は恋人がいつ来るのか気が気ではありませんね。 時間に遅れ...
独活日記(相場を生き抜くために)

下げたら買い上げたら売るの危険性

下げたら買い上げたら売ると確かに理論上は儲かります。 これは商売の鉄則です。 いかに安く商品を仕入れ、いかに高く商品を捌くかが利益を極大化するための基本策だからですね。 この当たり前の商売の大原則が相場では圧倒的危険性を...
独活日記(相場を生き抜くために)

どの時間軸に生きるのか?

相場師にとって時間の概念はとても大切なものです。 いつ仕掛けいつ手仕舞うのかそのタイミング時間を計り保有時間を決める決断を日々していかねばなりません。 その多くの時間のなかであなたが相場師として生きていくに当たって最も大切な決...
独活日記(相場を生き抜くために)

眠れぬ夜を過ごさない

不眠症で悩む方々は多いですね。 私はなったことがないのでそういう方々の気持ちを本質的に理解することは出来ませんが、眠れないということは辛いことなのでしょうね。 しかし相場を張っていることが原因で眠れなくなることは本末転倒な話で...
独活日記(相場を生き抜くために)

銘柄選択第二章

さて以前に銘柄選択と題して銘柄選択について考察しました。 どんな銘柄を買えばよいのかといったことは多くの投資家たちにとっては永遠の課題となっているのですが、私にとっては些末なこととなっています。 今回は別の角度からこの銘柄選択...
独活日記(相場を生き抜くために)

淡々と売買する

淡々と売買することは難しいことです。 何故なら日々値動きが生じるからです。 自分の思った方向へ行くこともあれば自分が思った方向とは逆方向へと動いてしまうこともあります。 それを見ることによって投資家は感情を揺さぶ...
独活日記(相場を生き抜くために)

売買手法

どんな売買手法が良いだろうか? 多くの投資家達が今日も迷い続けている最大の関心事でしょうね。 ところがこのことに関してすでに回答は出ています。 優位性のある手法の中から自分で選んで使えばよいということです。 優位性...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました