損切り

独活日記(相場を生き抜くために)

損切りがすべて

相場師として最も大事な実践は何かといえば損切りです。 これだけが生涯出来続ければどんな相場付きとなっても生き残り続けられます。 多くの投資家たちは常にいかに利益を出すかということばかりが頭にあります。 しかしプロの相場師...
独活日記(相場を生き抜くために)

相場に大いに翻弄されよう

相場を張るということはリスクがあります。 少なくとも銀行に定期預金をすることよりもリスクがあります。 従って多くの人たちは相場を張るということに挑戦することはありません。 ハイリスクだからです。 そしてそれは正しい...
独活日記(相場を生き抜くために)

損切りがすべて

人間というのはどうしても順境、上手く行っているときが一番気を付けなければならない瞬間です。 相場においても結局大儲けしているときが一番危ない時で注意しなければならない瞬間です。 相場は今日の目の前の取引で終了ではなく、何度も繰...
独活日記(相場を生き抜くために)

矛盾

コロナパニックは続いています。 私は新型コロナウイルスの社会的受容必須ともう何年も馬鹿みたいに繰り返し主張しているわけですが、残念ながらその方向性には向かっていません。 まあ相場師の戯言など信頼性がないということになりますね。...
独活日記(相場を生き抜くために)

損切り

損切りは投資家にとって嫌な決断です。 まず何より自己資産が減少してしまうという結果が出てしまうことを認める行為です。 次に自分がこれだと思った、今こそ仕掛けるべきだと考えた、思い入れのある銘柄、取引で損切りとなってしまう事実を...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました