独活日記(相場を生き抜くために)

分かること分からないこと

相場を何でもかんでも分かる必要はありません。 というより何でも分かるかのごとく述べる人たちはすべて相場の素人ですね。 何故かと言えば相場を張り続けていけばこんなことはすぐ分かることだからです。 相場を分かる必要はないとい...
徒然日記(相場以外の話題も)

いわゆる破綻論

人の不安を煽る商売としていわゆる破綻論を振りまく方々というのが今日も存在しています。 昔から変わらないのですが、確かに不安を煽ることによって多くの人たちの関心を呼ぶのですね。 相場でも同様ですが、現在においてはどのようなものが...
独活日記(相場を生き抜くために)

怒りの作用

人間だれしも怒ることがあります。 その感情の起伏のきっかけは様々ですが、いずれにせよ怒ります。 相場でも同様です。 相場を張っていて怒りが生じることは頻繁に起こります。 従って怒りの作用をしっかりと認識しておく必要...
独活日記(相場を生き抜くために)

発想の転換

今日も多くの投資家たちはこの銘柄がいいあの銘柄がいいとやっていますね。 その根底に潜む投資家心理はまさに自分で考えて選択した銘柄で大利を得て大成功を収めたいという欲求があるということになります。 しかし問題はその投資家の心にあ...
徒然日記(相場以外の話題も)

世界唯一の国家元首という圧倒的価値

天皇陛下のご存在はこの世界唯一の国家元首という圧倒的価値です。 これは世界各国の王室すべてにおいても受け継ぐことが出来ていない唯一無二のご存在なのです。 だからこそ日本は天皇というものを戴く素晴らしい国であると評価されていると...
独活日記(相場を生き抜くために)

異常性というもの

先日のとある業界の代表銘柄は上手く取れましたかね? 一応ヒントを述べたと思いますが、しっかりと一度に二度美味しく取れていればプロフェッショナルと言えるでしょう。 まあそんなどうでもいい話はさておき、今回のケースに関しても怖くて...
独活日記(相場を生き抜くために)

決断の誤謬の許容と躊躇なき再決断

相場は実際のところ決断の連続です。 いつ仕掛けいつ手仕舞うのか? それを決めることがすべてです。 私はいつも上がるなら買い下がるなら空売りなさいと述べています。 これは真理ですが、相場実践においてはこの言葉は結果論...
相場日記(日々の全体相場観)

岸田新自民党総裁誕生

さて総裁選は終わりました。 私の予想通り、といっても識者の多くの方々の予想通りですから的中したところで大した話ではなく、要するに昔ながらの自民党のままの予測容易な結果となる岸田新総裁の誕生ということになりました。 とはいえその...
徒然日記(相場以外の話題も)

三人寄れば中国共産党の知恵

高市氏の弁舌の素晴らしさは他の候補者を圧倒的に凌駕していますね。 総裁選の情勢 その辺のところは思想では異なるまともなリベラル派の方々も評価が高く、インターネット上での人気の高まりは圧倒的であり、議員票も三分する勢いになってお...
独活日記(相場を生き抜くために)

相場での誤謬

結局上がるものを買い下がるものを空売り続けていれば投資収益など造作もなく出ていくわけですね。 こう言うとさも相場で簡単に儲かるかのごとき誤解を与えてしまうわけですが、論理的には実際この相場の真理が通用しているということは事実なのです...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました