売買

独活日記(相場を生き抜くために)

どう売買すればよいかはすでに既知である

相場で不思議なことはこの表題をあまりに多くの投資家たちが理解していないような行動をしているということです。 どう売買すればよいかということを必死で今日も探し求めている投資家で溢れているわけですが、そんなものはカリスマ投資家の方々に聞...
独活日記(相場を生き抜くために)

行為に意味を求める

何かをしようと思うとき大抵の人間はそこに意味を求めます。 これをして自分が成長出来るだとか、メリットがあるだとか、子供のため親のため、恋人のため友人のため、その行為をしているのであるとして意味付けを行わないと実行できない人が多いので...
独活日記(相場を生き抜くために)

やられっぱなしの相場人生

何だかんだで何十年と相場を張り続けてきて生き残り続けてきた私ですが、自分の感覚としては過酷なサバイバルゲームで勝利し続けているといった実感はありません。 面白いものなのですね。 巷では今日も100万円を何億円にもしましたといっ...
独活日記(相場を生き抜くために)

上手くやろうとしない

相場を張る上でどうしても多くの投資家たちは上手くやろうとしてしまいます。 その根底にあるのは効率良く売買したいという意識です。 確かに効率性というものは大事な要素の一つではあるのですが、それは一理以上のものではなくもっと重要な...
独活日記(相場を生き抜くために)

自己嫌悪

投資家の性格を二つに分けると次のようになります。 一つは自信満々に積極的に売買する投資家です。 もう一つは臆病に慎重に消極的に売買する投資家です。 あらゆる事象において中庸が大事ですが、このことに関してもどちらも極端では...
独活日記(相場を生き抜くために)

身の丈を知る

相場では今日も100万円を1億円にしました。億り人になった私の方法。などといった相場の誰でも大儲け出来るかのごとき言葉が賑わっていますね。 私はこういう煽りをする者たちが大嫌いですが、こういうものに煽られる人たちが多いから今日もこう...
相場日記(日々の全体相場観)

来年の展望

さて本日大納会を迎えます。 今年も易しい相場で終了するといったところですね。 そしてこの時期は毎年来年の相場がどうなるこうなるといったことが相場の素人先生方によって公開されます。 私の場合はそのような評論家ではありません...
独活日記(相場を生き抜くために)

分かること分からないこと

相場を何でもかんでも分かる必要はありません。 というより何でも分かるかのごとく述べる人たちはすべて相場の素人ですね。 何故かと言えば相場を張り続けていけばこんなことはすぐ分かることだからです。 相場を分かる必要はないとい...
独活日記(相場を生き抜くために)

上で買って下で売る

多くの投資家たちは今日も下で買って上で売りたいと考えてそれを実践しようと奮闘しています。 確かにそれがはまった取引においては圧倒的幸福感、優越感を感じます。 思い通りに上手く結果が出た取引となるからです。 しかし問題なの...
独活日記(相場を生き抜くために)

これから上がる銘柄を当てれば儲かるわけではない

相場界では相変わらずこの銘柄が買いだあの銘柄が買いだばかりですね。 これから上がる銘柄を当てれば儲かると思っている人たちばかりです。 しかし残念ながらそこに相場の真理はありません。 今日はこのことを考えてみましょう。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました